フォト
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

趣味

2010年12月 5日 (日)

2010.12.5 霧降高原からの夜景と夜空

夕方から霧降高原までちょっと行ってきました。

今朝は、宇都宮からも富士山が見えるほどの

いい天気だったので、期待していたのですが、

今日一日、暖かかく無風で穏やかだったので、

かすんでしまい、夜景もいまいちでした。

 

画像について 

PCのモニターが、ブラウン管の場合は、

画像が真っ暗になるかもしれません。

たぶん液晶であれば、大丈夫かな?

うちのPCのノート型は大丈夫なんですが、

ブラウン管はだめです・・・。 

なぜでしょう?

 

 

 

Imgp1647s   

ISO 200

シャッター速度 20秒

絞り 開放

 

 

手前の街明かりは、

旧今市、

その先の明るい夜景は宇都宮です。

 

Imgp1648s  

同じ構図で、

ISO 200

シャッター速度 30秒

絞り 開放  

 

 

Imgp1650s 

これは、高原山。

山の頂上の明かりは、

ハンターマウンテンスキー場の明かりです。

 

ISO 200

シャッター速度 20秒

絞り 開放

 

 

 

ちょうど、

標高1000m~3000mくらいに

霞がある感じかな・・・。

それでも、星はまあまあ綺麗に見えました。 

 

 

 

Imgp1658s  

 

 

 

 

Imgp1655s  

2分間、シャッターを開放。

 

 

北極星を中心に撮影しましたが、

肉眼で見えない星の光が集まるので、

どれが北極星かわかりません。

 

 

冬型の気圧配置崩れを狙うとチャンスかも・・・。

昨晩の方が、冬型の気圧配置の名残でたぶんチャンスだったかもしれません・・・。

日光市内から霧降高原に向かう途中に、

綺麗なおとぎの国のような館にビックリ。

 

 

 

 

Imgp1660s  

 

イルミネーションが次々変わります!

一見の価値ありです。

   

 

Imgp1670s  

 

小さいお子様は喜ぶかも。

通過する車も、皆さんスピードをゆるめますね! 

また見に行こう! 

 

 

 

 

2010.12.4 オリオン座

久々の更新です。

そろそろ年末の八ヶ岳に向けて、

トレーニングをしなければならないのですが、

やる気が起きない・・・。

でも、せっかく八ヶ岳に行くのだから、

いい写真は撮りたいなと思う。

 

 

年末、赤岳展望荘は泊まれるようなので、

天気がよければ、

夜に、

甲府盆地の夜景と富士山とか

星空を

撮れればいいな!なんて思っています。

  

 

でも、いざとなるとISOとか絞りとかシャッター速度とか

わけわからない・・・。

さらに、いつもAUTOで撮ってるから、

カメラのマニュアル操作もわからない!

なんてことにもなりかねない・・・。

 

今日は冬型が緩み、宇都宮市内でもけっこう綺麗に

カシオペアが見えたのでチャレンジ!

オリオン座

 

 

これはオリオン座ですよ!

なんでカシオペアなんて書いたのでだろう・・・。

最近、考えていることと、口走ることの矛盾が多くて・・・。

ぼけの始まりでしょうか・・・。

 

  

Imgp1635s  

ISO 200

シャッター速度 20秒

絞り F2.8

上下の画像、PCのモニターが液晶だと

きちんと表示されるようですが、

ブラウン管式だと、

真っ黒で何の画像かわからない位の画像になるようです。

見られない方はごめんなさい。

 

 

なぜでしょう・・・?

 

 

Imgp1637s  

こちらは木星だと思います。

 

びっくりするのは、

肉眼で見えない星を

カメラは拾ってくれるんですね。  

20秒ほど光を集めているから当たり前なんですけどね・・・。

 

 

明日の夜もチャレンジしてみようかな。

 

 

 

2010年9月25日 (土)

2010.9.12 S画伯

相棒S氏

 

 

転勤する前の職場では、いつも一緒に山へ登っていた相棒S氏。

還暦過ぎていましたが、

冬の女峰山日帰りをやるなど、

健脚 です。

最近は、私の仕事の関係で、

年1,2回の山行ですが、

毎冬の八ヶ岳は楽しみの行事の一つです。

 

 

このS氏、

最近は  を趣味に

あっちこっち行っているようです。

 

山田武志日本画教室で習っているそうです。

 

  

いろいろな方々の作品が展示されていました。

 

 

山の絵を描く方も結構いらっしゃるようです。 

 

 

そんな中から S氏 の作品を紹介します。

 

 

Hi3e0237_2  

 

 

 

さて、

S画伯の会心の1枚です!

 

Hi3e0230  

 

この構図、

山屋の人は、わかるでしょう!

 

            横岳と硫黄岳 

 

 

実は、2008年9月に、

相棒S氏と私で一緒に八ヶ岳へ行ったときだそうです。

 

そのときの私の画像は、こちら

 

Cimg2345  

 

微妙に、私の画像は、少し左に振っていますが、

ほぼ同じ場所からです。

S画伯のお気に入りの一枚だそうです。

 

 

次は 

 

 

Hi3e0233  

 

   宇都宮市の郊外、大谷町の農家の1枚。

 

                  風情があっていいですね。

 

 

 

 

次は 

 

Hi3e0234  

 

            知床 羅臼岳

 

2年前に、北海道の山々を登ってきたときの1枚だそうです。

 

 

  

Hi3e0235  

 

              羽衣の滝 

 

 

 

退職後の趣味として始めた絵画

 

また今日もどこかへ出かけて描いていることでしょう。 

 

 

下の写真は、

2005年のGW 西穂独標にて絵を描く S画伯

 

Dscf0581