フォト
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 蝶が岳 2007.8.19 | トップページ | 只見町 2007.10.7 »

2007年8月24日 (金)

蝶が岳山行 2007.8.19

先週の11日に男体山に久々に登ったけど、下りが辛かった・・・。 登りは何とかなりそうだけど、下りが不安であるが、19日(日)を逃すと休みがない・・・。 ということで、18日(土)仕事を終わし夕方6時に宇都宮を出発。 上信越道をとばして、夜の10時に長野県堀金村の道の駅到着。 フォレスターの後ろの座席を倒すとフルフラットになって、寝心地は最高。 明日の朝4時に目覚ましをかけて寝た。 6時間寝られれば大丈夫だろうと思ったが、興奮して中々寝付けなかった。

19日(日)朝4時に起床。 途中コンビニへへ寄っておにぎりをゲット。 ダイエットのためおにぎり1個とサラミ1本と100円のチョコレートのみを持って登山口の三股へ向かう。 

途中、帰りに入る温泉ほりでーゆ四季の郷を確認して進むと・・・、なんとゲートが締まってるじゃないか・・・。 朝5時に開くらしい。 しかし、一般車乗り入れ禁止・・・。 昨年の梅雨の時期の土砂崩れの修復工事が終わっていないらしい。 さらにタクシーのみしか入れない。 往復料金は5500円位かかるという・・・。 今日は単独の上、高速料金がかさむ・・・。 さらに予定外のタクシー料金まで・・・。 仕方なくタクシーを呼んだ・・・。 ジャスト5時に来てくれるというので、ほりでーゆ四季の郷の登山者専用駐車場に車を停めて、準備に取り掛かった。

出鼻をくじかれたが、とりあえず天気は快晴。 槍穂高連峰の展望は期待できそうだが、出発が遅くなったのが気にかかる。 タクシーの運ちゃんと話しながら15分ほどで三股到着。 1番乗りだが、登山者カード記入のところには人がいて、しっかりと記入させられました。

コースタイム

三股(5:30)===>力水(5:55)===>1800m付近(6:30 6:35)===>まめうちだいら(6:45)===>2250m付近(7:30 7:35)===>蝶が岳ヒュッテ(8:30 9:25)===>まめうちだいら(10:25 10:30===>三股(11:25) 

三股から10分ほどで、常念岳分岐。 左の沢沿いに進みます・・・。 

Cimg1645_2

と、右斜面の崖の上20mくらい上から、もの凄いガサガサ音が・・・。 笹をかき分けて斜面を勢いよく登っていく・・・。 姿は見えなかったけど、一匹だし・・・。

熊 熊 熊   ですよ!

いや~びびった~。 

ココからとばしましたよ! 何回も後ろを振り返って・・・。 生きた心地がしなかったです。

Cimg1647_2

途中の沢沿いからの蝶が岳方面。 たぶん蝶槍かなぁ。

やっと、つり橋を渡って斜面に取り付く。 力水を飲んで進むが、広葉樹林帯は熊がいそうで怖かった。 1600m付近から針葉樹林帯になってきて、やっと落ち着きましたよ!

Cimg1652

木々の間からの常念岳です。

Cimg1656

まめうちだいら。 地図上の場所とはかなりづれていますね。 1900m付近でした。

Cimg1658

まめいつだいら付近の大シラビソの樹林帯です。

Cimg1659

蝶が岳方面。だんだんと稜線が近づいてきます・・・!

Cimg1661

常念岳も高さが低くなってきました!

Cimg1668

そして、森林限界を超えると・・・、いきなりきれいなお花畑です!

Cimg1669

まもなく稜線です!

Cimg1671

ハイマツの向こうに槍穂高が見えました。 稜線の向こうに槍穂高が、パッと広がったときは、本当に感動しましたよ! 

そして、稜線へ・・・。

Cimg1672

穂高連峰です・・・! 下には、梓川が見えますね!

そして、

Cimg1673

槍・・・!

Cimg1674

ちょっとズーム! 槍沢がよく分かりますよ。

Cimg1675

穂高ズーム! 涸沢カールがよく分かります。 涸沢小屋が見えました。

Cimg1682

槍穂高連峰が何とか1枚に入りました!

Cimg1676

常念岳方面。 左奥は大天井岳。

山頂からは、いつもうるさい御○○番にTELしましたよ!

Cimg1685

蝶が岳ヒュッテ。 左奥は富士山と南アルプスです。

Cimg1686

ズームすると分かります。

Cimg1687

八ヶ岳! 左端は蓼科山。

Cimg1695

上高地方面。 焼岳。

Cimg1701

テント場。 5年前に一度泊まりました。

そして、下山です。 名残惜しいけど、帰りは一般道で帰るので、早めの下山です。 でも、1時間近く山頂にいたんですよ!

Cimg1704

ハイマツ越しに三股方面。 11:25に三股着。 

さて、登り3時間ジャスト。 久々の標高差1400mの割には、自分なりには満足なタイムでした。 最初の沢沿いの30分はほとんど高度が稼げないので、登り3時間はうれしいです。 下りは2時間ジャスト。 久々に膝が痛くなりました。 かなり・・・! サポータータイツはいていたんですけどね・・・。

帰りもタクシーで。 そして、ほりでーゆ四季の郷で温泉(500円)に入り、12時30分出発。 宇都宮には夕方6時に着きました。

今度はいつ行けるのだろう・・・。

« 蝶が岳 2007.8.19 | トップページ | 只見町 2007.10.7 »

北アルプス」カテゴリの記事

コメント

何かレポを急がせてしまったようですみません。
蝶が岳のレポ、堪能させてもらいました。
山頂からの展望は素晴らしいですね。画面いっぱいに表示して見入りましたよ!

タクシー代はショックですね。9月からは一般車も三股まで入れるようになる予定だそうです。
よっしー様は熊と会う確立が高いですね。昨年もありませんでしたか?

またしても熊ですかっ!!
(思わず笑ってしまいました~)

しかし、相変わらず高速登山ですね♪
最近の自分はさらに鈍足です。
いっしょにいっていたら、熊に捕捉
されていたかも(笑)

綺麗な眺望写真のレポ楽しませて頂きました。
この晴天で穂高と槍が一枚に納まった写真は価値がありますね。
それにしても登りが3時間・下り2時間とは・・・
登山ルートが違うにしても、自分は何をしていたのだろうかと落ち込みますよ!(; _ ;)
よっしーさんって熊との遭遇率が高いのですね。
今後もお気をつけて下さいねー

 お疲れ様でした。山頂よりの電話ありがとうございました。よく熊君に出会うようで羨ましい限りです。
 久しく蝶には行っていませんが、できれば、常念まで、あのタフなコースを行って欲しかったと思います。ヘトヘトになった記憶があります。もっとも、その時は徳沢からだったので、余計にバテたのかも知れません。
 快足のよっしー様ですが、少し足をゆるめて、これからは植物の写真なども掲載して下さい。
 過日、家内と立山室堂まで行きました。好天の下で周囲の山々を堪能しました。残念ながら、登ることはできませんでした。

>0041様
別にレポ急いでいませんので大丈夫ですよ!

蝶が岳は、前日の午後まで天気図と
にらめっこして、決断しました。
行って正解でした。
やっぱり天気がよければ大満足ですよ!
今度はいつ行けるか分かりませんが、
9月は、桧枝岐の御池から燧ケ岳、
そして尾瀬ヶ原へ下山して、
裏燧林道を通って御池へ戻るコースを
考えています。
裏燧林道は静かでいいですよ。

mikko様

コメントありがとうございます。
それにしても、熊にはクマりました。
なんてつまらない駄洒落言っている場合ではなくて・・・。
朝一だし、登山者もいなかったし、
本当にビビリました。
昨年のふかくんとの大朝日岳のときも
ビビリましたけど・・・。
今回は姿は見えなかったけど、今回は至近距離だったので・・・、
自分の心臓の音が聞こえましたから・・・。

こちらも、mikko様の東北と北アのレポ
楽しみにしてますよ!


singoさん、コメントありがとうございます。
またしても、熊ですよ!
参りました・・・。

さて、シンゴさんも仕事忙しそうですね。
お盆中の、北アのレポ楽しみにしてますよ!
雲ノ平は、本当は今年狙っていましたが、
忙しいのでいつ行けるか分かりません。
しばらくいけそうもない雲ノ平のレポ、
凄い楽しみですよ。
全く同じコースを考えていましたので・・・!
ゆっくり早く、レポお願いします。

ご意見番様

蝶が岳山頂からお電話失礼しました。
あの時は、感動が大きくて熊のことは
忘れていましたよ!

しかし、常念まで縦走しなくてよかったです。
体力が持たなかったと思いますよ。
常念岳からは三股まで、下れなかったと
思います。
膝がもたなかったと思いますよ。

立山室堂へ行ってきたのですか。
奥様を大切にして、
山に連れて行ってあげて下さい。

よっしーさん
こんにちは。このエリア、歩いたことがないので、じっくり読ませていただきました。
やっぱりアルプスはすごいわ~の一言ですね。

相変わらずお忙しい日々が続いていらっしゃるようですね。
どうか、お体無理なさらずに・・・
山は待っていてくれますよ!

tomomi様
こんにちは。tomomi様がこのコースを歩いたことないとは・・・、
びっくりデスね!
もうすでに、行っているかと思っていました。
展望が素晴らしいコースですので、
行ってみてください。

仕事は相変わらず忙しいので、
テント泊も難しい状況です。
tomomi様のブログで
楽しませていただいてますので!
これからもよろしくです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/188235/7659328

この記事へのトラックバック一覧です: 蝶が岳山行 2007.8.19:

« 蝶が岳 2007.8.19 | トップページ | 只見町 2007.10.7 »