フォト
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 越後駒ケ岳ダイジェスト 2009.9.27 | トップページ | 2009.10.4 福島県ドライブ だいじぇすと »

2009年9月28日 (月)

越後駒ケ岳 2009.9.27

越後駒ケ岳に行ってきました。

Dscf1112

ずっと行けなくて残ってしまった越後駒ケ岳。

枝折峠から行ってきましたが、長いですね・・・。

平が岳までとはいいませんが、尾根歩きが長くて疲れました。

まだ体力の復活していない私にとっては

正直選択ミスでした。

行程

枝折峠 5:55==>明神峠 6:30==>行道山7:05

==>小倉山 7:50~8:00==>百草の池 8:30

==>前駒 9:00~9:05==>駒の小屋 9:25~9:35

==>越後駒山頂 9:50~10:15==>百草の池 11:00

==>小倉山 11:25~11:35==>行道山 12:05

==>明神峠12:55==>枝折峠13:20

息子に越後駒どう?と誘うと、行きたいけどテストが・・・。

(かみさんが本当はプレッシャーをかけたようで却下・・・。)

仕方なく、一人で前日の夜、宇都宮を20:00に出発。

荒沢岳にするか、越後駒にするか迷っていた。

しばらくぶりなので、荒沢の鎖場はチョット怖いかなと・・・。

ということで、まだ登っていない越後駒に決定した。

23:40に枝折峠に着くと、満点の星空。

アンドメダ銀河を肉眼で観測できた。

明日の、晴れを期待して寝たが、朝は曇り・・・。

晴れることは確実だが雲の多い天気。

5:55 枝折峠出発。

枝折峠からは、越後駒の右肩ぐらいが見えるがはるかに遠い。

あんなに遠いのかと少し不安になった。

出発して、尾根に上ると駒が見えてきて、

遥彼方に駒が見える。

あの尾根越えて、さらにむこうの尾根を越えて・・・。

見える尾根の距離をみて

少しどころかかなり後悔した。

地図を広げると、尾根沿いにかなりアップダウンと

標高を稼がない尾根が永遠と続く。

帰ろうかな・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・と思ったが、

ここで帰ったら、他の登山者が何と思うのだろう何て考えると

帰れない・・・。

標高1200~1300mの尾根を登ったり降りたりで

ほとんど標高を稼がないまま2時間。

途中、団体さんの後ろになり小倉山までは

ずっと後ろをついていった。

おかげで少しはゆっくり歩けたかな。

あんまり尾根が長いので、自分にあせらずにゆっくり

行こうと言い聞かせてもあせるあせる。

小倉山で団体さんを追い越してから百草の池へ。

百草の池からやっと山らしくなってきた。

Dscf1101

登り始めの尾根から銀山平方面。

Dscf1103

やっと見えた越後駒。

遥彼方・・・。

Dscf1107

行道山付近から。まだ遠い。

右のピークが小倉山。

Dscf1112_2

小倉山手前の展望のよい場所から。

雲が取れてきてやっと意気高揚してきた。

でも手前の尾根を横切ります。

Dscf1116

百草の池てまえからの前駒。

やっと山らしい登りになる。

ここにきて越後駒の険しさが見えてくる。

Dscf1119

前駒の尾根付近から。

Dscf1121

この尾根を登って駒の小屋です。

Dscf1123

やせ尾根からスラブ状の谷。

中央のピークが小倉山。

写真では、その凄さが伝わらないが、凄い谷です。

そして、やっと

Dscf1124

駒の小屋。

Dscf1125

最後の急登。

尾根に出ると山頂かと思ったら、右に折れて山頂です。

Dscf1128

もう一息。

そして、越後駒ケ岳山頂です。

下は、八海山。

Dscf1129

下は

紅葉の駒山頂と奥は中の岳。

中の岳には5年前に十字峡から登っている。

Dscf1130

山頂では、つくばから来たという、すてきな女性と山談義。

SWは九州の山へ行っていたとのことでした。

とても健脚な方でした。

Dscf1135

いよいよ下山。

Dscf1136

駒の小屋

Dscf1137

荒沢岳。

前クラが見えます。

再度訪れたい山のひとつだ。

Dscf1138

雪の多さを物語る雪渓

Dscf1139

百草の池。

この辺は紅葉が綺麗だった。

百草の池付近から越後駒を振り返る。

Dscf1141

百草の池を越えると、再び永遠と続く尾根歩き。

13:20

なんとか枝折峠に戻ってきました。

コーラ がメチャクチャ飲みたかったです。

今回は本当に体力の限界を感じました。

今の私には、体力的に無理のあるコースだったと思います。

何とか歩けたのは、

過去の経験が少しでもあったからだと思います。

体力に余裕ができたら、もっと楽しみながら登りたい越後駒でした。

« 越後駒ケ岳ダイジェスト 2009.9.27 | トップページ | 2009.10.4 福島県ドライブ だいじぇすと »

その他の山々」カテゴリの記事

コメント

枝折峠に13時台に戻ってきて「体力が復活してない」はないですよ~。もう十分戻ってきているんじゃないですか?

浅草岳でIさんとよっしーが二人でモリモリ登っているのを後ろから眺めていて「強いな~」と思ったのを思い出しましたよ。

よっしーの記録を見て久々にこのエリアを歩きたくなりました。谷川馬蹄歩きでもしようかな。ではでは。

よっしー様の体力、激しく深山様に同意ですよ。
これで体力が復活していないとしたら、復活した時が・・・
コーラは飲まれました?
あれは疲れた身体に染み渡りますよね!

ふかちゃん

いや~、枝折峠に13時台に戻ったとはいえ、
とても復活したとはいえませんよ。
バテバテだったから。

それよりも、雲の切れ間から見えた
兎岳から荒沢岳までの稜線は、
超大で凄いきつそうだなと思いました。
ふかちゃん、本当によく枝折峠から
越後駒・中の岳・兎岳を
超えて、荒沢岳まで行ったね!
凄いと思いましたよ!
私も死ぬまでには一度行きたいコースですよ!

0041様

私の体力、激しく戻っていませんよぉ。
水1リットル、カルピス1リットルを
飲み干してしまい・・・、最後は本当につらかったです。
コーラが飲みたくて飲みたくて仕方がなかったです!
もちろん飲みましたよ!
銀山平の伝之助小屋の前の自販機で買いました!
水もうまかったですよ!
以前ならば、夏の北アルプスでも1日で500ml位しか
飲まなかったんですけどね。
その分、テントでビールでしたけどね。
月曜日の白毛門は残念でしたね。
ぜひいい天気のときに行ってくださいね!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/188235/31558132

この記事へのトラックバック一覧です: 越後駒ケ岳 2009.9.27:

« 越後駒ケ岳ダイジェスト 2009.9.27 | トップページ | 2009.10.4 福島県ドライブ だいじぇすと »