フォト
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 2010.5.31 大越路 | トップページ | 2010.6.13 尾瀬燧ヶ岳 »

2010年6月 9日 (水)

2010.6.6 谷川岳

2010.6.6 谷川岳に行ってきました。

Imgp0276

5年ぶりの谷川岳です。

5年前は、馬蹄形を縦走しました。

今回は、西黒尾根から谷川岳へ。

下りは、天神平ロープウエイ利用です。

参考までに、

白毛門登山口の駐車場 4:50 ==> 西黒尾根登山口 5:20 ==> トマの耳 9:00 ・・・ オキの耳 ・・・ 肩の小屋 10:55 ==> 天神平 12:10

土合駅の駐車場に0:00着。

缶ビール1本飲んで就寝。

外は満天の星空。

明日の好天は約束してくれたような星空。

久々ですね・・・。あんな星空見たのは・・・。

天の川が分かりました。

星好きの息子も大感動。

4:30 起床。

白毛門の駐車場へ移動。

素早く着替えて、4:50 出発。

途中、谷川岳の登山指導センターでトイレを借りて。

ここは、天然水がじゃんじゃん流れてました。

少しあるって 5:20 急登の西黒尾根登山口へ。

いきなりの急登ですが、ブナが癒してくれます。

Imgp0218

西黒尾根はいきなりの急登。

登山道も登りやすく、結構標高を稼げます。

Imgp0220

天気よし。

前回の会津駒では、デジカメのメモリーを忘れたのですが、

今日は忘れませんでした。

天気もいいので、偏光フィルターを試してみましたが、

その威力は絶大です・・・。

Imgp0240

標高1300m位になると、森林限界も近くなり

展望がより、気分も高揚。

天神平がよく見えます。

急登ですが、景色がいいと疲れも忘れます。

Imgp0242

シャクナゲ。

Imgp0244

ブナ林の間から、清水峠方面。

Imgp0252

登ってきた西黒尾根を振り返る。

今日は、

ブナ林の中では、ずっと黙っていた息子。

機嫌が悪いのか・・・、

と思っていたが、森林限界を超えて、

谷川岳の全容が見え始めたら、

しゃべるしゃべる・・・。

谷川岳お気に入りの様子。

Imgp0262

ラクダの背手前からの谷川岳。

この辺から、鎖場。

息子も楽しそうにこなしていく。

Imgp0264

マチガ沢。

Imgp0267

鎖場。

この辺から展望抜群。

Imgp0271

ラクダの背。

ここで大休止。

Imgp0273

マチガ沢を挟んで向こう側の尾根。

Imgp0281

ここからも急登です。

さわやかな風が気持ちいい。

Imgp0290

マチガ沢を見下ろす。

Imgp0292

結構楽しい岩場。

Imgp0298

天神尾根の向こうには、北岳と間の岳、そして八ヶ岳の赤岳。

Imgp0308

ハクサンイチゲかな?

Imgp0312

氷河の跡といわれる一枚岩。

結構滑ります。

谷川岳に氷河があったなんて

地球のロマンを感じます。

誰か真相を教えてください。

Imgp0314

ショウジョウバガマ。

Imgp0322

そして、いよいよ天神尾根と合流。

とにかく天気がいいので山が綺麗です。

Imgp0323

雪渓を登るとトマの耳。

最高の展望。

Imgp0330

苗場山と神楽峰。

学生時代によくスキーに行ったっけ。

Imgp0333

北アルプスは白馬連峰。

待ってろよ北アルプス。

Imgp0340

草津白根山。

Imgp0336

またまた、南アルプスは北岳と間の岳。

左は八ヶ岳の赤岳です。

Imgp0338

富士山。

Imgp0341

越後駒と中の岳。

Imgp0344

白毛門。

Imgp0346

トマの耳と一の倉岳と茂倉岳。

Imgp0347

日光白根。

Imgp0349

肩の小屋を見下ろす。

Imgp0354

平が岳。

久しく行っていない。

また行きたい山です。

Imgp0352

会津駒。

まだたっぷり雪が・・・。

Imgp0367

岸壁のシャクナゲの蕾。

まもなく咲くでしょう。

Imgp0372

清水峠方面と巻機山。朝日岳、白毛門。

Imgp0388

一の倉岳。

Imgp0398

オキノ耳からトマの耳と上越国境。

Imgp0404

肩の小屋へ。

肩の小屋で大休止。

今日は、天神平へ下ります。

天気がいいのでゆっくりとのんびりと向かいます。

Imgp0405

肩の小屋直下の雪渓を見上げる。

Imgp0422

天神尾根のブナは気持ちがいい。

Imgp0433

天神平近くから谷川岳。

帰りは、ちょっと寄り道。

湯桧曽から照葉峡経由。

湯桧曽から尾瀬の戸倉へ抜ける道で帰りました。

途中のブナ林は圧巻・・・でした。

至仏山が間近に見えるのでビックリしました。

また通りたい道です。

Imgp0436

久々の谷川岳に大満足でした。

« 2010.5.31 大越路 | トップページ | 2010.6.13 尾瀬燧ヶ岳 »

日光・会津」カテゴリの記事

コメント

新緑と青空がいい色してますね。
私も偏光フィルターを使ってみたくなりました!
よっしー様はレンズ1本で撮影ですか?
私は広角と望遠も持っていきますが、重いのが難点…

ブナの蛍光色のような新緑に大人は癒されますが、若い人はスリルを求めてしまうのかな?
うちの子供も山登りに付き合ってくれたらうれしいのに…

0041様
偏光フィルターを使うとファインダーでもよく分かります。
ビックリです。
望遠側より広角の方が顕著ですね。
晴れだと、空と緑がすごい鮮やかです。
私のレンズは18-200mmなので、
実質28-300mmでしょうか・・・。
広角が欲しいですけど・・・、今は1本です。
ブナの新緑はいいですね。

子供をよく山に連れて行ったのは尾瀬ですが、
息子はヒョイヒョイついていきましたけど、
娘は全然ダメでした。
今では私と息子の裏番組で、かみさんと娘は横浜ですから・・・。

ほーんと!空が真っ青ですね~
この日は本当に山日和で
気持良く歩けましたよね~
ご子息様、益々たくましくなって
この夏のテント泊が楽しみですね。
(^。^)y-.。o○

mikko様

この日は本当に最高の山日和でしたね。
この時期としては本当に珍しいですね。
まもなく梅雨なので、これからは展望は期待
できなくなりますね・・・。

夏山は行きたいなと思います。
体力をつけなければ・・・。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/188235/35127361

この記事へのトラックバック一覧です: 2010.6.6 谷川岳:

« 2010.5.31 大越路 | トップページ | 2010.6.13 尾瀬燧ヶ岳 »