フォト
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 2010.9.18 南アルプス 北岳(1日目) | トップページ | 2010.9.12 S画伯 »

2010年9月23日 (木)

2010.9.19 南アルプス 北岳(2日目)

さて、2日目です。

 

1日目はこちら ↓ 

http://mahchan555.cocolog-nifty.com/blog/2010/09/2010917-150d.html 

 

  

ふと目が覚めたので時計を確認すると 2:40

他のテントもまだ活動している様子はないが、ちょっとテントの外をのぞくと

満点の星空!

    でも、アンドロメダ銀河が肉眼でやっと見えるくらいだったので、

    湿気は多いのか?それとも上空に霞があるのか・・・。

 

以前に見た、八ヶ岳や黒部五郎小舎ほどではなかったのは残念・・・。

 

 

 

本当は、起きて、準備して、間の岳へ向かう計画だったのだが、

私の体力は、限界に近かった・・・ので、

息子と協議・・・。

息子は間の岳まで行きたかったようだが、

中白根 3055m までで合意。

再度、寝る。

 

寝る 寝る 寝る 

 

 

 

4:10 起床。

 

 

私はトイレへ。

 

 

綺麗なバイオトイレに改修中、1カ所しか使えないので bearing

待たされる、待たされる。

テントに戻ったのは、なんと 4:50 でした。

 

 

急いで準備して中白根へ向かいます。

テント場から見える黒いシルエットが中白根のようです。

まだ薄暗く、見た目がまあるいので間の岳に間違えました。

 

 

 

 

結構登ります・・・。

 

 

 

5:30 まもなく中白根 3055m

     と思ったら、太陽が昇ってしまった・・・。

 

 

山頂手前で撮影開始。

 

  

 

Imgp1094  

  

甲府盆地は雲海の中、

そこから素晴らしい日の出、

生きてるな~ といつも思う瞬間です。

 

 

 

 

 

 

やっぱり上空は霞がかっかているのかな・・・。

 

  

Imgp1102  

  

富士山 3776m 

 

ちょっと画質が粗いのは、

ISO 6400 で撮影してました・・・。

昨晩、星を撮ろうとしてセットしてたのを忘れてしまった。

    星 撮ってないんですけどね。

 

 

 

 

Imgp1097  

 

日の出と富士山

 

 

 

 

 

今回は、あまり綺麗なモルゲンロートになりませんでした・・・。

 

 

中々いい条件の時に登山というわけにはいかないのが残念です。

 

 

Imgp1136  

 

北岳 3193m

   日本第2位の高峰ですが、

      山屋以外は、ほとんど知っている人がいません。

 

 

     富士山、穂高岳、槍ヶ岳は、皆さんよく知っているようですけどね・・・。

 

  

 

中白根から見ると、端正な形をしています。

北岳って、見る方向で違った山に見えますよね。

鳳凰三山から見る北岳や、甲斐駒から見る北岳など

また違った印象です。

 

 

間の岳から撮りたかった・・・。

 

 

 

Imgp1147  

 

秋の空ですね。

 

 

 

 

Imgp1149  

 

     仙丈ヶ岳 3033m      甲斐駒ヶ岳 2967m 

 

 

仙丈ヶ岳

  南アルプスの女王 仙丈ヶ岳

  H15に北岳、仙丈ヶ岳、甲斐駒ヶ岳をセットで登っています。

  山頂にある3つのカール(圏谷)を見たくて見たくて、

  登った山でした。 

  残念ながら、ガスってしまい展望ゼロ・・・、

  再挑戦したい山です。 

 

 

 

さて、 

この連休、どこへ行こうか迷ってました・・・。

北アルプスにしようかなぁ・・・とか。

でも今回、久々に北岳へ行こうと決めたのは、

    先週、仙丈ヶ岳に登った mikko様のレポを見たからです。

    素晴らしい天気だったようで、

    北岳の写真を見て行きたくなってしまいました。

  

   mikko様のレポです!   http://luck2000.at.webry.info/201009/article_3.html

 

Imgp1152  

  

甲斐駒も久々に行ってみたいです。 

 

 

甲斐駒ヶ岳

  深田久弥が、

  「もし日本十名山を選べと言われたとしても、私はこの山を落とさないだろう。」

  と言わしめた山です。

  白砂を敷き詰めたような山頂一帯、本当に綺麗な山頂でした。

  7年前、北岳も仙丈ヶ岳も山頂では、

       ガスってしまい展望を得られなかったのですが、

  この甲斐駒だけは、最高の展望、

  素晴らしい至福の時を過ごせた山でした・・・。

  当時の写真です。(H15です。)

  バックは、北岳と間の岳

 

Img_0338 

 

 

甲斐駒ヶ岳 

   0041様が昨年登った黒戸尾根から登りたいと思いますが、

   今の私には無理かな・・・。

 

    0041様のレポです。日帰りですよ!

    http://win21.no.coocan.jp/yama/20091013/20091013.html 

 

    

 

Imgp1157  

 

塩見岳 3052m

 

  

ここからでも遠いです・・・。

北岳山荘から塩見を越えて三伏峠まで1日で行く人がいるのには驚きです。

 

 

 

 

Imgp1168  

 

地球の大地と雲のサンドウイッチ。

 

 

Imgp1179  

 

間の岳 3189m

 

 

自分の体力と根性のなさに、ちょっぴり後悔です。

     目の前なんです・・・。

          行けばよかった・・・。

 

 

 

しかし、間の岳、でかい山ですね。

何をもってでかいかといいますと、

標高3000m以上の部分の面積というか体積というか・・・。

 

 

 

深田久弥の日本百名山でも

「その図体の大きいことは日本アルプス第1級だろう。」  とありますけど・・・。

 

 

間の岳 

今回の山行で、かなり興味深い山になりました。

 

日本第4位の高峰 3189m

山屋以外の人に聞いても誰も知らない山、この地味さに惚れました。

 

  

今度は、白峰三山を縦走しよう。

 

 

  

Imgp1189  

 

テン場に戻る途中からの北岳。

 

 

小屋を出発する登山者は、間の岳を越えて農鳥岳を越えて、

大門沢小屋まで行くようです。

 

 

昨晩の北岳山荘は、

小屋泊の方に聞くと、布団1枚に2人だったということですから、

今日の大門沢小屋は混むでしょうね。

 

 

Imgp1191  

 

さて、朝飯を食べて、テントたたんで、

我々は八本歯から大樺沢を下ります。 

 

Imgp1193

  

改修中の北岳山荘。

 

トイレもバイオトイレに工事中のようです。

 

 

北岳山荘

生ビールやジュース類やお菓子類、Tシャツなどのお土産も豊富です。

 

 

8:20 北岳山荘を出発し、八本歯へ向かいます。 

 

 

朝のうちは、ちょっと雲の多い天気でした。

 

 

 

Imgp1196  

小屋から少し進むと、

間の岳が見えてきました。

 

Imgp1203  

 

北岳を巻いて八本歯へ向かいます。

 

 

Imgp1204

 

巻道分岐

  

Imgp1207

 

間の岳に未練があるのか、

何回も振り返ってしまいます。

 

 

Imgp1210

 

巻道ですが、結構急な斜面に登山道があります。

 

 

Imgp1213

  

ラン

 

 

Imgp1216   

 

巻道から北沢方面。

 

 

Imgp1217

 

梯子あり、

そして、水平なところでも岩場には板を敷いた登山道が作ってあります。

ありがたいですね。

 

 

Imgp1218

 

まもなく、八本歯と北岳との分岐です。

 

 

Imgp1220

 

分岐付近からの間の岳。

 

その左奥は、農鳥岳かな・・・。

 

 

Imgp1221

 

北岳直下。

 

あれ? だんだんと雲がとれてきました・・・。

 

どうも今回の登山は、タイミングが悪いなぁ・・・。

 

 

Imgp1223

 

北岳バットレス

 

                   いますね・・・。

 

 

 

 

 

 

Imgp1224

 

いますよ・・・。

  

 

 

 

 

 

 

 

Imgp1229

 

かなりのパーティーが登っていました。

いろいろなバリエーションルートがあるようですね。

 

 

    

いずれ息子はやると豪語しておりましたが・・・。

                                     果たして・・・。

 

 

 

Imgp1232   

 

八本歯の長い梯子

 

  

Imgp1235

  

鳳凰三山とこれから下る大樺沢 

 

  

Imgp1238

 

本日最後の甲斐駒の勇姿

 

Imgp1239

 

早川尾根の向こうには、八ヶ岳。

 

 

今日は天気がいいから、どこの山も登山者が多いでしょうね。

 

Imgp1242

 

分岐です。

 

ここから大樺沢を広河原まで一気に下ります。

名残惜しいですが下山です・・・。

また来るよ、南アルプス・・・。

 

 

 

 

下山開始してまもなく、

広河原から登ってくる登山者の多いこと多いこと、ビックリです。

 

登山者は くさすべり よりも大樺沢を選ぶんですね。 

 

 

八本歯上部は、ほとんどが梯子になっているので、

上り下りのすれ違いが結構大変でした。 

 

 

二俣までのコースタイムは、

1時間20分とありますが、もっとかかりました。

 

 

Imgp1243  

 

 

Imgp1248  

 

八ヶ岳主峰 赤岳 ズーム

 

 

 

 

Imgp1246

北岳バットレスの真下です。

 

 

この辺りから取り付くのでしょうか・・・。

 

 

 

 

 

Imgp1255  

 

大樺沢・・・。

       長いです・・・。

 

晴れていい天気になってきたので、

後頭部がやけそうに熱かった・・・。 

 

いい天気なので、登山者もかなり多かったです。

 

 

  

Imgp1256

 

下ってきた大樺沢です。 

 

 

膝は痛くなりませんでしたが、

膝が笑って笑って仕方がありませんでした。

 

 

それでも、13:20 なんとか広河原に無事到着。

 

 

芦安の駐車場までジャンボタクシー利用

登山者が9名集まると随時出発してくれます。

 

 

 

芦安の温泉でさっぱり。

 

 

甲府昭和インター掲示板に 中央道上り渋滞。

一宮御坂11km、おきまりの談合坂付近19km。

 

 

迷ったあげく

八ヶ岳山麓清里・野辺山を通って佐久へ。

             この八ヶ岳山麓の道路は好きなドライブコースなので・・・。

佐久から上信越道へ。

結局、横川SAから吉井ICまで渋滞。

そして、藤岡JKも・・・。

 

 

22:00 無事宇都宮帰還。

 

 

« 2010.9.18 南アルプス 北岳(1日目) | トップページ | 2010.9.12 S画伯 »

南アルプス」カテゴリの記事

コメント

こんばんはー♪
北岳山頂まで1700mも標高差あるんですねー。
ことしの夏に白峰三山の縦走を
考えてたんですが、道路の関係で
あきらめたので、北岳うらやましいです。

南アルプスはひとつひとつの山が
本当に大きいですね!
このアップダウンを乗り越えて
間ノ岳へいくのはたいへんでしょうね。
ご子息様、ロッククライミング
されるんですか?すごいです!!!尊敬!!!

テント場大混雑すごいですね。。。
ワタシは平日しか行かないのでいつも
ガラガラです。にぎやかで羨ましい気もします(^o^)

 お疲れ様でした。何よりも天候に恵まれて幸いでした。私に遠い昔の北岳の記憶はありません。まだまだ若い頃、今から35,6年も前になるでしょうか?当時は何の思いも考えもなく、ただ単に体力に任せて登ったことぐらいしか思い出せません。間ノ岳と農鳥岳は残念でした。いずれなどと思っていると、案外行けなくなるものです。記憶に新しいうちに何とか勝負して下さい。さて、私の方は、山どころではありません。トレーニングのGPSウォーキングの累積距離が200㎞を超えているのがせめてもの慰めです。今週末からは千葉県に○○のためにしばらく滞在です。またの報告を心より楽しみにしています。

よっしー様、こんばんは。
レポ楽しく拝見しました!
来月の北岳に向けて、すご~く参考になりました。
先週で12℃ですか!今日の雨で空気がガラリと変わったので、来月はもっと冷えそうですね。テン泊やめて小屋泊にしちゃおうかな?
2日目は天気に恵まれて、すばらしい展望じゃないですか!
中白根方面からの北岳は本当に格好がいいですね。
これは自分も是非見てみたい展望になりました。
いずれ息子さんはバットレスに挑みますか!
若いっていいですね。大きな夢が現実に出来るかもしれませんから。
その時にその勇姿を親父が写真に収められたら最高でしょうね。

最後に、レポ中にリンクして頂きありがとうございます。
甲斐駒ケ岳、お二人で七合目にテン泊でいかがですか?

くっきー様

こんにちは!
くっきー様も白峰三山の縦走を考えてたんですか?
奈良田までの道路がネックでしたよね・・・。
私、8月の双六の時、夜中、中央高速の事故渋滞にはまり、
明け方、白峰三山縦走に変更して奈良田に向かい、
早川への道路が土砂崩れの工事で通行止め・・・。
改めて新穂高温泉へ向かうという大失態・・・。(苦)
という、双六裏話があったのです・・・。(笑)
今は、奈良田まで時間帯通行可能のようですね!

南アルプスはひとつひとつの山が本当にでかいことを
新ためて感じました。
北アルプスとは、また違った風格がありますね。
間ノ岳は私への宿題のようです。
ぜひ、すてきな隊長様と計画して行ってみてください!

さて、息子、ロッククライミングなんて大げさですよ。
将来は、谷川とか北岳、劔等のバリエーションルートを
登る夢があって、部活の友人とクライミングには
通っているみたいです・・・。

ご意見番様

35,6年も前に北岳を登っていらっしゃるのですね。
百名山も残すところ10山くらいでしたよね。
お忙しいようですが、なんとか時間を見つけて行けるといいですね。

トレーニングのGPSウォーキングの機器を持っているのですか?
携帯電話の機能付きですか?
累積距離が200㎞を超えたのは凄いですね。
そんな高貴な機器を使いこなせるのですか?
凄いですね。尊敬してしまいます。
千葉県に出張、ご苦労様です。
念願の穂高岳、登れることを祈念しています。

0041様

こんにちは!
来月の北岳、
チャンスをうかがって三山縦走してください。
天候、体調、気力が整えば、0041様の体力であれば、
奈良田まで縦走できそうな気がします。
私も最初は、奈良田に入り、広河原まで朝一のバスで移動、
北岳山荘テン泊、翌日農鳥まで縦走して、奈良田へ下山の計画してました。
息子も大乗り気でしたが、今の私の体力では無理、
特に、2200mの下山がたぶん私の足がもたないだろうと判断して、
変更しました。
4年前ならば、絶対やっていましたが(悔・・・)
4年前に戻りたい~!

今回の北岳、
1日目の昼で12℃、明け方テント中は7℃でした。
これからの季節は、晴れると氷点下でしょうね。
中白根方面からの北岳は本当に格好がいいです。
でも、間の岳からの北岳の形がもっと綺麗と聞いていますので、
ちょっぴり後悔です。

息子のバットレスはまだまだ先ですよ!
そういう夢は大切にしてあげたいと思いますけど、
かみさんは反対しているようです(笑)

レポ中に勝手にリンクさせていただいてしまいました。すみません。

時間がたつのは早いもので、
ご一緒に冬の男体山を登りましょうと言いながら、
3年半もたってしまいましたね・・・。
本当にぜひご一緒させていただきたいと思います。
しかし、今の私の体力では足をひっぱてしまうようで
申し訳ないと思います。
少しずつランニングして、体重を落としたいと・・・、
今、痛切に感じて実行しようと本気モードにスイッチが・・・、
のところです。
甲斐駒ケ岳、ぜひ来年目標にしたいと思いますので、
そのときは、よろしくお願いします。
足を引っ張らないようにがんばります。
ではでは。

遅ればせながら・・・失礼しまーす。
2日のお天気はまずまずじゃないですか~
やっぱり凄い眺望ですね。。。
“やるな~北岳!!!” って感じです。
うっすらと霞がかかったような富士山、幻想的で綺麗ですね~
モルゲンロードの染まり方や朝霧のかかり方や雲海など
朝の景色っていろいろな顔を見せてくれますね。。。
私のような軟弱山のぼら~の記事にまでリンクして頂きありがとうございます。

mikko様
こんにちは。
返事が遅くなりすみませんでした。
仙丈ヶ岳、あまりにも綺麗な景色だったのでリンクさせていただいちゃいました。
後付けですみません!
先週のが月山のレポ見ましたよ。
紅葉が綺麗ですね。
後でゆっくり拝見しますので!
 
あ~、それにしても・・・この連休のために命をかけて仕事をしてきたのに
雨だなんて・・・。
今年最後の連休だったのに・・・残念です。
チョット尾瀬の紅葉見てきましたので、これからレポ書きますね。
では!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/188235/36840671

この記事へのトラックバック一覧です: 2010.9.19 南アルプス 北岳(2日目):

« 2010.9.18 南アルプス 北岳(1日目) | トップページ | 2010.9.12 S画伯 »