フォト
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 2009.8.8 仙丈が岳 | トップページ | 女峰山 2009.9.13 »

2009年8月29日 (土)

2009.7.26 奥只見

2009.7.26 奥只見

ドライブの記録。

桧枝岐から奥只見へ向かう・・・。

雨覚悟が、燧ケ岳はバッチリ。平が岳も良く見える。

越後駒・中の岳も期待できるかと思ったが、こちらは不機嫌。

宇都宮10:30===>桧枝岐13:00===>鷹ノ巣13:40===>銀山平14:30・・・白銀の湯15:00===>小出IC15:40===>大田薮塚IC17:40===>宇都宮19:00

桧枝岐から銀山平まで60km。長い山道。いいドライブコース。かなり道が良くなっていた。

実は2001年に荒沢岳に行ったとき、鷹ノ巣と銀山平のちょうど中間地点で、車がパンク。

十字レンチがなくて、タイヤの交換できず・・・。

こんなところでビバークか・・・。

対向車は1時間たっても通らない・・・。

しかたなくパンクした車で銀山平へ向かったところで、夜8時、道路整備の公団の車が通り、神さまのように感じた。

今日その場所を確認した。懐かしかった・・。

Hi3e0014_2

キリンテ手前からの燧ケ岳。何とか天気持つのかな。

Hi3e0016

御池手前。ブナ平。

立派なブナの原生林。

Hi3e0017

御池のバスステーション。

御池は久しぶり。

バス乗り場が立派になっていた。

御池からさらに奥只見銀山平へ進む。ここから50km。

Hi3e0019

御池を過ぎて、燧ケ岳が顔を出す。

鷹ノ巣まで標高差800m下る。

平が岳も良く見えた。

Hi3e0020

福島県と新潟県の県境。

鷹ノ巣から銀山平まで35km。

Hi3e0021

夏だけ鷹ノ巣で過ごす農家の方が、畑仕事をしている。

なぜか落ち着く風景。

Hi3e0022

平が岳登山口。ここから往復24km。

ここから平が岳に2度ほど登った。

チングルマが綺麗な季節であった。

再度登る機会はあるのだろうか・・・?

Hi3e0023

鷹ノ巣付近。

6年前に泊まった、ヒュッテふらんどるはやっていなかった・・・。

囲炉裏を囲んで、地酒と岩魚の塩焼き、

ふらんどるの庭先で取れた自家製の野菜料理。

いつもの相棒との、平が岳登山の前夜であった。

なにかさびしい気がした。

Hi3e0025

奥只見ダムを巻くようにある樹海ライン。

Hi3e0027

恋ノ岐越からの会津駒ケ岳。

栃木県から側とは反対から見た形である。

Hi3e0028

ほぼ中間地点。恋ノ岐越。

Hi3e0029

荒沢岳から東に伸びる尾根の末端。

2001年、パンクをしたのは、この山が見える場所だった。

車を運転しながら、その場所を確認した。

銀山平まで14km地点である。

しかし、今日は天気がいい。

銀山平に着くと、キャンプ場でイベントあり。

結構な数の観光客。

荒沢岳・越後駒は残念ながら雲の中。

銀山平の西の奥、白銀の湯へ向かう。

Hi3e0032

平が岳登山者の方と一緒になり、久々に山談義。

中の岐林道からの登山とのこと。

今は、ここからがメインルートとなっているのかな。

風呂からは、越後駒が見えず残念。

さて、15時。

小出ICから関越道経由(途中渋滞でノロノロ)で19時無事帰還。

« 2009.8.8 仙丈が岳 | トップページ | 女峰山 2009.9.13 »

ドライブ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/188235/30709935

この記事へのトラックバック一覧です: 2009.7.26 奥只見:

« 2009.8.8 仙丈が岳 | トップページ | 女峰山 2009.9.13 »