フォト
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

2010年12月

2010年12月30日 (木)

2010.12.28 北八ヶ岳

12月28、29日で、

恒例の北八 宴会登山へ行ってきました。

 

 

メンバーは、

OT会長、TT社長、OM専務、そして私。

平均年齢60歳の宴会登山です。

          ちなみに私は45歳です。

 

 

一応、少しは苦労してから酒を飲むことにしています・・・。

今回は、ピラタスロープウエイで坪庭へ上がり、

麦草ヒュッテ1泊。

1日目は何とか天候ももって、それなりに展望も楽しめました。

 

 

12月28日(火)

坪庭 12:20 ===> 麦草ヒュッテ 15:10

 

12月29日(水)

麦草ヒュッテ 8:20 ===> 坪庭 11:30

 

 

Imgp1683s  

坪庭からの縞枯山

   クリスマス寒波のときの樹氷がまだ残っていて綺麗でした。

        標高2200m

        気温 マイナス7℃。

 

 

 

  

   まずは、縞枯山荘を目指します。

 

 

Imgp1687s  

このときは天気はまずまずでした。

     雪は少ないですね・・・。 

 

 

 

Imgp1688s

こんな世界好きです。

 

 

 

Imgp1691s  

縞枯山荘が見えてきました。

   9年前に泊まりました。

      今は、予約の入ったときのみ営業しているようです。

 

 

 

 

Imgp1695s  

樹氷と青空が何ともいえません。

 

 

 

Imgp1696s  

さて、いよいよ縞涸山へ登ります。

   登りといっても、標高差170mくらい。

      ちょろいはずが、結構疲れましたよ。

 

 

 

Imgp1697s  

縞涸への登り。

   木々に着いた雪が何ともいえないほど綺麗です。

 

 

 

Imgp1707s  

出発して1時間、縞枯山に着きました。

    ここまで来れば、のんびり歩きです。

 

 

   天気まずまず、展望よし。

 

 

   樹氷が綺麗ですよ。ご覧あれ。

 

Imgp1703s  

縞枯の樹氷

 

 

 

Imgp1711s  

いや~綺麗だ。 

 

 

 

Imgp1713s

ちょっとした縦走路のようになっています。

   南八ヶ岳や南アルプスがよく見えます。

 

 

 

Imgp1714s  

低気圧の接近で、かすみ始めていますが、

   なんとか甲斐駒、仙丈ヶ岳が見えました。

   北岳は棒の裏側ですね。

 

 

 

Imgp1723s  

この辺りは本当に綺麗でした。

 

    こんなところにテント張って一晩過ごすのもいいかな。

 

 

 

 

Imgp1724s   

溜息が出るほど・・・、幻想的なモノトーンの世界。 

 

         鍾乳洞の中にいるみたい・・・。

         木々のむこうから差し込む太陽の光が

         本当に幻想的でした。

 

 

Imgp1728s

  

 

 

 

 

 

 

まもなく展望台。

 

Imgp1731s

主峰赤岳方面。

 

 

展望台から一端下って、茶臼山へ登り返します。

 

 

 

 

 

Imgp1734s  

樹氷に差し込む太陽の光にうっとり・・・。

   皆さん立ち止まって見とれていました。 

 

 

 

この辺の雪面には、

薄い氷の花びらのような結晶がたくさんありました。

たぶん、ダイヤモンドダストの結晶でしょうか。

 

ダイヤモンドダスト

     20年位前、

     たった1度だけ会津のスキー場で見たことがあります。

     なかなか条件が揃わないと見られません。

     かみさんと見たんだっけ・・・。 

  

 

Imgp1740s

縞枯山を振り返りました。

 

 

・・・・・

茶臼山に登り返した頃から、

   黒い雲に覆われてきました。

   あっという間でした。。。

 

 

今日は日本海を低気圧が通過するので、

いよいよ八ヶ岳にも影響が出始めたようです。

 

 

そして、麦草ヒュッテに到着する頃には

すっかり雲に覆われて、ちらほら雪が・・・。 

 

 

Imgp1746s  

さあ

思い思いのつまみを広げ、宴会モードへ。

今日は、他に1グループ2名の方がお泊まりということでした。

 

 

暖炉の周りでゆっくりと酒と山談義。

本当にゆっくりとすることができました。

小屋番さんともちょっと話ができてよかったです。

 

麦草ヒュッテ

   泊まりの方も少なかったこともあって、

   本当にゆっくりとできて、

   我々4人は久々に逢ったこともあり

   時間の許す限り、話し込んでしまいました。

   いい雰囲気の小屋です。

   ロケーションもよくてお勧めです。

   

 

 

Imgp1751s

 

 

 

夜は、かなり雪が降っていました。

 

 

Imgp1756s  

 

宴会終了モードへ・・・・・・・・・。

 

 

 

そして、翌日は朝のうち曇り、出発してから雪に・・・。

 

Imgp1758s  

 

Imgp1759s  

 

またくるよ、麦草ヒュッテ様

 

 

 

ゆっくりと 

ピラタスロープウエイへ戻りますけど、

昨日のトレースは、

全く残っていません。。。

4人で交代交代にラッセルです。

でもこれも楽し。。。

 

 

Imgp1761s  

結構埋まりましたよ。

 

 

11:30

無事にピラタス着

 

 

 

帰りは佐久で温泉に入り、

無事帰還。

 

 

また来年も北八へ行くだろう・・・。

 

それでは、みなさんよいお年を!!! 

 

 

2010年12月28日 (火)

2010.12.28 八ヶ岳

12月25,26日の土日で

息子との約束を果たすべく、

赤岳(途中撤退)へ行ってきました。

 

 

クリスマス寒波の中、

1日目は強風と雪の中、赤岳鉱泉まで。

2日目は強風とガスで、地蔵尾根2600m付近で下山しました。

 

 

 

12月25日(土)

美濃戸口 11:30 ==> 美濃戸 12:20  12:40 ==> 赤岳鉱泉 14:40

 

12月26日(日)

赤岳鉱泉 7:30 ==> 行者小屋 8:20  8:35 ==> 地蔵尾根 2600m付近 9:40

==> 行者小屋 10:25  10:35 ==> 美濃戸 12:10  12:25 ==> 美濃戸口13:15

 

 

 

Dscf0570s  

赤岳鉱泉のアイスキャンディー

 

Dscf0572s  

赤岳鉱泉 

 

マイナス10℃ 

 

 

Dscf0585s  

赤岳鉱泉の豪華な食事。 鍋 と ほっけ

     美味しかったです。

 

 

Dscf0591s  

  

 

Dscf0604s  

2日目、行者小屋へ向かう途中、ダケカンバについた雪が綺麗でした。

 

 

Dscf0607s  

凍てつくシラビソの樹林帯

 

 

Dscf0612s  

地蔵尾根への登り

 

Dscf0615s  

 

Dscf0619s  

標高2600m付近

   今回はここまでとしました。

   写真だとわかりにくいですけど、かなり急です。

   

   再び、行者小屋へ向かいます。

 

 

Dscf0620s  

行者小屋から一瞬、赤岳が見えそうになったが・・・、

     やっぱりその全貌を現すことはなかった・・・。

 

 

Dscf0623s  

行者小屋では、正月に小屋を開けるので、

   その準備のための小屋番さんが歩荷してました。

 

   ここから南沢をとおって下山。

   美濃戸口に着いた後は、

   蓼科の小斉の湯に入って帰りました。

 

 

 

Dscf0626s  

美濃戸から蓼科へ向かう途中、蓼科山と北横岳が綺麗でした。

 

 

Dscf0628s  

帰り、

スズラン峠手前の展望台からの南八ヶ岳方面

 

さて、

年末に、もう一つレポができるかな・・・?

 

2010年12月27日 (月)

2010.12.27 戦場ヶ原

今朝は快晴。

珍しく表日光連山も真っ白でビックリした。

いつも雲に覆われることが多い日光白根もよく見える。

 

快晴 かつ 無風ならば、

奥日光戦場ヶ原では

放射冷却で

冷え込んでいるはず・・・。

 

 

三本松茶屋のHPで気温が見られる。

7:07  マイナス20.4℃

 

  

お隣の中禅寺湖は水の影響で

真冬でも冷え込みは少ない。

真夏でもめったに暑くならない。

水は比熱が高いので、

暖まりにくく冷めにくいのが要因だそうだ。

 

 

過去にはマイナス30℃を記録したという戦場ヶ原。

最近は冷え込まなくなったと聞く・・・。

今年はいったい何度まで下がるだろう・・・。

2010年12月19日 (日)

2010.12.19 中禅寺湖

昨日は、弱い冬型。

 

今朝はもう日本上空に高気圧がやってきて、

放射冷却で戦場ヶ原ではマイナス13.5℃

 

だから・・・、 

今日は絶好の登山日和・・・、だったはず・・・。

              

 

 

 

 

 

 

しかし、 

夕べ、飲み過ぎ・・・。

 

 

 

 

 

 

 

起きれず・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

金精道路、12月24日正午閉鎖・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

今冬、菅沼から日光白根、ラストチャンス・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

今日は絶対に、最高の展望だったと思う・・・。

 

 

 

 

 

 

久々に、

白根から北アルプスや八ヶ岳、

もしかしたら、飯豊連峰も見えたかもしれない・・・。

 

 

 

 

 

 

 

今日は、家からもよ~く日光白根が見える・・・。

 

 

 

 

 

 

 

日光白根を見るだけでいい・・・。

午前中のうちに行ってきちゃおう。

(うちから往復2時間)

 

 

中禅寺湖へ・・・。

 

 

途中、明智平に立ち寄る。

 

当然目的は、

ここからの女峰。

 

つり尾根、一里が曽根・・・よく見えます。

 

 

そして、よく見ると

  

Dscf0540s  

明智平から

唐沢小屋が見えるんです。

 

真ん中の白い建物が唐沢小屋です。

いずれ崩れてしまいそうなところにところに建っているんですね・・・。

 

  

5年前の初冬に泊まった・・・。

    霧降から一里が曽根を縦走して、唐沢小屋1泊。

    女峰から唐沢小屋への下り、

    あのガレ場・・・、アイゼンつけても

    恐怖だったことを思い出す・・・。

       宇都宮大学ワンゲル部の学生と一緒になり

       夜遅くまで飲みながら山談義をしたっけな・・・。

    次の日は雪で、東照宮へ下山・・・。

もう5年か・・・。

 

 

 

Dscf0541s  

   女峰山頂をズーム。

            人は見えないな~・・・。

 

  

 

 

さて、中禅寺湖へ。

 

 

 

立木観音方面へ向かっての途中から、 

 

Dscf0542s  

日光白根山     真っ白です。

 

ここから見る日光白根は、大好きです。

 

 

手前の前白根から白根隠への稜線は、

   いかにも城壁といった感じ!

   その城壁を纏った奥に、お城(奥白根)があるといった

   感じが何ともいえないほど好きなんです。

 

 

ちょっとズーム

  

Dscf0543s    

 

 

     もっとズームしてみると 

 

 

 

 

Dscf0544s  

 

拡大すると、

登山者がいるような・・・。

 

この画像は、小さくリサイズしてるのでわかりませんが、

元画像では何となく登山者がいるように見えます・・・。

が、どうなんでしょうか・・・。

 

でもきっと、最高の展望を満喫しているんでしょうね!

 

  

 

そして、男体山

 

Dscf0548s  

 

男体山から女峰山の表日光連山は、

   日光白根の連なる群馬県との県境の峰々に比較すると

      雪は少ない。

 

たった、10Kmの距離なんですけど、

日光白根は日本海側に近いぶんだけ

雪雲の影響を受けるんでしょう。

大学生の頃、

   ちょっと湯元へスキーへ、なんて遊びに行ったときにも、

   中禅寺湖は晴れなのに

   戦場ヶ原から晴れ雪に移行して、

   湯元は雪なんてことはよくありました。

 

 

 

 

 

冬の日光は、本当に静かです。

 

 

 

さて、来週は? 

 

  

 

2010年12月14日 (火)

2010.12.12 蓼科山

11月の編笠山以来、久々の登山です。

でも、最高の展望を満喫できました。

 

 

土曜の夜からプチ冬型。

日曜日の午前中には、冬型も崩れるという。

日光白根も候補にあがったけど、

冬型の影響の少ないと思われる蓼科山に決定し、

土曜の夜、20時に宇都宮を出発。

  

 

Dscf0466s   

 

 

 

 

 

 

午前0時前、スズラン峠の登山口に到着したけど、

霧で薄気味悪いので・・・、白樺湖の駐車場で仮眠することにしました。

 

 

 

 

しかし、道路はテカテカのアイスバーン、

スタットレスタイヤは必須です。

 

 

6時から登るつもりだったけど、起きたら6時20分。

急いで登山口まで移動して、

7時10分出発。

 

 

 

 

 

最初は笹原の中、カラ松林を登ります。

標高2000m位から、針葉樹林帯になりました。

 

 

 

 

Dscf0383s 

積雪は20cmくらい。

 

 

雪道は、膝に優しいので登りもくだりもつかれませんね・・・。

 

 

 

  

振り返ると、諏訪盆地は雲海の中。

今日もいい天気です。

 

  

Dscf0384s   

 

頂上からの展望を想像するとワクワクしましたよ。

 

 

Dscf0387s  

                           中央アルプス。

                                         右は御岳。

 

 

Dscf0393s  

                     御嶽山!

 

 

しかし、今日は霞がない!

前回の編笠山以上の展望を期待しちゃいます!

 

 

 

Dscf0395s  

          おなじみですが、北岳、ちょこっと間の岳、甲斐駒、仙丈ヶ岳

 

諏訪盆地の雲海がいい感じです。

 

 

 

 

 

Dscf0409s  

 

同じような写真ですみません。

              でも八からの南アルプスの構図、好きなんです!

 

 

 

 

 

 

Dscf0411s  

                 鳳凰三山の地蔵岳、オベリスク。

 

 

あっ、今日は720mmの望遠を使用しています。

 

 

 

 

 

Dscf0413s  

 

針葉樹に積もった雪。       サラサラです。

 

 

標高2100m付近は、北八を歩いているような

なだらかな登山道。

まあ、ここも北八ですけど・・・。

 

 

 

 

 

Dscf0419s  

あっ、また同じような写真ですみません。

 

でも、何回も振り返ってしまうんです。 

 

 

 

Dscf0422s  

                 北岳どアップ! 

                                  少し後ろは間の岳

 

 

 

Dscf0423s  

                 甲斐駒どアップ!

 

 

 

Dscf0424s

 

                仙丈ヶ岳どアップ!

 

 

メインディッシュはまだですけど・・・、

おなか一杯になりそうです!

 

 

         でも、まだまだ続きます。

 

 

Dscf0425s   

                       八ヶ岳。

 

 

 

Dscf0428s  

                      硫黄岳    赤岳    阿弥陀岳      権現岳

 

 

 

Dscf0440s  

                          八ヶ岳と南アルプス

 

 

    いよいよ、森林限界を超えて山頂部へ突入。

 

 

 

Dscf0441s  

またまた、北岳、甲斐駒ですが、

今までの写真とは少し違います。   わかります?

 

 

 

 

甲斐駒の右後方に、鎧兜をまとった、あれは

塩見岳 じゃないですか!

 

 

 

Dscf0443s  

             塩見岳どアップ! 

         左後方は、荒川岳かな?(悪沢岳?)

 

 

 

Dscf0445s

                            塩見岳を真ん中に。

 

 

 

           もうすぐ山頂なんですが、まだ南方面しか見えません。

 

 

 

Dscf0448s  

こんないい天気ですが、

森林限界を超えると北西の風が 

       強い! 寒い! 顔が痛い! 

 

やっぱり冬型の影響で、日本海側は雲の中かな?

                     と一瞬脳裏をかすめる・・・。

 

 

 

山頂へは、

蓼科山頂ヒュッテの方に一端向かいます。

 

 

浅間山は見えるが、上越方面はやっぱり雲の中・・・。

これは北アルプスも雲の中? 

 

 

 

Dscf0452s  

 

Dscf0453s 

日光方面も快晴。

              日光白根山もよく見える。

 

 

しかし、上越は雲の中・・・。

 

 

 

Dscf0455s

               四阿山と根子岳は見えるが志賀方面は雲の中・・・。 

 

  

 

   そして、北アルプスは・・・。

 

 

             安曇野の雲海の向こう・・・、

               

 

 

 

Dscf0522s

お~最高でした! 

  

 

 

 

 

Dscf0456s  

                         白馬三山!

 

望遠720mmで撮影しましたが、

拡大してみると

なんと・・・白馬頂上小屋がわかります! 

距離にして約100km弱はあると思いますが、

よく写るもんですね!感動です! 

 

 

 

 

 

Dscf0457s  

                          五竜岳  

 

 

 

 

Dscf0459s  

                            鹿島槍ヶ岳 

 

 

 

 

 

 

Dscf0460s  

                   鹿島槍ヶ岳                     五竜岳

 

 

 

そして、 

       今日は、劔岳も確認できました。 

 

Dscf0462s  

                            劔岳 

 

 

Dscf0464s  

                                立山 

  

 

 

Dscf0465s  

          立山                と                劔岳

 

手前の平らな台地は美ヶ原です。

 

 

 

 

 

 

そして、おなじみの 槍穂高連峰!

 

Dscf0466s_2  

                 圧巻です!

 

 

 

 

Dscf0467s  

                  槍ヶ岳どアップ! 

 

槍沢は、雪がべったりですね!

 

これまた、拡大してよく見ると

槍の方の小屋がわかります!

ビックリです。

 

 

 

Dscf0473s  

          穂高岳      涸沢岳       北穂高岳 

涸沢も雪がべったりです!

 

これまた、拡大すると 穂高山荘がわかるんですが、

ジャンダルム もよくわかりますよ!

 

 

Dscf0474s  

                   赤岳どアップ! 

 

頂上に登山者がいるような。 

 

 

 

Dscf0487s  

                   大天井岳

 

 

そして、今回は

なんと、なんと、なんと・・・ 

 

Dscf0488s  

                    水晶岳が! 

 

間違いなく水晶岳だと思います。

 

 

        ↓ 今年のGWの燕山荘からの水晶岳 

Imgp0161s

私にとって、

         心残りの水晶岳。

 

 

今日は水晶が見えて、今回の登山で一番の感動です・・・。

 

 

 

 

  

Dscf0495s  

        満足そうな奴 第2弾

 

 

Dscf0496s  

 

 

 

 

Dscf0500s  

                   御嶽山

 

 

 

Dscf0501s  

                  乗鞍岳

 

 

Dscf0503s  

     も一度槍穂!

 

 

 

Dscf0518s  

    浅間山も中々立派・・・。 

 

 

Dscf0522s_2  

北も南も、

     この景色

          よく目に焼き付けて

               名残惜しいが下山です。  

 

Dscf0528s

    また来るよ・・・。

 

 

 

 

 

1月ぶりでしたが、

天気がよかったのと展望がよかったので、

疲れずに登れました。

 

 

12時20分、登山口へ着。

 

 

 

途中、佐久で温泉に入り、夕方無事帰着。

 

さて、次は? 

 

2010年12月 5日 (日)

2010.12.5 霧降高原からの夜景と夜空

夕方から霧降高原までちょっと行ってきました。

今朝は、宇都宮からも富士山が見えるほどの

いい天気だったので、期待していたのですが、

今日一日、暖かかく無風で穏やかだったので、

かすんでしまい、夜景もいまいちでした。

 

画像について 

PCのモニターが、ブラウン管の場合は、

画像が真っ暗になるかもしれません。

たぶん液晶であれば、大丈夫かな?

うちのPCのノート型は大丈夫なんですが、

ブラウン管はだめです・・・。 

なぜでしょう?

 

 

 

Imgp1647s   

ISO 200

シャッター速度 20秒

絞り 開放

 

 

手前の街明かりは、

旧今市、

その先の明るい夜景は宇都宮です。

 

Imgp1648s  

同じ構図で、

ISO 200

シャッター速度 30秒

絞り 開放  

 

 

Imgp1650s 

これは、高原山。

山の頂上の明かりは、

ハンターマウンテンスキー場の明かりです。

 

ISO 200

シャッター速度 20秒

絞り 開放

 

 

 

ちょうど、

標高1000m~3000mくらいに

霞がある感じかな・・・。

それでも、星はまあまあ綺麗に見えました。 

 

 

 

Imgp1658s  

 

 

 

 

Imgp1655s  

2分間、シャッターを開放。

 

 

北極星を中心に撮影しましたが、

肉眼で見えない星の光が集まるので、

どれが北極星かわかりません。

 

 

冬型の気圧配置崩れを狙うとチャンスかも・・・。

昨晩の方が、冬型の気圧配置の名残でたぶんチャンスだったかもしれません・・・。

日光市内から霧降高原に向かう途中に、

綺麗なおとぎの国のような館にビックリ。

 

 

 

 

Imgp1660s  

 

イルミネーションが次々変わります!

一見の価値ありです。

   

 

Imgp1670s  

 

小さいお子様は喜ぶかも。

通過する車も、皆さんスピードをゆるめますね! 

また見に行こう! 

 

 

 

 

2010.12.4 オリオン座

久々の更新です。

そろそろ年末の八ヶ岳に向けて、

トレーニングをしなければならないのですが、

やる気が起きない・・・。

でも、せっかく八ヶ岳に行くのだから、

いい写真は撮りたいなと思う。

 

 

年末、赤岳展望荘は泊まれるようなので、

天気がよければ、

夜に、

甲府盆地の夜景と富士山とか

星空を

撮れればいいな!なんて思っています。

  

 

でも、いざとなるとISOとか絞りとかシャッター速度とか

わけわからない・・・。

さらに、いつもAUTOで撮ってるから、

カメラのマニュアル操作もわからない!

なんてことにもなりかねない・・・。

 

今日は冬型が緩み、宇都宮市内でもけっこう綺麗に

カシオペアが見えたのでチャレンジ!

オリオン座

 

 

これはオリオン座ですよ!

なんでカシオペアなんて書いたのでだろう・・・。

最近、考えていることと、口走ることの矛盾が多くて・・・。

ぼけの始まりでしょうか・・・。

 

  

Imgp1635s  

ISO 200

シャッター速度 20秒

絞り F2.8

上下の画像、PCのモニターが液晶だと

きちんと表示されるようですが、

ブラウン管式だと、

真っ黒で何の画像かわからない位の画像になるようです。

見られない方はごめんなさい。

 

 

なぜでしょう・・・?

 

 

Imgp1637s  

こちらは木星だと思います。

 

びっくりするのは、

肉眼で見えない星を

カメラは拾ってくれるんですね。  

20秒ほど光を集めているから当たり前なんですけどね・・・。

 

 

明日の夜もチャレンジしてみようかな。

 

 

 

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »