フォト
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 2010.4.11 木賊温泉とホルモン末広 | トップページ | 2010.5.2(2日目) 北アルプス燕岳 »

2010年5月 3日 (月)

2010.5.1(1日目) 北アルプス燕岳

2010.5.1から1泊で、燕岳へ行ってきました。

Imgp0099

5月1日 中房温泉 7:00 === 燕山荘 12:00

5月2日 燕山荘 9:00 === 中房温泉 11:45

北アルプスのテント泊が初めての息子には、

ちょうどよい残雪期入門コース。

しかし、今年は4月に入ってから寒気が入り、

南岸低気圧が通るたびに、山は雪・・・。

今年は日光の男体山もまだ白い。

実は、

2週間前に関東で記録的な遅雪の降った翌日の

日曜日に、息子と男体山へ登りに行ったんですが・・・。

中禅寺湖半でも大雪で、男体山も真っ白。

登山道は、雪雪雪。

息子は山頂まで行きましたが、

私は8合目でダウン・・・。

はっきり言って、ショックでした・・・!

男体山に登れなかったなんて・・・。

さて、今回は息子との前々からの約束でテント泊。

体力・・・

不安でした!

だから、まずは

天気のよいときに登ること。

なんて言っても天気は重要です!

私の場合、展望がよければ登れてしまうのです。

実は4/30の夜に宇都宮を出るときには、

燕岳にするか、涸沢にするか・・・・

迷ってました。

どうも寒気が入り怪しい・・・。

4/30は宇都宮も夕方は雨雨雨・・・。

迷いながらの出発。

ここで、0041様からメールが入る。

http://win21.at.webry.info/

0041様は、丹沢で富士山をゲットとのこと。

我々も快晴の北アルプスをゲットしたいところ。

4/30 25:00

いつも使う安曇野の掘金の道の駅で仮眠。

朝起きると山には雲が・・・。

悩む。

いったんは涸沢に決めて、沢渡へ向かうが

息子の残念そうな顔を見て、

そして、晴れを信じて

燕岳へ決定。

前置きが長くなりましたが、

中房温泉へ!

みるみる雲がとれて行くではありませんか!

気分は絶好調になってきました。

今日は登るだけだし、

夕方までにテント場へつけばいいや。

なんて気楽な気分で出発。

中房温泉 7:00出発。

Imgp0029

山は新雪じゃありませんか。

これは、

冬のような景色が期待できるとうれしくなる。

順調に第1ベンチ。

Imgp0034

ここで、アイゼン装着。

息子初のアイゼンに満足の様子。

しかし、前回の男体山の時は、

吐きそうだし、気持ちは悪くなるは、頭痛はするしで、

最悪だったが・・・、

今回は、ここまで心配なし。

息子には絶好調宣言してしまいました。

Imgp0036

第1ベンチからずっと雪道です。

Imgp0039

合戦小屋の荷揚げ用のケーブルとの交差付近から。

上は新雪です。

Imgp0046

この辺は、第3ベンチから富士見ベンチめ向かう途中。

なぜか、この辺も楽勝気分。

やっぱり天気は重要ですね。

Imgp0047

合戦小屋手前から。

大天井岳。

大天荘も見えました。

そして、合戦小屋へ。

Imgp0055

合戦小屋付近で2m位の積雪かな?

こちら、2006年GWの合戦小屋です。

Cimg0389

この年は大雪で、合戦小屋の屋根が少ししかでていなかったのです。比較すると今年は少ないですね。今年はトイレが使えましたけど、4年前はトイレが埋まっていて使えませんでしたから。

ただし今年は新雪なので雪は白くてきれいでしたけど。

Imgp0057

さて、合戦小屋から少し登ると、槍がお目見えです。

そして、尾根へ出ると、一気に展望が広がりました。

Imgp0059

大天井岳。

Imgp0063

北へ向くと、餓鬼岳、針の木岳。

Imgp0070

振り返ると、安曇野。

息子も大満足の様子。

Imgp0073

最後の合戦尾根。

ここから、歩が進まない・・・。

苦しいのではありません。

展望が最高で進まないのです!

しかし今年は、山が綺麗。

これは明らかに寒気の影響で降った新雪のおかげ。

白くて冬山のようですね。

真冬のような雪の純白さが本当に綺麗でした。

しかし、谷筋には雪崩がたくさんありましたけど。

みなさん気をつけましょう。

Imgp0074

さて、頸城三山。

右から妙高、火打、焼山。

火打ちはひときわ白いですね。

大好きな火打山、また行きたい山です。

Imgp0077

表銀座縦走路の向こうに、槍がだんだんと見えてきます。

そして、

Imgp0079

大好きな鹿島槍。少し霞んでますね。

Imgp0087

何回も振り返ってしまいます。

あ~ここまでこれてよかった。

Imgp0075

もう少し。

そして、12:00 燕山荘着。

全装で登れました。

うれしいです。

やっぱり天気は重要です。

展望前に、さっそく要塞つくり。

しかし、まったくテントを張った形跡なし・・・。

全部新雪・・・。

山荘からスコップを借りました。

持ってきたスコップでは何時間かかるやら・・・。

やっぱり工事用は強い・・・!

それでも、

テント張るのに1時間30分かかりました・・・。

風が強いのでしっかりと作らなければならないが、

今日は強い味方、

息子がほとんど作ってくれました。

私も少し作りましたが、貧血気味で・・・。

いや~、マジで貧血。

50cm積んで、50cm位掘ったかな。

風よけは十分でしょう。

今宵の我が家です。

Imgp0088

この後は、燕山荘で遅い昼食。

息子はトトロそば、私は豚汁を。

しかし、ここの食事は美味しいです。

昨年のシルバーウイークのときに

食べたラーメンも美味しかったけど、

今回のトトロそばも美味。

つゆが最高でした。

食事後は、展望を楽しみました。

Imgp0089

まずは槍方面。

Imgp0091 

裏銀座方面。

4年前の裏銀座縦走を思い出します。

↓4年前のレポ

http://app.f.cocolog-nifty.com/t/app/weblog/post?__mode=edit_entry&id=5785120&blog_id=195490

しかし、残雪期とは思えないほど純白の山々です。

Imgp0090_2

槍ズーム。

Imgp0101

安曇野。

Imgp0108

だいぶテントが増えました。

我が家の要塞は高さがあるので、

頭が少し見えるだけ・・・。

Imgp0111

燕山荘。

小屋は暖かそうです。

Imgp0116

夕食前に、息子と二人で展望を楽しむも、

雲がとれず・・・。

しかし、寒かったです・・・。

17:00 夕食準備。

カレーです。

瞬間美食のチキンカレー。

雑誌に載っていて美味しいと好評だったようなので

使ってみましたが、はっきり言って美味いです。

Imgp0123

息子も満足。

Imgp0132

山荘前には、写真を撮る方々が・・・。

私は、アルコールの影響で外に出る気全くなし。

でも夕日は綺麗なので、

テントから出ずに裏銀座方面を1枚。

Imgp0126

夕暮れとともに記憶が薄れていく・・・。

しかし、一晩中風がバタバタとしてました。

なんといっても私のシュラフは3シーズン用で羽毛400g。

ダウン着て寝ましたが寒くて寒くて。何回も目を覚ましました。

息子は冬用の羽毛700gを使用したので爆睡でした。

そして、朝。

Imgp0136

マイナス5℃。強風で体感温度はマイナス10℃以下。

2日目は ↓

http://app.f.cocolog-nifty.com/t/app/weblog/post?__mode=edit_entry&id=60943099&blog_id=195490

« 2010.4.11 木賊温泉とホルモン末広 | トップページ | 2010.5.2(2日目) 北アルプス燕岳 »

北アルプス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/188235/34495742

この記事へのトラックバック一覧です: 2010.5.1(1日目) 北アルプス燕岳:

« 2010.4.11 木賊温泉とホルモン末広 | トップページ | 2010.5.2(2日目) 北アルプス燕岳 »