フォト
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

2010年6月

2010年6月27日 (日)

画像を大きくしてみました。

Dscf0831

画像を大きく表示できるんですね。

皆さんのブログの画像が大きくてうらやましいなと思っていました。

いつも適当にやっていましたが、やっと分かったというか、面倒くさかったというか。

とりあえず、試しにいくつかやってみました。

上の画像は、太郎平から黒部五郎岳へ縦走の途中から、雲ノ平と水晶岳。

5年前。

コバイケイソウの当たり年。

雷鳥が多いコースでした。

Dscf0834

これは、黒部五郎岳の肩からカールの左肩です。

綺麗なカールでした。

これが見たくて行ったんです。

Dscf0871

三俣蓮華からの笠ヶ岳。

端正な笠が印象的でした。

Dscf0966

鹿島槍ヶ岳

Dscf0980

キレット小屋からの劔岳

Dscf0100

槍の山頂からから見下ろす。

2010年6月13日 (日)

2010.6.13 尾瀬燧ヶ岳

2010.6.13 尾瀬燧ヶ岳に行ってきました。

しばらく行っていなかったと思っていましたが、

実に7年ぶりでした。

天気予報では、梅雨前の最後のチャンスのようだったので、

昨晩息子に相談すると、

「いいよ!」との頼もしいお言葉。

早速昨晩出発し、御池で仮眠。

御池 4:50 ==> 燧ヶ岳 7:40 8:10 ==>

長蔵小屋 10:10 10:30 ==> 沼山峠 11:15

先週の谷川岳がすごくいい天気だったけど、

今回は前線が近づいているので展望はイマイチ。

それでも、平が岳や越後駒ヶ岳などの展望は楽しめました。

Cimg3795 

御池のところにある湿原。

みずばしょうと黄色い花はキンコウカかな。

4:50 出発

Cimg3796

燧ヶ岳への登山道で。

Cimg3800

登って最初にある、広沢田代。

5:30頃かな。

池糖がきれいです。

Cimg3801

木道でのんびりと・・・。

しかし、御池からの燧ヶ岳登山者は少しだけで、

ほとんどいませんでした。

ビックリです。

Cimg3805

モウセンゴケ

広沢田代からさらに200m登る。

Cimg3807

途中から、奥に会津駒。

下の湿原は、広沢田代。

朝は気持ちいいです。

Cimg3811

6:20 熊沢田代。

ここで、のんびりと朝食。

しかし、山頂直下の雪渓はいやらしそう・・・。

Cimg3814

池糖ごしの平が岳。

まだまだ残雪たっぷり。

6:40 熊沢田代出発。

Cimg3817

熊沢田代を見下ろす。

奥には会津駒。

この風景好きです。

Cimg3818

雪渓を登ります。

結構急です。

落ちると下まで行ってしまうかも。

トラバースもあり。

そして、7:40 俎嵓

今日は、柴安嵓はパス。

しかし急ですね。

Cimg3820

おきまりの景色。

尾瀬沼と日光白根。

日光白根も結構雪があるな・・・。

Cimg3822

尾瀬ヶ原と至仏山。

Cimg3823

平が岳と中の岳。

8:10 下山開始。

今日は、長蔵小屋へ向かいます。

長英新道、

しかし、これが失敗でした。

登山道は沢状態。

ドロドロ・・・。

平坦になってから木道に出るまでも長かった。

やっと木道。

途端に人が多いですね。

Cimg3825

Cimg3826

Cimg3829

大江湿原越しの燧ヶ岳。

ここからの燧ヶ岳はやっぱり絵になりますね。

梅雨入り前の、のんびり燧ヶ岳と尾瀬沼でした。

2010年6月 9日 (水)

2010.6.6 谷川岳

2010.6.6 谷川岳に行ってきました。

Imgp0276

5年ぶりの谷川岳です。

5年前は、馬蹄形を縦走しました。

今回は、西黒尾根から谷川岳へ。

下りは、天神平ロープウエイ利用です。

参考までに、

白毛門登山口の駐車場 4:50 ==> 西黒尾根登山口 5:20 ==> トマの耳 9:00 ・・・ オキの耳 ・・・ 肩の小屋 10:55 ==> 天神平 12:10

土合駅の駐車場に0:00着。

缶ビール1本飲んで就寝。

外は満天の星空。

明日の好天は約束してくれたような星空。

久々ですね・・・。あんな星空見たのは・・・。

天の川が分かりました。

星好きの息子も大感動。

4:30 起床。

白毛門の駐車場へ移動。

素早く着替えて、4:50 出発。

途中、谷川岳の登山指導センターでトイレを借りて。

ここは、天然水がじゃんじゃん流れてました。

少しあるって 5:20 急登の西黒尾根登山口へ。

いきなりの急登ですが、ブナが癒してくれます。

Imgp0218

西黒尾根はいきなりの急登。

登山道も登りやすく、結構標高を稼げます。

Imgp0220

天気よし。

前回の会津駒では、デジカメのメモリーを忘れたのですが、

今日は忘れませんでした。

天気もいいので、偏光フィルターを試してみましたが、

その威力は絶大です・・・。

Imgp0240

標高1300m位になると、森林限界も近くなり

展望がより、気分も高揚。

天神平がよく見えます。

急登ですが、景色がいいと疲れも忘れます。

Imgp0242

シャクナゲ。

Imgp0244

ブナ林の間から、清水峠方面。

Imgp0252

登ってきた西黒尾根を振り返る。

今日は、

ブナ林の中では、ずっと黙っていた息子。

機嫌が悪いのか・・・、

と思っていたが、森林限界を超えて、

谷川岳の全容が見え始めたら、

しゃべるしゃべる・・・。

谷川岳お気に入りの様子。

Imgp0262

ラクダの背手前からの谷川岳。

この辺から、鎖場。

息子も楽しそうにこなしていく。

Imgp0264

マチガ沢。

Imgp0267

鎖場。

この辺から展望抜群。

Imgp0271

ラクダの背。

ここで大休止。

Imgp0273

マチガ沢を挟んで向こう側の尾根。

Imgp0281

ここからも急登です。

さわやかな風が気持ちいい。

Imgp0290

マチガ沢を見下ろす。

Imgp0292

結構楽しい岩場。

Imgp0298

天神尾根の向こうには、北岳と間の岳、そして八ヶ岳の赤岳。

Imgp0308

ハクサンイチゲかな?

Imgp0312

氷河の跡といわれる一枚岩。

結構滑ります。

谷川岳に氷河があったなんて

地球のロマンを感じます。

誰か真相を教えてください。

Imgp0314

ショウジョウバガマ。

Imgp0322

そして、いよいよ天神尾根と合流。

とにかく天気がいいので山が綺麗です。

Imgp0323

雪渓を登るとトマの耳。

最高の展望。

Imgp0330

苗場山と神楽峰。

学生時代によくスキーに行ったっけ。

Imgp0333

北アルプスは白馬連峰。

待ってろよ北アルプス。

Imgp0340

草津白根山。

Imgp0336

またまた、南アルプスは北岳と間の岳。

左は八ヶ岳の赤岳です。

Imgp0338

富士山。

Imgp0341

越後駒と中の岳。

Imgp0344

白毛門。

Imgp0346

トマの耳と一の倉岳と茂倉岳。

Imgp0347

日光白根。

Imgp0349

肩の小屋を見下ろす。

Imgp0354

平が岳。

久しく行っていない。

また行きたい山です。

Imgp0352

会津駒。

まだたっぷり雪が・・・。

Imgp0367

岸壁のシャクナゲの蕾。

まもなく咲くでしょう。

Imgp0372

清水峠方面と巻機山。朝日岳、白毛門。

Imgp0388

一の倉岳。

Imgp0398

オキノ耳からトマの耳と上越国境。

Imgp0404

肩の小屋へ。

肩の小屋で大休止。

今日は、天神平へ下ります。

天気がいいのでゆっくりとのんびりと向かいます。

Imgp0405

肩の小屋直下の雪渓を見上げる。

Imgp0422

天神尾根のブナは気持ちがいい。

Imgp0433

天神平近くから谷川岳。

帰りは、ちょっと寄り道。

湯桧曽から照葉峡経由。

湯桧曽から尾瀬の戸倉へ抜ける道で帰りました。

途中のブナ林は圧巻・・・でした。

至仏山が間近に見えるのでビックリしました。

また通りたい道です。

Imgp0436

久々の谷川岳に大満足でした。

2010年6月 5日 (土)

2010.5.31 大越路

2010.5.31 大越路

Hi3e0190

現在の鹿沼市、旧粟野町粟野と永野を結ぶ大越路峠にあったドライブイン。

今は、トンネルが抜けて快適な道となりましたが、今も変わらず旧道にあります。

ここは、中華料理やとんかつ、刺身など何でも食べられる何でも屋さんですが、

ここのそばは絶品です。

いわゆる田舎そば。

コシがあり、みずみずしいそばです。

どうしてこういうそばが作れるのだろう?と思ってしまいます。

かれこれ20年くらい前から食べに行っています。

お店も新しくなりました。

今回はホント久々に行きましたが、変わらぬうまさを維持しています。

休日は激混みなので、時間をうまく考えていきました。

Hi3e0189

ここのそばは、つゆにつけずに食べれます。

風味、コシ、みずみずしさ・・・最高です。

もりそば 480円

季節の野菜天ぷら 520円

2010.5.22 ふんよう菜館

ふんよう菜館 第二弾

ぱらぱらチャーハンと肉野菜炒めです。

チャーハン 450円

肉野菜炒め 400円

うまいです。

Hi3e0158

Hi3e0159

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »