フォト
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

2010年8月

2010年8月14日 (土)

2010.8.8 西鎌尾根 2日目

2010.8.8 西鎌尾根

 

Imgp0915  

 

かわいいです。 

心が癒されます。

童心に返った気分です。 

 

 

 

Imgp0820

 

双六小屋前からの鷲羽岳。

 

 

 

 

さて、2日目です。

昨晩は、夜中に起きて、満点の星空を期待して寝ました。

5年前の黒部五郎小舎からのアンドロメダ銀河はすごかった。

それを期待して就寝しました・・・・・・。

 

 

 

1時8分。目を覚ましましたので、

期待して、そっとテントから顔を出すと、全く星はありません・・・。

暗黒の中に、樅沢岳と双六岳の稜線がうっすらと分かる程度・・・。

 

 

寝ました!

 

 

 

 

前日、ほとんど寝ていませんでしたので、

明け方、隣でゴソゴソ関係ありません。

隣でガヤガヤも関係ありません。

ひたすら寝ました。

 

 

皆さん出発したころ、静かになったので起き出してみると・・・

5時30分。

 

ちょっと寝過ぎた・・・やばい。

テントがほとんどありませんでした。

 

 

どこへ行くか、息子と談義。

双六からだと、西鎌と笠ヶ岳では、西鎌の方が短い。

笠新道を下山もきついということで、西鎌経由、槍平経由、新穂高に決定しました。

どうも天気が崩れるようです。

もっとも、新穂高温泉まで下山できるか、微妙です・・・。 

 

 

朝食を食べて、テントたたんで、7時45分出発。

新穂高温泉では、駐車場までロープウエイを

1区間乗らなければならないので、

結構ぎりぎりかも?・・・の出発です。

 

 

ウォーミングアップなし、

いきなりの樅沢岳の登りは急できつかった・・・。

 

 Imgp0824

 

テント場にほとんどテントがなくなりました。

奥は、笠ヶ岳です。

 

こんな遅い時間に出発することは、雷が嫌いな私にとっては珍しいのです。 

普段から、午後は雷にあってもおかしくないと思って歩いていますので・・・。

栃木県人は、毎日雷に遭っていますので、雷雲には敏感です。

  

 

Imgp0827  

 

鷲羽岳と鞍部には、三俣山荘です。

4年前を思い出します。懐かしいです。

 

 

 

Imgp0828  

 

双六小屋を見下ろします。

お世話になりました。

 

 

 

 

 

Imgp0832  

 

樅沢岳への登りは、朝一には本当にきつい登りでしたが、なんとか着きました。

ここまで来れば、しばらくは空中散歩です。

 

 

 

 

Imgp0837  

 

ここからは、鏡平が目の前です。

 

このとき、ヘリコプターが忙しそうにしてました。

 

弓折の分岐付近でホバーリンブしてました。

何かあったのでしょうか?

帰ってからインターネットで見ましたが、分かりませんでした。

 

 

 

Imgp0838

  

 

 

 

さて、ここからはお花が綺麗な縦走路です。

  

Imgp0839  

  

紫の花はトリカブト?

こんな中を歩きます。 

 

ガスガスの中、このあたりは展望は得られませんでしたが、

心地よい風に暑さを忘れます。

 

Imgp0841 

 

ハクサンフウロ 

 

 

Imgp0843  

 

チシマギキョウ?

イワギキョウ?

 

 

Imgp0846  

 

ミネウスユキソウ

 

 

 

Imgp0851  

 

ウサギギク 

 

Imgp0852 

  

縦走路と、硫黄尾根。

 

この辺は、硫黄のにおいがプンプンしてました。

この下の渓流は、いかにも温泉が湧いてそうな感じでした。

 

 

硫黄尾根って、歩く人がいるのでしょうか?

登山道のように見えるのは?

  

Imgp0857  

 

ウラジロタデの群落。 

 

Imgp0863  

 

 

Imgp0865

 

チングルマの綿毛

 

Imgp0867 

 

 

 

 

 

Imgp0869  

 

チシマギキョウの群落

 

 

Imgp0877  

 

ミヤマダイコンソウ

 

 

 

Imgp0884  

 

イワオウギ?

 

 

 

Imgp0885  

 

歩いてきた縦走路を振り返ります。

まだ半分くらい来たくらいです。

あ~至福の時です。 

帰りたくな~い。 

きっと、息子も同じ気分・・・。  

 

Imgp0897  

 

イブキジャッコウソウ

 

 

 

Imgp0797  

 

アオノツガザクラ

 

 

 

Imgp0898  

 

タカネナデシコ

 

 

Imgp0901  

 

 この辺でお花も終わりに近づきました・・・。

 そろそろ岩稜部へ・・・。

 

Imgp0907  

 

おっと、

ライチョウの親子。

久しぶりに遭遇しましたね・・・。

心が本当に癒さる光景です。

でも、子供が2羽しかいませんでした。

天敵にやられたのでしょうか?

 

 

 

Imgp0914  

 

かわいいです。

逃げません。

越冬するまでには、大きくなるのか心配してしまいます。

 秋には大きくなるのでしょうか?

  

 

Imgp0920  

 

こちら別の親子の子です。

こちらの雛は大きかったので、早い時期に雛にかえったのでしょう。

 

 

 

  

だんだんと植物が少なくなってきました。

岩稜地帯へ突入!

 

 

 

Imgp0923  

 

いよいよ西鎌の核心部へ入るようです。

慎重に歩きます。

 

この辺は、携帯 au 通じました。

4年前は、山に強かった au ですが、最近はFOMAに圧倒的に負けてますね・・・。

4年前、auは水晶小屋で通じたんですよ!

でも、進歩していませんね・・・。

FOMAは北アルプスの至る所で話している光景を見受けます・・・。 

何とかしてください!

 

 

  

Imgp0929  

 

山にかかる雲がとれて、薬師岳が見えました。

5年前の縦走が懐かしいです。 

 

 

Imgp0935  

 

雲がとれて、穂高もみえました。西穂あたりでしょうかねぇ・・・?

 

 

Imgp0936  

 

西鎌。

なかなか槍だけは姿を現しません。

雲に意地悪されているような気分です。 

 

 

Imgp0942  

 

このあたりは、穂高のつり尾根に感じがにています。

落ちたら最後ですけど・・・。 

でも、さすが北ア、登山道はしっかりしています。 

 

Imgp0945  

 

いよいよ千丈乗越です。

 

Imgp0946  

 

11:25

千丈乗越につきました。

歩いてきた縦走路を振り返ります。

北側には、カールが広がっていました。

 

 

このころから、山にかかる雲がとれてきました。

 

 

 

Imgp0947  

 

               鷲羽岳      と      水晶岳

 

懐かしすぎます。

4年前の裏銀座縦走の時、水晶岳をカットしたことを今でも後悔しています・・・。

あの時は、また来年にでも雲ノ平とセットで来ればいいやなんて思っていましたが、

今となっては、いつ行けるか分からない・・・。

 

 

Imgp0949  

  

                     野口五郎岳

 

 

Imgp0966  

 

なかなか槍の穂先は見えません。(少し見えます。)

  

 

Imgp0952  

 

槍ヶ岳山荘をズームしてみました。

今日も小屋はいっぱいでしょうね。

 

 

Imgp0957  

 

飛騨沢です。

 

 

Imgp0960  

 

真ん中の小さい2名は、北鎌を登っている人です。

このパーティーだけ分かりました。

 

 

Imgp0983  

 

なんとか槍の穂先が見えました。

 左は孫槍?子槍?

  

 

 

さて、今回はここで帰ります・・・・・・・。

 

 

息子の名残惜しそうな顔・・・。

断腸の思いです。

 

 

今回の息子の通う高校の山岳部では、表銀座から槍ヶ岳を目指しましたが、

天候悪化で大天井岳で引き返しました。

息子は来年、受験生なので、

今年の冬で山からしばらく離れます。

それがあるだけに、槍まで行ってあげたい気持ちもありましたが・・・。

時間が許しませんでした。

 

 

今朝、4時に出発していれば、槍もいけたかもしれません。

でも、そうしていたら、

西鎌経由、槍、新穂高温泉下山で、私は死んでいたかもしれません・・・。 

 

 

 

 

11:55 下山。

残念ですが、槍平へ向かいました。

 

  

飛騨沢も花が綺麗でした。

 

 

 

Imgp0985  

 

 

Imgp0984  

 

 

 

 Imgp0990

 

飛騨・千丈乗越分岐。

ここには、救急箱があります。

緊急の時は助かりますね。

さすがは北アルプスです。

 

 

2300m付近に水場あり。

冷たくて美味しい水でした。

 

 

13:30 槍平。

 

 

Imgp0994  

 

食事は、1時半までとのことで、間に合いませんでした。

外でインスタントラーメンを作って食べました。

上の写真、携帯で話しています。

FOMAでしょう。 

au はだめでした。

 

 

 

この小屋は、この冬に雪崩で被害を受けたので、新しくなっていました。

 

 

奥丸山方面からの雪崩だったようです。

雪崩の跡が分かりました。

 

 

Imgp0995  

 

さて、14:00 槍平出発。

 

 

ここから、新穂高までは永かった・・・。

 

 

途中の滝谷までは、いいコースですが、

滝谷と白出までは、だらだら永くて・・・精神的にきつかったです。

 

 

Imgp0999

 

滝谷ドームでしょうか?

 

白出からは林道歩き。

疲れた足に、アスファルトはこたえます・・・。

 

 

 

17:05 新穂高着。

 

 

ここから鍋平まで1区間ロープウエイを使います。

 

もうすでに終了時間を過ぎていましたが、

日曜日であり観光客も多いようで、

まだ新穂高に下ろす方々がいるということで、乗せてくれました。

ありがとうございます。 

 

 

 

 

ひがくの湯

700円

さっぱりとしました。

ここは、新穂高に来たときはいつも使っています。

いい温泉ですよ! 

 

 

24:40 宇都宮無事帰還。

 

 

 

秋に行けたら、小屋泊で槍ヶ岳かな?

 

 

 

2010年8月 9日 (月)

2010.8.7 新穂高から双六 1日目

2010.8.7から1泊で、西鎌尾根へ行ってきました。

西鎌尾根へ行ってきたというのも変ですけど・・・。

今回は、ピークハントなしでした。

 

 

 

行程

8月7日

新穂高温泉 9:00 ==> わさび平小屋 10:15 10:35 ==>

秩父沢 11:50 12:10 ==> 鏡平 14:30 15:00 ==>

双六小屋テント場 17:20

 

8月8日

双六小屋 7:45 ==> 籾沢岳 8:25 ==> 西鎌尾根

==> 千丈乗越 11:25 11:55 ==> 飛騨・千丈乗越分岐 12:15

==> 槍平小屋 13:30 14:00 ==> 新穂高温泉ロープウエイ 17:05

 

 

 

 

Imgp0796  

 

 

 

 

新穂高温泉に、8時20分頃到着。

ここに着くまでには、いろいろありましたが、とりあえず到着。

 

 

無料駐車場は満車でした。

しかたなく、新穂高ロープウエイの中間駅の鍋平へ駐車。

 

第1ロープウエイで新穂高口へ下ります。

 

1人 200円 

荷物 8kg以上 100円

 

 

 

新穂高、9時出発。

 

 

本当は、笠ヶ岳に行くことを想定してきましたが、

到着が遅くなり、笠新道を登り切れなかった場合、

ビバークするようかな?

なんて心配しながら、出発しました。

 

 

テント装備だが、目標が双六ならば、もし登れない場合(私がバテて)、鏡平で泊まってしまうことも想定。

そんなことを息子と話しながら、わさび平へ向かいます。

 

 

 

笠新道入口 10:00

無理、絶対無理。

双六へ行くことに決定しました。

 

 

しかし、0041様は、数日前に笠新道を全装で単独で登っているんです。

すごいです。

0041様のレポに期待しましょう。

         ↓

 http://homepage2.nifty.com/win21/

 

 

この時点で、私の心は鏡平小屋で、1泊かな。

 

 

 

 

Imgp0736  

 

 

登りでも、下りでも、

ここの場所にあるわさび平小屋は、本当にありがたい小屋です。

 

 

C.C レモン飲んで、ちょっと、のんびり。 

 

 

10:35 出発。 

 

 

しかし、雲が多いが暑い・・・。

 

 

 

 

Imgp0738

 

11:50 秩父沢。

ここは登山者には最高のオアシスです。

 

 

冷たい水が美味しいです。 

砂にしみこむ水のように、身体に吸収されます。

 

 

 

秩父沢を出発。

 

 

この後、イタドリガ原、シシウドガ原へと無言で登る。

辛くて・・・、写真も撮る気になれません。

 

したたり落ちる汗・・・。

首に巻いたタオルの先から、汗が落ちます。

何回タオル搾っただろう・・・。 

 

 

シシウドガ原を過ぎても、鏡平まで結構あります。

 

 

今日は鏡平までと、もう心の中では決めていたので、

ゆっくりと登りました。

 

 

そして、14:30 鏡平。

 

 

 

ここは、やっぱり かき氷snow

でしょう!

500円也。

こんな山上でかき氷を食べられるなんて・・・。

すごいです。

すみません。画像なしです。早く食べたくて・・・。

 

 

  

Imgp0739

 

次は、生ビール beer

と、息子が、小屋番の方に、混み具合を確認して戻ってきた。

 

 

 

布団1枚に3人の可能性があるって・・・。 

   2枚(あとで息子に聞いたら、2枚に3人だそうでした。)

 

3人・・・。

比較的すいている小屋とは聞いていたが、

週末とあればやっぱり別か・・・。

  

 

 

 

その後、小屋の方が出てきて、

「テントあるんですね。」

「はい 。」

 

 

 

「今日は込むので、ここの板の上に特別にテント張っていいですよ。」

「あ、ありがとうございます!」

 

  

 

 

 

 

 

なんて会話を妄想したのもつかの間・・・、

 

  

 

 

「双六まで行った方がいいですよ。

大丈夫ですよ、明るいうちに着くでしょうthunder

 

  

 

 

 

絶句・・・。

 ここは、幕営禁止・・・。

 当たり前です・・・ね。

 

 

 

小屋前から稜線を見上げる・・・。

 

 

標高差 300m・・・。

 

 

私には、標高差 500m に見える・・・。 

あそこまで登るんかい・・・。

                        あそごまで登んけ・・・。(栃木弁)

  

 

 

生ビール beer お預け。 

気合い入れ直し punch

鏡平 15:00 出発。

 

 

 

ガスったり、晴れたりの繰り返し。

 

 

途中の登り、ビバークできそうな場所が何カ所かありました。

きっと、泊まれなくてビバークした方々の場所なんでしょうか・・・。 

 

 

 

 

途中から、鏡平小屋が見える。

 

 

 

布団1枚に3人・・・はいやだ。

何回もつぶやく・・・。

自分に言い聞かせ、疲れた身体に鞭を打つ。 

 

 

 

Imgp0741

 

しかし、鏡平はいいロケーションですよね。

 

過去2回とも、鏡池に映る槍ヶ岳の写真を撮れたのですが、

今回はダメでした。

今回は、槍見えませんでしたから・・・。

 

 

さて、 

森林限界を越える 2400m 付近から、花が綺麗になってきました。

 

 

双六にも思ったより早くつけそうかな?

と、思ったら写真撮る気持ちが湧いてきました。

 

 

 

弓折の分岐まで1時間で登りました。 

まだまだ、私の身体も 捨てたもんじゃないわい。

 

 

そして、弓折分岐に到着。

 

 

でも、

ベンチで横になると、しばらく立てませんでした・・・。

四捨五入すると 50 の身体には、やっぱり辛いです。

でも、ここまで来れば、間違いなく双六へ着けることを確信しました。

 

 

さあ、

ここまで来れば、双六までは空中散歩です。

 

 

 

高山植物の名前は勉強中です。

間違っていたらごめんなさい。

 

 

 

Imgp0747  

  

綺麗な花から生気をいただきました。

元気モリモリになってきました。 

 

 

そして、綺麗な景色からも・・・。

 

 

 

Imgp0748  

 

稜線に上がると、本当に素晴らしい景色です。

 

上は、笠ヶ岳への稜線です。

歩きたい稜線の一つです。

 

 

 

 

Imgp0751  

 

 

 

Imgp0761

  

ハクサンフウロ

 

 

 

 

 

花見平

ここは、いつきてもお花が綺麗なところです。

 

Imgp0781 

 

 

ハクサンイチゲ

 

 

 

Imgp0768

 

ハクサンイチゲと双六岳。

 

 

 

Imgp0773  

 

ミヤマキンポウゲと双六岳。

 

 

 

Imgp0779  

 

シナノキンバイ 

 

 

 

Imgp0783  

 

ウラジロダテ(雌) 

 

 

Imgp0786  

 

クルマユリ

 

 

 

Imgp0790  

 

チングルマ

 

 

 

Imgp0776 

 

チングルマ(稚児車)の綿毛

 

子供の頃にお祭りなどで売っていた風車に似ていることから

名前がついたということです。

 

 

 

Imgp0791  

 

トリカブト? 

 

 

Imgp0799  

 

イワオウギ?

 

 

 

 

Imgp0794  

 

前を行く息子。

2000円を託し、先に行かせテント場の確保です。

 

もう、息子には全くかなわないです。

 

 

 

Imgp0795  

 

双六小屋が見えてきました。

その奥に、鷲羽岳です。

絵になる風景です。

  

 

 

カラフルなテントの花が咲いています。

あれはあれで結構きれいですよね。 

 

 

双六、北アルプスの奥深さを感じられる場所です。

 

 

さあ、もう少しです。

 

 

 Imgp0800

  

まだまだ、登山道にはいろいろな花がたくさんです。

ミヤマシオガマ 

 

 

Imgp0803  

 

リンドウ

 

 

 

Imgp0806  

 

双六池に咲くチングルマ。

 

 

 

Imgp0804 

 

 

17:20 双六小屋に着きました。

 

 

 

 

 

Imgp0809  

 

 

小屋では、1回目の夕食が始まっていました。

中は大混雑です。

 

 

 

小屋前のベンチでも、思い思いの山談義で、

人があふれかえっていました。

 

 

私は、4年ぶりの双六小屋です。

 

4年前に裏銀座を縦走したときに、テント泊しました。

 

 

小屋の夕食時で混雑していても、

生ビールを売ってくれるその対応には本当に助かります。

 

いい小屋です。

何か、言葉では言い表せない安堵感というか、なんというか・・・。

 

 

 

早速テントを張って、

生ビール beer

 

息子はコーラ。

 

 

ぷはぁ~、美味い。

 

 

こんなにビールって美味かったっけ?

 

 

こんなにビールが美味いと感じたのは、本当に久しぶりです。 

 

 

 

暗くなる前に、食事の用意。

 

 

Imgp0812  

 

丸大の燻製屋をつまみに。

 

 

 

 

次は、

ジャガリコにお湯を入れて、

よくかき混ぜます。

 

 

Imgp0810 

 

 

ベーコンを炒めて、

さらにジャガリコをいれて炒めます。

 

 

 

Imgp0814   

 

ジャーマンポテトです!

最高のつまみです。

 

 

本当は、ここに

にんにくスライス

たまねぎスライス

を入れると美味いんです!。

 

さらに、パスタソースでからめると最高です。

 

 

今回は準備不足で略しました。

 

 

 

主食は、瞬間美食のカレーです。

 

 

 

すっかり暗くなってきました。

 

 

  

  

 

Imgp0819

 

  

20:00 就寝。

 

 

明日は、2時起床。

どこへ行くか決めていませんが、明日は天気が崩れ始めるようです。

明日の夕方には、下山かも。

 

  

さあ、2日目に続きます。

 

 

 

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »