フォト
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 2006.7.31 北アルプス 裏銀座コース | トップページ | 2010.9.19 南アルプス 北岳(2日目) »

2010年9月20日 (月)

2010.9.18 南アルプス 北岳(1日目)

2010.9.18 (1日目) 北岳へ行ってきました。

 

Imgp1014  

 

 

 

 

 

 

前日の金曜日19:00、

飲み会・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

飲まず、食った!

これからの出発のために、たらふく食べた。

大好きな豚肉づくしだっただけに、

飲みたかったが・・・、

  

  

 

 

 

 

 

「飲まないで帰ってきてね。」

息子の言葉が脳裏をよぎる・・・。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

我慢・・・。

 

 

 

 

 

 

 

20:30 店を出る。

 

  

 

 

 

 

 

 

急いで帰り、パッキング。

息子がテント、私が食料といつも決まっている。

今年は猛暑だったとはいえ、

3000mである。

今回は、ダウンやフリースなど持って行く物も多い。 

 

 

 

 

 

食料は何も用意できていないので、

出発がてら、近くのスーパーへ寄って、

麻婆なすの用意、定番のジャガリコにベーコン、サラミ・・・。

 

 

 

 

 

 

 

22:00 宇都宮出発。 

とりあえず、芦安へ向かう。 

駐車場は行けば分かるだろう・・・。

 

  

 

 

前回の8月の時、都内を抜けていったら、

中央高速で事故渋滞にはまったので、 

今回は、東北道も佐野藤岡でいったん下りる。

50号で太田足利ICで北関東へ。 

  

 

 

関越から圏央道、そして八王子から中央道へ。

休憩なし。渋滞なし。

1000円也。

 

 

 

 

2:00、芦安の駐車場へ着く。

第1~3駐車場は満車。

ずっと下の第4駐車場へ・・・。

バス停まで歩くのが辛そう・・・。

 

 

 

バス時刻 4:50発を確認して仮眠。

 

 

 

 

3:50 起床。

  

 

 

 

 

 

 

 

げ、いつの間にか第4駐車場も満車。

それどころか皆さんすでに出発準備。

ジャンボタクシーが上のバス停まで乗せていってくれる。

さらには、広河原までバス料金1100円+100円で。

即決 sun

 

 

 

 

ジャンボタクシーが続々出発。

 

 

 

しかし、夜叉神のゲートは、

5:20 から開門するとのこと。

しばし、足止め。 

 

 

  

 

 

5:20 開門。

 

 

 

夜叉神トンネルを抜けると

いきなり野呂川越えに高山が飛び込んできた。

 

 

私は、夜叉神から広河原へ入るのは、今回が初めて。

 

 

 

H15年の時、この林道は土砂崩れで通行止めだったので、

長野県側の戸台から北沢峠に入り、

バスを乗り継ぎ、

広河原まで入ったのであった。

 

 

 

この林道も、

             絶景!

                         凄い!

 

 

 

 

窓越しに、間の岳や北岳、農鳥が見えるときがあった。

 

 

しかし、 

隣で寝ている息子・・・。 

 

 

 

 

5:55 広河原着。

もうすでに人が多いのビックリ。

 

Imgp1006 

  

立派なバスステーション?ができていました。 

 

 

チョット移動すると、

           いきなり 北岳 が・・・。

                       こころがおどる瞬間です。

 

Imgp1014 

 

 

でも、 

こんなに高かったっけ・・・。

               1700m、登れるんだろうか・・・。

               

 

これが、正直・・・最初の私の感想です・・・。 

 

 

 

さて、広河原山荘へ移動して、腹ごしらえ。

 

 

 

6:25 広河原出発。 

 

 

 

程なくして分岐。

白根御池と大樺沢コース。

 

 

 

今回も「くさすべり」を登ることとして白根御池に向かう。

 

 

 

しかし、

ここは急登・・・。

7年前もここを登ったが、

記憶は当てにはならない・・・。

 

 

展望のきかない単調なシラビソの樹林帯は、

疲れた身体以上に心に重くのしかかります・・・。 

 

 

 

 

そういえば、

あれだけいた登山者が いない! 

みなさん、このコースは避けるみたいですね。

 

 

 

Imgp1035  

 

シラビソ樹林の間から見えた北岳。

                    まだ、標高差1200mある・・・。

 

 

そして、やっと急登が終わると、

水平な登山道になり、

そろそろ白根御池と思ったが、なかなか着かない・・・。

 

Imgp1036

 

水平が長い。。。

 

 

 

そして、 

エンジン音が聞こえてきて、

8:55 やっと白根御池です。 

 

 

綺麗な小屋です。

水はタダでいただけました。

 

Imgp1037  

 

ソフトクリームが売っています。

500円也

 

 

そのほか、ペットボトルのジュース類は400円でした。

 

 

 

Imgp1040  

 

テント場もきれいです。

 

 

 

 

でも、

この時間になり、ガスが湧き上がってきました・・・。

先ほどまで見えていた北岳は雲の中・・・。

これから登る 

    くさすべり 

         もガスに包まれてしまいました。

 

 

 

Imgp1047

 

くさすべりを見上げると、ポツンポツンと登っている人は確認できました。 

 

 

Imgp1048  

 

ちょっとのんびりしすぎたかな・・。

9:25 白根御池出発 

 

 

 

Imgp1053  

 

まだ少しお花が咲いていました。 

 

    気を抜くもんならば、アザミのトゲトゲ攻撃に腕がヒリヒリ・・・。  

 

 

  

お花畑であったろう花の名残の登山道は、

5週間ぶり(双六以来)の肉体に容赦なく襲いかかってきます。

 

 

草つきの登山道からダケカンバの登山道に入ると、

 

 

完全に 

 

急登

   ガス

       展望なし

 

3拍子がそろってしまった・・・。

 

そして  寝不足・・・。

 

 

無言が続く。

  

無言

 

無言

 

無言

 

  

 

こんなにダケカンバの樹林帯が長かったっけ・・・、と思っていたら、

森林限界に出ました。happy01 

 

 

Imgp1056 

 

小太郎尾根は目の前のはずだが・・・。

          

   それでもここまで来れば稜線は目の前です。 

 

 

Imgp1059  

 

ナナカマドの実。

  

  秋は確実にやってきていますね。

 

     そして、小太郎尾根へでました。

 

 

Imgp1060  

  

甲斐駒方面ですが、ガスで展望はダメでした。

  

 

 

稜線へ出ると、寒い寒い。

ここまで、半袖できたのだが、風よけのためヤッケを着ました。 

 

 

Imgp1062  

 

肩の小屋への稜線。

残念ながら北岳山頂は完全に雲の中・・・。 

 

  

Imgp1063  

 

小屋をズーム。

 

 

Imgp1065  

 

仙丈ヶ岳も完全に雲の中。

  

 

ここまでも辛かったが、

3000m近くなると息苦しくて・・・、

何回も立ち止まる・・・。

 

 

    ちょっとザックを下ろして横になったら寝てしまった・・・。

    ほとんど寝ていないので歩きながらでも眠くて眠くて・・・。

        息子に起こされて・・・出発。

 

 

そして 

やっと

 

12:20 肩の小屋に着く。 

 

Imgp1068  

  

小屋の食事メニューを確認してきたが、

息子、ラーメンを作って食べた方がいいというので

サッポロ1番塩ラーメンで昼食としました。

この間も眠かった・・・。 

 

Imgp1069 

 

肩の小屋のテント場。

 

 

あれだけいた登山者が少ないところを見ると

八本歯から北岳をピストンして北岳山荘へ向かったのだろうか・・・。

 

 

13:10 肩の小屋出発。

 

 

 

今回の北岳登山で、ひとつ確認したいことがあった。

それは、下の写真です。 

  

Imgp1072

 

両俣小屋への分岐です。

 

 

実は7年前に登ったときにこの分岐の記憶が残っていないのでした・・・。

このコース、ぜひ行ってみたいコースの一つなのです。

                    今年は、クマ注意のようですね・・・。

 

 

 

 

そして、やっとバテバテで

日本第2の高峰 北岳 3193m 登頂です。 

展望は残念ながらありません。

7年前もガスで展望ゼロ。

またしても、ガス攻撃に感動もゼロ・・・。

ひとり満足なのは息子・・・。

 

 

 

 

北岳に嫌われる私・・・。

正直、登ったという実感がない私・・・

 

 

なんでこんな重いテント担いできたのに・・・ 

 

 

 

また来よう。

今度は小屋泊で・・・。

 

Imgp1075  

 

誰も写っていませんが、

人だらけですよ。

 

 

三角点の近くの北岳の標識で登山者は写真を撮っていましたが、

最高点は、少し南側にある岩の上が最高点のようです。

 

 

穂高は、山頂に石で積み上げたケルンがあって、

それを含めると北岳よりも高くなるという話を聞いたことがありますが、

こちらは正真正銘の天然の岩。

 

 

北岳   3193m

穂高岳 3190m 

間の岳 3189m

槍ヶ岳 3180m

 

せめて、もうチョット差を付けてくれればよかったのに。

例えば、北岳 3450m とかねぇ・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、北岳山荘へ向かって下山開始です。

 

 

結構急な下りです。

 

 

Imgp1079  

 

八本歯と北岳山荘の分岐。

 

 

7年前は、八本歯へ下りました。

でも、覚えていないんですよね・・・。

こんなに急な登山道だったかな・・・。

 

 

人間の記憶って当てになりませんね・・・。

 

 

Imgp1080  

 

穂高吊り尾根と似ています。

  

 

Imgp1081  

 

急なところには、梯子がかかっていました。

 

 

巻道と合流するところの尾根は、二重山稜になっていました。

 

 

ここから山荘まで20分です。

 

 

15:20 

エンジン音が聞こえてきてガスの中からいきなり山荘が現れました。

 

 

さて、テント場、

 

 

ちょっとヤバイかも・・・。

張る場所がない・・・。

 

 

山荘からかなり離れた場所に

なんとか張れそうなところをゲット。 

 

 

 

 

かなりゴツゴツした岩の上にテントを張っているグループや

傾斜になっているところに張っている登山者もいた。

 

 

大樺沢から登った登山者は、

皆さん八本歯から北岳をピストンして

北岳山荘へ来たようです。

どうりで、人が多いし、早いわけですね。

 

 

 

まずは今宵のねぐらを立てて  

さてまずは、生ビール beer

900円也

 

ぷはぁ-・・・・・・・・・、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

不味い despair ・・・・・・・・・・・。

 

 

双六では、あんなに美味かったのに・・・。

やっぱり12℃という寒さなんですね・・・。

 

 

今晩は、焼酎お湯割りだわ・・・。

 

 

 

Imgp1086  

 

山荘は改修中。

ガスで山荘も見えないくらいです。 

 

Imgp1085  

 

我が家。 

 

 

さっそく夕食の支度。

 

マーボなすにジャガリコジャーマンポテト。

 

焼酎のお湯割りに、グレープフルーツ割

息子は、ジュースで乾杯。

 

 

 

食事の片付けをしているうちに、

北岳が見えそうになってきて・・・

Imgp1088  

 

ここまで見えましたが、

これが精一杯でした。

 

 

18:00頃 

睡眠不足からテントの中で横になったら 爆睡モード へ sleepy

  

 

ダウンを着ていたので、寝袋にも入らずに寝てしまった。

息子は、20:00頃まで音楽聞いたりしていたようですが・・・。  

 

 

足が寒いので、目を覚ますと 24:00

今度は、寝袋に入り就寝しました。 

 

 

明日は、気力と根性があれば間の岳ですが・・・。

 

2日目はこちら ↓ 

http://mahchan555.cocolog-nifty.com/blog/2010/09/2010919-4fda.html 

 

« 2006.7.31 北アルプス 裏銀座コース | トップページ | 2010.9.19 南アルプス 北岳(2日目) »

南アルプス」カテゴリの記事

コメント

 お疲れ様です。天気の方もまずまずのようで何よりです。今頃は帰路の途中でしょうか?相も変わらずご子息様とご一緒で羨ましい限りです。強行日程のようですが、何もかも満たされているようでは本物の山屋とはいえないのでしょう?それにしても大した体力・気力です。改めて尊敬いたします。         さて、温暖化のせいか紅葉がイマイチのようですが、素晴らしい景色です。素晴らしい写真を有り難うございます。限られた短い秋のシーズンですが、せいぜいお楽しみ下さい。私メの方は山どころではなく何かと雑用に追われています。時間が経つ早さに驚きの毎日です。お元気で...。

よっしー様
北岳登頂おめでとうございます。
私もいつかは。。。と思っているのですが
標高差1700mですか~
テント装備ではきっついですね
でも小屋泊は混みそうですよね・・・
一生懸命登ったのに山頂ガスガスは残念でしたね
それでも満足なご子息さんはやっぱり達成感からでしょうか~
翌朝のお天気はどうだったのかな?
バッチリな展望レポに期待が高まってまーす!
(^。^)y-.。o○

ご意見番様

こんにちは。お久しぶりです。
相変わらず、お忙しいようですね。
予定していた穂高岳には登れていないようですか?
ぜひ、時間を見つけて登ってください。
さて、今年は猛暑で、紅葉はまだまだという印象です。
草紅葉が始まった程度でしょうか・・・。
今週末あたりは、秋を通り越して雪なんてことになりそうな天気ですね・・・。

mikko様

こんにちは!
mikko様の仙丈ヶ岳に影響されて、そうだ北岳へ行こう!
ってなわけで行っちゃいました。
栃木からだとアプローチがネックなんですけど・・・
めちゃくちゃ北岳に登りたくなってしまったんですよ!
でも2度目の山頂もガスで展望がダメだったので、
いずれ白峰三山は再挑戦したいと思ってます。
2日目のレポ、少々お待ちください。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/188235/36831646

この記事へのトラックバック一覧です: 2010.9.18 南アルプス 北岳(1日目):

« 2006.7.31 北アルプス 裏銀座コース | トップページ | 2010.9.19 南アルプス 北岳(2日目) »