フォト
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

ドライブ

2010年12月19日 (日)

2010.12.19 中禅寺湖

昨日は、弱い冬型。

 

今朝はもう日本上空に高気圧がやってきて、

放射冷却で戦場ヶ原ではマイナス13.5℃

 

だから・・・、 

今日は絶好の登山日和・・・、だったはず・・・。

              

 

 

 

 

 

 

しかし、 

夕べ、飲み過ぎ・・・。

 

 

 

 

 

 

 

起きれず・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

金精道路、12月24日正午閉鎖・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

今冬、菅沼から日光白根、ラストチャンス・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

今日は絶対に、最高の展望だったと思う・・・。

 

 

 

 

 

 

久々に、

白根から北アルプスや八ヶ岳、

もしかしたら、飯豊連峰も見えたかもしれない・・・。

 

 

 

 

 

 

 

今日は、家からもよ~く日光白根が見える・・・。

 

 

 

 

 

 

 

日光白根を見るだけでいい・・・。

午前中のうちに行ってきちゃおう。

(うちから往復2時間)

 

 

中禅寺湖へ・・・。

 

 

途中、明智平に立ち寄る。

 

当然目的は、

ここからの女峰。

 

つり尾根、一里が曽根・・・よく見えます。

 

 

そして、よく見ると

  

Dscf0540s  

明智平から

唐沢小屋が見えるんです。

 

真ん中の白い建物が唐沢小屋です。

いずれ崩れてしまいそうなところにところに建っているんですね・・・。

 

  

5年前の初冬に泊まった・・・。

    霧降から一里が曽根を縦走して、唐沢小屋1泊。

    女峰から唐沢小屋への下り、

    あのガレ場・・・、アイゼンつけても

    恐怖だったことを思い出す・・・。

       宇都宮大学ワンゲル部の学生と一緒になり

       夜遅くまで飲みながら山談義をしたっけな・・・。

    次の日は雪で、東照宮へ下山・・・。

もう5年か・・・。

 

 

 

Dscf0541s  

   女峰山頂をズーム。

            人は見えないな~・・・。

 

  

 

 

さて、中禅寺湖へ。

 

 

 

立木観音方面へ向かっての途中から、 

 

Dscf0542s  

日光白根山     真っ白です。

 

ここから見る日光白根は、大好きです。

 

 

手前の前白根から白根隠への稜線は、

   いかにも城壁といった感じ!

   その城壁を纏った奥に、お城(奥白根)があるといった

   感じが何ともいえないほど好きなんです。

 

 

ちょっとズーム

  

Dscf0543s    

 

 

     もっとズームしてみると 

 

 

 

 

Dscf0544s  

 

拡大すると、

登山者がいるような・・・。

 

この画像は、小さくリサイズしてるのでわかりませんが、

元画像では何となく登山者がいるように見えます・・・。

が、どうなんでしょうか・・・。

 

でもきっと、最高の展望を満喫しているんでしょうね!

 

  

 

そして、男体山

 

Dscf0548s  

 

男体山から女峰山の表日光連山は、

   日光白根の連なる群馬県との県境の峰々に比較すると

      雪は少ない。

 

たった、10Kmの距離なんですけど、

日光白根は日本海側に近いぶんだけ

雪雲の影響を受けるんでしょう。

大学生の頃、

   ちょっと湯元へスキーへ、なんて遊びに行ったときにも、

   中禅寺湖は晴れなのに

   戦場ヶ原から晴れ雪に移行して、

   湯元は雪なんてことはよくありました。

 

 

 

 

 

冬の日光は、本当に静かです。

 

 

 

さて、来週は? 

 

  

 

2009年12月12日 (土)

2009.11.21 中央高速から南アルプスと八ヶ岳

中央高速からの北岳が見たくて、息子と行ってきました。

Dscf1219

甲府盆地からの北岳と間の岳です。

本当は、11月21日と22日に、息子と二人で

一泊で鳳凰三山へ行く予定でした。

夜叉神峠から入り、薬師小屋一泊の予定でしたが、

21日の夜に用事が入ってしまいました。

残念ながらあきらめましたが・・・。

と、いうことで、

ドライブして夕方までには帰りました。

高速料金1000円の恩恵は大です!

息子とのんびりドライブです。

助手席から撮った息子の写真をお楽しみください。

Dscf1210

大月付近からの富士山です。

Dscf1223

Dscf1226

北岳と間の岳です。

手前の最低鞍部は、夜叉神峠。

右へ登る稜線は、鳳凰三山への稜線。

本当は、今頃登っていたのになぁ・・・。

それにしても、

中央高速って、本当に山々が綺麗ですね。

八ヶ岳も、金峰山もよく見えます。

北岳が鳳凰三山に隠れると、いよいよ

Dscf1229

八ヶ岳です。

Dscf1237

鳳凰三山の地蔵岳。オベリスクがよく見えました。

Dscf1243

だんだん八ヶ岳に近づいていきます。

Dscf1247

赤岳ズームです。

Dscf1266

赤岳と権現岳。

Dscf1269

甲斐駒です。来年久々に甲斐駒も登りたいな。

竹宇神社から行ってみたいです。

高速の八ヶ岳PAで休みました。

ここからは、南に甲斐駒、北に編笠・権現の八ヶ岳。

いい場所ですね。

ここで、チャーシュー麺を食べましたが、

なかなか美味しかったです。

特に、手作りチャーシューが美味かったですね。

Dscf1272

甲斐駒と鋸岳。

鋸岳も行きたい山ですが、今の私には無理だなぁ・・・。

Dscf1274

編笠と権現岳です。

このあと、小淵沢ICで下りて、編笠山の登山口の

富士見平へ向かいました。

名のとおり、富士山が綺麗でした。

北岳は、残念ながら雲の中でした・・・。

甲斐駒も正面によく見えましたよ。

冬でも編笠山には登れそうですね。

Dscf1275

富士見平からの富士山です。

甲府盆地越しに綺麗ですね。

じっくりと腰をすえて、

写真を撮りにでも来たい場所ですね。

さて、最後の1枚です。

Dscf1282

やっぱり、甲斐駒です。

さて、名残惜しいのですが、

夕方までに宇都宮まで帰らねば。

帰りは、野辺山から佐久へ。

佐久ICから上信越道へ。

途中、真っ白な浅間山が綺麗でした。

無事、5時半には宇都宮へ帰還。

年末は、どこか小屋泊で行きたいですね。

2009年10月 9日 (金)

2009.10.4 福島県ドライブ だいじぇすと

Dscf1149

山の天気が今ひとつ読みきれないのであきらめて、

ドライブに行ってきました。

今日は独りです。

今年は紅葉が早い。

磐梯吾妻スカイラインの紅葉もいい感じでした。

帰りは、いつもならば会津若松から田島、鬼怒川を通って

(通称:会津西街道)帰ってくるんですが、

今回は須賀川から棚倉、矢祭、大子を通って帰って来ました。

この道は、小学校3年のときに行ったあぶくま洞の帰り道で通って以来でした。

久慈川沿いの道は、とてもいい感じのドライブコースでした。

茨城に入ると、

日本一うまい米のとれる 大子町

と大きな標識があるではないか・・・。(すみません。写真ナシです。)

えっ、茨城で・・・。正直びっくりです。

新潟や山形、秋田で宣伝しているならばわかりますけどねぇ。

茨城でこのような宣伝をしているとは・・・。

これは、茨城で美味しいお米がとれることにビックリしているのではありません!

美味しいお米のとれる条件は、

水がうまいところとはよく聞く話。

山から流れる沢水が、最初に田んぼに流れる田んぼのお米は

美味いとは、私の田舎でもよく聞く話です。

でも、水が冷たいので、収穫量は7割だそうです。

そして、天日干。

大子町は、ほとんどの田んぼで天日干してました。

Dscf1150

そういえば、福島県の棚倉とか矢祭とかの田んぼも天日干多かったですよ。

最近めっきり減った天日干です・・・。

でも、大子町の天日干、なんともいえないホッとした気持ちになりました。

忘れかけていた 日本の風景 ですね。

気持ちの和むひと時でした。

いい1日でした。

2009年8月29日 (土)

2009.7.26 奥只見

2009.7.26 奥只見

ドライブの記録。

桧枝岐から奥只見へ向かう・・・。

雨覚悟が、燧ケ岳はバッチリ。平が岳も良く見える。

越後駒・中の岳も期待できるかと思ったが、こちらは不機嫌。

宇都宮10:30===>桧枝岐13:00===>鷹ノ巣13:40===>銀山平14:30・・・白銀の湯15:00===>小出IC15:40===>大田薮塚IC17:40===>宇都宮19:00

桧枝岐から銀山平まで60km。長い山道。いいドライブコース。かなり道が良くなっていた。

実は2001年に荒沢岳に行ったとき、鷹ノ巣と銀山平のちょうど中間地点で、車がパンク。

十字レンチがなくて、タイヤの交換できず・・・。

こんなところでビバークか・・・。

対向車は1時間たっても通らない・・・。

しかたなくパンクした車で銀山平へ向かったところで、夜8時、道路整備の公団の車が通り、神さまのように感じた。

今日その場所を確認した。懐かしかった・・。

Hi3e0014_2

キリンテ手前からの燧ケ岳。何とか天気持つのかな。

Hi3e0016

御池手前。ブナ平。

立派なブナの原生林。

Hi3e0017

御池のバスステーション。

御池は久しぶり。

バス乗り場が立派になっていた。

御池からさらに奥只見銀山平へ進む。ここから50km。

Hi3e0019

御池を過ぎて、燧ケ岳が顔を出す。

鷹ノ巣まで標高差800m下る。

平が岳も良く見えた。

Hi3e0020

福島県と新潟県の県境。

鷹ノ巣から銀山平まで35km。

Hi3e0021

夏だけ鷹ノ巣で過ごす農家の方が、畑仕事をしている。

なぜか落ち着く風景。

Hi3e0022

平が岳登山口。ここから往復24km。

ここから平が岳に2度ほど登った。

チングルマが綺麗な季節であった。

再度登る機会はあるのだろうか・・・?

Hi3e0023

鷹ノ巣付近。

6年前に泊まった、ヒュッテふらんどるはやっていなかった・・・。

囲炉裏を囲んで、地酒と岩魚の塩焼き、

ふらんどるの庭先で取れた自家製の野菜料理。

いつもの相棒との、平が岳登山の前夜であった。

なにかさびしい気がした。

Hi3e0025

奥只見ダムを巻くようにある樹海ライン。

Hi3e0027

恋ノ岐越からの会津駒ケ岳。

栃木県から側とは反対から見た形である。

Hi3e0028

ほぼ中間地点。恋ノ岐越。

Hi3e0029

荒沢岳から東に伸びる尾根の末端。

2001年、パンクをしたのは、この山が見える場所だった。

車を運転しながら、その場所を確認した。

銀山平まで14km地点である。

しかし、今日は天気がいい。

銀山平に着くと、キャンプ場でイベントあり。

結構な数の観光客。

荒沢岳・越後駒は残念ながら雲の中。

銀山平の西の奥、白銀の湯へ向かう。

Hi3e0032

平が岳登山者の方と一緒になり、久々に山談義。

中の岐林道からの登山とのこと。

今は、ここからがメインルートとなっているのかな。

風呂からは、越後駒が見えず残念。

さて、15時。

小出ICから関越道経由(途中渋滞でノロノロ)で19時無事帰還。