フォト
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2010年7月

2010年7月19日 (月)

2010.7.18 北アルプス 花の白馬岳

2010.7.18 北アルプス 花満開の白馬岳へ行ってきました。

                                  

         

Imgp0590

 

 

夜中、猿倉へ着く。

猿倉山荘下の駐車場は満杯、少し下った駐車場の方に何とか1台分をゲット。

外は、満天の星空。

真上に天の川。

3時30起床とし、少し仮眠。

 

 

 

連休中のこの日は、前々から息子と約束していた日。

日帰りかつビックマウンテン狙い。

鳥海山か、白馬岳か、甲斐駒ヶ岳か・・・。

17日に梅雨明け。

降雨量の少なかった長野県北部にはここ数日注目していた。

出発直前に、白馬岳に決定・・・。

ん~、やっぱり白馬は激込み予想的中。

 

                     

行程 7月18日(日)

猿倉山荘 4:25 ===> 白馬尻 5:15 5:30 ===> 葱平 7:00 7:15 ===>

村営頂上宿舎 8:40 8:50 ===> 白馬山荘 9:05 9:20 ===> 

白馬岳山頂 9:35 10:00 ===> 白馬山荘 10:10 10:40 ===>

村営頂上小屋 10:50 11:00 ===> 葱平 12:00 12:15 ===>

白馬尻 13:10 13:20 ===> 猿倉 14:10

     

今まで、白馬岳は2回登っているが、2回ともガスガスガス。

展望なし。

3度目の正直とはこのことか・・・な。

今回は最高の天気。

標高差1700mは久しぶりだが何のその。

やっぱり天気がいいと登れてしまいます。

 

 

さて、前置きが長くなりましたが、

4:05 まだ薄暗いうちに、駐車場を出発。

猿倉荘のトイレをお借りしました。

綺麗です。

 

 

4:25 

今日は、日帰りなので少しでも早く出発したいところ。

それでも、すでに出発したパーティーもあった。

猿倉から白馬尻までの林道をのんびりと歩く。

 

林道が終わり、白馬尻への登山道に入ると、

朝日に輝く白馬岳から小蓮華岳への山々が綺麗だ。

 

 

 

5:15 白馬尻についてビックリ。

大雪渓の末端が、白馬尻まできている。

今年は残雪が多いとは聞いていたが、ここから雪渓歩きができるとは・・・。

断然やる気度がアップ。

息子はすでに全開状態。

                               

 

                   

Imgp0473

 

白馬尻小屋前からの大雪渓です。

 

 

 

 

Imgp0476

                                                        

白馬尻の標高が1500m

ここから標高差にして700mの雪渓歩き。

アイゼンをつけて出発。

 

白馬尻 5:30 出発

                                                                  

 

                                                                 

Imgp0483

 

息子において行かれる私。

このところの運動不足で、全く息子について行けない。

 

Imgp0490

 

1800m付近は雪渓の傾斜が一番きついところ。

ここを過ぎると一気に白馬の稜線が見えてきて、疲れも吹き飛ぶ。

 

 

Imgp0501

 

雪渓の右斜面。

白馬山頂側だが、どれだかわからない。

 

 

 

Imgp0516

 

雪渓の左側、杓子岳の斜面。

こちらは常に落石があり、カチカチドンの音が絶えない。

立ち止まらず、早く通過したいところだ。

  

 

Imgp0525

 

葱平。

登ってきた大雪渓を振り返る。

遠くに、頸城山塊。左は妙高山が大きい。真ん中は高妻、乙妻山

 

 

 

葱平。(ねぎだいらじゃありません。ねぶかっぴらと読むんですよね。)

ここでアイゼンを外す。

 

ここから、頂上宿舎まで標高差500mは花が綺麗なところ。

 

 

Imgp0536

 

シロウマタンポポ

 

  

 

Imgp0538

 

ハクサンフウロ

 

 

Imgp0543

                                                

 ミヤマオダマキ  

 

                                                                        

Imgp0533

 

ミヤマキンポウゲ

 

 

Imgp0546

 

ハクサンイチゲ

 

Imgp0551

                              

Imgp0550

 

ハクサンイチゲ

 

  

Imgp0553

 

小雪渓。

ステップが切ってあり、通過はできる。

落ちたら下まで行ってしまうでしょう。

   

ここを過ぎると、避難小屋がある。

この付近の標高は2450m位。

村営頂上宿舎は2730m。

ここから稜線まで標高差300m

ずっとお花畑です。

  

 

展望と花で、歩が進まない。

  

 

ずっと上に、村営宿舎が見える。

中々着かない・・・。 

 

Imgp0554

 

                                                                   

Imgp0556

 

 

 

Imgp0563_2

 

  

 

Imgp0560

 

赤岩。

この岩は、羊背岩と呼ばれている氷河時代の名残らしい。

北アルプスが4000m級ならば、日本にも氷河があったかも・・・。

 

 

Imgp0571

 

シナノキンバイ

 

 

Imgp0573

 

稜線が近くなってきた。

                                                               

Imgp0578

 

ハイマツの間に恥ずかしそうに咲いていたイワカガミ。

                                                                    

 

Imgp0585

 

初めて見るウルップソウ(絶滅危惧種)に感激。

 

パイナップルみたいとは、うちの息子。 

 

                                

Imgp0587

 

富士山と八ヶ岳。

夏なのにこんなにくっきりと富士山が見えるとは・・・。

              

 

 

今年、私たちが行くときの北アルプスは展望に恵まれている。

普段の行いがいいのだろうか・・・?

 

 

        

そして、

  

Imgp0588

 

村営頂上宿舎につく。

 

でも、 

この上の、稜線まで行ってしまおう。

       

 

 

 

そこで、カルピスタイム。

          

Imgp0591

 

ここから、一気に展望が広がる。

 

             

Imgp0592

 

杓子岳からの縦走路と合流。

 

立山・劔が目の前。

 

         

Imgp0593

 

頂上小屋と白馬岳。

 

             

Imgp0595

 

朝日小屋遠望。

 

白馬、雪倉、朝日のコースは、花が綺麗なコースなので、いつか行ってみたい・・・。

 

            

Imgp0596

 

こちら、お隣は旭岳。

 

清水岳に続く稜線は、お花畑が綺麗なところと聞く。

ここもぜひ行ってみたいところだ。

                             

 

 

さて、山頂に向かって出発。

 

ほどなく頂上小屋に着く。

           

 

 

ここからの杓子岳と白馬鑓を撮したかった・・・。

有名な構図です。

       

Imgp0609

 

カレンダーになりそう。

 

本当は、この下から撮りたかったけど・・・。

 

   

Imgp0612

 

南アルプス遠望。

左から鳳凰山、甲斐駒、北岳、間の岳、農鳥岳。塩見が少し。

 

しかし、夏にこんなにくっきりと南アルプスが見えるとはビックリだ。 

秋ならいざ知らず。

 

 

さて山頂へ。 

 

こっから山頂を見ると、渋滞中。

 

一応、山頂は踏んで、少し離れたところから展望を楽しんだ。

              

偏光フィルターを使用しているけど、八ヶ岳、富士山、南アルプスがくっきりと!

 

         

Imgp0619

 

夏とは思えん!

 

    

Imgp0638

 

大好きな黒部五郎岳。

         

          

Imgp0646

 

山頂から大雪渓が見えるんです!。

 

 

 

今回、山頂から大雪渓が見えることを知った。

なにせ2回ともガスガスだったので。

 

ズームしてみると、     

        

Imgp0648

 

蟻のようです・・・。

連休だし、

今日、明日もいい天気みたいだから人も多い。

              

             

Imgp0653

 

こちら富山湾。

      

小蓮華岳の稜線も花が綺麗だと聞く。

 

白馬大池方面に下山しようかとも思ったが、

本日絶対下山しなくてはいけないのと、

宇都宮へ帰ることを考えて、予定通り大雪渓を下山に決定。

 

 

そんなことを息子と話していたら、小蓮華岳方面はガスの中・・・。

写真を撮れなかった・・・。

 

 

 

さて、宇都宮まで帰ります。

 

 

 

名残惜しいが下山開始。

 

Imgp0659

  

ちょっと頂上小屋に寄り道。

 

           

頂上小屋で、おにぎりタイム。

コーラ500円。

水は無料でいただけました。

        

          

Imgp0662

 

正面は、立山・劔。

  

立山の圏谷がよく見えました。

やっぱり立山の圏谷は別格です。

 

ズームしてみました。

     

Imgp0663

 

正面の圏谷は立派です。 劔沢でしょうか・・・・?

 

内助カールは氷河の名残の氷体があると聞く。

流動が確認できれば氷河になるとか・・・?

地球のロマンを感じます。

 

 

劔もズーム。

     

Imgp0664

  

劔岳。

 

 

Imgp0670

 

槍もお目見え。

 

  

Imgp0669

 

立山・劔

絵になります。 

 

 

 

頂上小屋から下山開始。

 

 

お花畑の中を下山します。

 

 

 

 

Imgp0676

 

ミヤマシオガマ

 

 

 

Imgp0681

 

村営頂上宿舎でも一休み。

 

 

 

 

 

Imgp0688

 

さて、ここから標高差1500m下山。

膝、持つんだろうか・・・。

  

 

今日はサポーターパンツ使用。

どこまでもつか・・・。

  

  

Imgp0697

 

続々と上がってくる登山者。

 

今日の小屋は、込みそう。

 

 

 

Imgp0701

 

すれ違うのも大変。

こちら上を見ると・・・、

 

 

Imgp0702  

 

こちら下をみると・・・、

 

 

 

大雪渓に吸い込まれそう。

 

 

 

いよいよ大雪渓に突入。

大雪渓からガスがぐんぐん上がる。

 

 

ヒンヤリとしてかなり涼しい。

 

 

Imgp0705

 

寒いくらい。

 

 

Imgp0707

 

かなり降りてきた。

 

ガスがなくなると暑いくらい。

  

  

 

さすがにこの時間から大雪渓突入者はほとんどいない。

まだ、お昼過ぎですけどね。

 

 

 

 

Imgp0708

 

名残惜しく大雪渓を振り返る。

 

 

 

そして、白馬尻到着。

 

 

 

 

 

 

Imgp0710

 

白馬尻から大雪渓。

 

写真真ん中の穴。

大きくなってました。

崩落したようです。

朝は、小さかったのに・・・。

 

 

 

みなさん、気をつけましょう。

 

小屋の方々の言うことは聞くべし。

 

 

 

 

猿倉 14:10 戻ってきました。

 

 

 

小日向の湯で汗を流し、長野ICから上信越道へ。

 

 

 

途中眠くてPAで仮眠。後出発も、事故渋滞で下道へ。

 

 

 

前橋南ICから再度高速北関東道へ。

 

 

22:15 宇都宮無事帰還。

 

 

 

2010.7.18 北アルプス 花の白馬岳(ダイジェスト)

2010.7.18 花の白馬岳

とりあえずダイジェストです。

レポは少々お待ちください。

Imgp0494

                                                                                                             

                                                                      快晴の大雪渓!

大雪渓が終わると、お花畑。

Imgp0563

ミヤマキンポウゲ

素晴らしいお花畑と展望で、

とにかく歩が進まない・・・。

                                                                           

湿気が少なく展望も素晴らしい

Imgp0600

シナノキッバイが咲く向こうに、杓子岳と白馬鑓ヶ岳。

花も一気に咲き出して最高でした。

とにかく梅雨明けして、湿気まで持って行ってくれたようで、

富山湾から富士山までの大展望満喫でした。

レポは今晩できるかな?

2010年7月14日 (水)

2005.8.1 北アルプス ダイヤモンドコース

2005年8月、富山県有峰から岐阜県新穂高温泉まで縦走した記録です。

実は、3年前にレポをしましたが、懐かしくなってまたレポを書きました。

少し、写真を充実させました。

行程

折立===>太郎平テント場===>薬師岳往復(泊)

太郎平===>黒部五郎岳===>黒部五郎小舎(泊)

黒部五郎小舎===>三俣蓮華岳===>双六小屋===>新穂高温泉

Dscf0811

夜明け。

薬師岳から太陽が昇る。

この辺は、標高1800m

森林限界を超え、傾斜湿原が綺麗な花を咲かせていた。

2400mの太郎平小屋で手続きをして、薬師岳向った。

山頂のカールが見たくて。

それは立派なカールだった。

Dscf4100

氷河跡。

圏谷。

国の天然記念物に指定されている。

Dscf4105

金作谷カール。

M字型に、氷河が削った底に残った堆積物だ。きれいに残っている。

Dscf4107

薬師岳山頂。

小さな祠があった。

全国の薬師岳の最高峰かな?

Dscf4109

私がいます。

Dscf0816

テント場

夕立去って。

明日登る黒部五郎を遠望する。

翌日、黒部五郎へ。

花の稜線歩き。

Dscf0821

途中から、振り返ると昨日登った、薬師岳が大きい。

Dscf0823

雲ノ平に天使のはしごがかかる。

最高の稜線歩きだ。

Dscf0825

稜線下には池糖。

雷鳥の姿が見えないが、鳴き声はよく聞こえた。

Dscf0826

黒部川源流の山々。

Dscf0829

何度も薬師岳を振り返ってしまう。

Dscf0831

雲ノ平のむこうに水晶岳。

もっと花の写真を撮っておけばよかった・・・。

Dscf4117

縦走してきた稜線を振り返る。

Dscf0801

これから進む登山道。

そして、五郎の肩につく。

いきなり、カールが目に飛び込む。

大巨人がえぐったようなカール。

Dscf0833

大きくて、カメラに収まりませんでした。

山頂を往復して五郎小舎へ向かいます。

Dscf0837

雷くるな!

Dscf0846

五郎小舎。

ここは、日本の最奥地。

本当にいいテント場でした。

夜は満天の星空。

アンドロメダ銀河が肉眼でよく見えました。

Dscf0847

翌日は、三俣蓮華からの展望が楽しみ。

Dscf0861

雲ノ平。

いい景色だ。

Dscf0866

雲ノ平と薬師岳。

Dscf0865

黒部五郎岳カール。

三俣蓮華岳からの展望。

Dscf0868

双六の稜線と槍穂高連峰。

さて、新穂高温泉へ下山開始。

途中、笠ヶ岳と鏡平への分岐付近には、お花畑が綺麗でした。

Dscf4164

花見平。

Dscf4166

ハクサンイチゲ

Dscf4168

シナノキンバイ

Dscf0877

鏡平では、おきまりの構図。

鏡池と槍ヶ岳。

結構綺麗に逆さ槍。

新穂高温泉無事下山。

これから、思い出の山行でもレポします。

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »