フォト
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年11月

2009年11月 8日 (日)

2009.11.7 女峰山

またまた女峰山へ行ってきました。

今回はカメラを忘れてしまったので、だいじぇすとです。

Hi3e0113

男体山、大真名子、小真名子の山並み。

さて、

息子の試験明けに合わせて、息子がまだ行ったことのない

女峰へ。

男体山と白根山は小学校のときに登っているが、

女峰はなかなか機会に恵まれなかった・・・。

本当は、0041様のレポに刺激され、

霧降から赤薙、奥社、一里が曽根経由で女峰を

目指す予定が、寝坊してしまった。

と、いうより明け方から私のおなかの調子が悪くて・・・。

出発までチョット横になったら時間が過ぎてしまった・・・。

なので、志津乗越から女峰山へ。

そして、帝釈山、富士見峠経由で帰ってきました。

山頂では展望を楽しめました。

少し霞んでいましたが、平が岳や越後駒などよく見えました。

カメラを忘れたため、すべて携帯電話での画像です。

あしからず・・・。

女峰と帝釈の間、通称「つり尾根」は、雪があり楽しく歩けました。

多いところで30cmくらいでしょうかね。

帝釈から富士見峠まではずっと雪の上でした。

上部はフカフカで歩きやすかったです。

Hi3e0103

志津へ向かう途中の戦場ヶ原。

山ノボラーには、なかなかこのタイミングで戦場ヶ原を

通過するのはありえないので、朝寝坊に感謝・・・。

霜に朝日があたり、キラキラと綺麗なんですよ。

ダイヤモンドダストまでとはいいませんけど。

でも、その綺麗さが写りません・・・。残念。

Hi3e0104

Hi3e0108

林道からの男体山。

こっち側からは、あまり大きく見えません。

Hi3e0110

この場所からの女峰は大きくて、私の大好きなポイントです。

ただし、橋のガードレールと看板がジャマですけど・・・。

明らかに、男体山より幅がありデカイ。

Hi3e0111

いきなり山頂からの白根山です。

つり尾根は雪があり結構楽しめました。

Hi3e0114

富士見峠。

Hi3e0115

林道も日が当たらないところは雪が残っていました。

息子も女峰を好きになったようです。

でも久しぶりだったので筋肉痛になったようでした。

私は大丈夫でしたよ。

さて次はどこに行こうかな・・・?

2009年11月 3日 (火)

2009.11.3 初冠雪

今シーズン初めての冬型の気圧配置となり

各地で初雪となったようですね。

もっときれいな縦縞模様の冬型の気圧配置となるかと思いましたが、

チョット変形してました。

宇都宮も初霜だったようです。

宇都宮の初霜の平年日は、

確か10月27日だったと思います。

平年より少し遅いけど、このところの温暖化で、

ここ数年では早いんじゃないですかね。

Dscf1188

朝から仕事をして、午後から日光へ。

上の写真は、霧降大橋の手前からの女峰です。

霧降高原への道路は、標高800m付近から雪がありました。

雪もちらつき寒かったです。

Dscf1192

チョットズームしてみました。

昔の霧降高原スキー場は真っ白です。

もっとズームしてみると、

Dscf1193

車で行ってみることにしました。

Dscf1198

霧降高原道路の最高地点1450m付近の駐車場はこんな感じでした。

関東平野が綺麗でした。

Dscf1197

真ん中の小さな山は筑波山です。

Dscf1195

高原山(たかはらやま)も初冠雪です。

そして、南方面をよーく見ると、

新宿の高層ビルが見えました。

何回も見たことがあるので、特にビックリはしませんが、

今日はたまたま車にカメラをつんでいたのでラッキーでした。

Dscf1202

写真の真ん中の輝きは、

ちょうど太陽の光がビルの窓かなにかに当たり、

霧降高原の方向に向いたんでしょうかね。

数分間で消えました。

クリックすると写真が拡大します。

ビルがわかりますよ。

Dscf1206

数分後、光は消えました。

このあと、霧降高原の温泉に入り帰りました。

休みが終わってしまった・・・。

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »