フォト
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 日帰り山行 | トップページ | 男体山 2007.5.20 »

2007年5月 4日 (金)

日光白根山 2007.5.4

転勤後、久々の山に行ってきました。 本当は中二の息子と二人で、涸沢カールの予定だったけど、GW中たくさんの宿題で手が回らないということで、直前になって中止・・・。行けば最高の天気だったのに・・・。

仕方なく、昨晩に相棒S氏に連絡すると、OKの返事! 交渉成立。 今朝の段階では、霧降高原から女峰山往復だったけど、残雪の日光白根もいいなという話になり、急きょ変更。 で、行ってきました。 

私は、3月中旬に行った富士の杓子山以来なので、体力が落ちていないか心配だったけど、結構大丈夫なもんですね。 登るほうは余裕だったけど、下りは足が笑ってました・・・。

行程 2007.5.4

  • 菅沼(6:30)===>弥陀が池(7:55/8:10)===>奥白根山頂(9:20/10:10)===>避難小屋===>五色沼(11:00)===>弥陀が池(11:30)===>菅沼(12:05)
  • メンバー S氏 私

5:00宇都宮発。快晴。 日光宇都宮道路から表日光連山(男体山~女峰)が見える。  今年は4月になってから寒気が入ってきたので、天気が悪かった。 下界では冷たい雨や雷の日々・・・。 山では雪だったらしく、標高2000mは雪が多いようだ。 男体山がこの時期7合目以上はまだ白い。 いろは坂を登り、中禅寺湖手前から奥白根が見えるけど、こちらはかなり白い。 金精道路に入ると、道路の両脇は雪は多くないが、2000m以上はかなり雪が多いようだ。

6:30 菅沼発。 ここから雪の上である。 今日は全行程、雪上なのがうれしい!  菅沼は雪は少なめだった。

Cimg1443

朝は、カチカチに凍っていました。

Cimg1445

そういえば、残雪期の白根山は、菅沼から登るとき、夏道とコースが違います! 

5年前GWに登ったとき、夏道に入り込み雪でコースが分からず・・・、赤テープも分からず・・・、山の中を一人さまよっていた記憶がある。 駐車場に車があるのに、絶対に登山者がいるはずなのに、全く踏み跡がないのだった・・・。 さまよったあげくに、残雪期の谷コースに偶然出たのだった・・・。 あの時はビビったですよ・・・!

どう違うかというと、上の写真はコースどおりなのだが、もう少し行くと夏道は右の斜面に入り登っていくのですが、残雪着はこの谷沿いに直登なのです・・・! 

Cimg1446

踏み跡はしっかりしてます。 

Cimg1448

残雪期のコースに入ると、いきなり落石の巣です! 常に左右から落石があります。 大きいのは来ませんが、雪の上だから音がしないので不気味です。 急いで登りましょう・・・。

Cimg1449

不気味です!

Cimg1451

急いで登り、振り返りました・・・。 急だし、すごいです。

Cimg1455

もうひと登りで弥陀が池です。 上にスキーを担いでいる人が・・・。

Cimg1457

いきなり、奥白根のドームが見えました! 気分が高揚しますね・・・! もうすぐ、弥陀が池ですよ。

Cimg1458

そして、とうとう弥陀が池到着! 凍っています。 正面に奥白根! 残雪期のコースは菅沼から最短の直登だから、早いですぅ・・・!

さて、いよいよ取り付きますよ!

Cimg1464

北面の直登・・・。結構急なんですよね・・・! 振り返ると・・・、

Cimg1462

尾瀬燧ケ岳が・・・!

Cimg1463

会津駒ケ岳。手前の白いところは鬼怒沼湿原です。

Cimg1466

雪面が硬くてビビりまくり。 アイゼンつけました。

Cimg1468

アイゼンつけながら・・・・・・、きれいですよね! 暖冬とはいえ、上越・会津方面の山々はまだまだ雪が多いですよね・・・。 菅沼も凍っています。

Cimg1469

結構な高度感がありますよ。

Cimg1470

Cimg1472

標高2400m以上は、霧氷が凄かった・・・。

そして、

Cimg1473

奥白根山頂です。 年末以来の山頂です。 写真は、男体山方面です。

年末の日光白根の記録もどうぞ!===>http://mahchan555.cocolog-nifty.com/blog/2006/12/2006122324_0012.html 

風が冷たかったけど、山頂で50分ものんびりしました。 こんなにゆっくりと山頂にいたのは、久々かなぁ・・・。 

Cimg1477

そして、避難小屋に下ります。 ぐんぐん下りますよ!

Cimg1478

振り返ると・・・、結構急な斜面ですよ。 年末はここを直登!

Cimg1485

そして、五色沼到着。広々としています。 テントは禁止だけど、サイトにはいい所だなぁ。

Cimg1484

五色沼からの奥白根山。 見る角度で違った山に見えますよね!

Cimg1496

弥陀が池に戻ってきました。 ここから、菅沼まで一気に下ります。 標高差500M。 残雪期のコース、実はめちゃくちゃ早く下れるんですよ・・・! あっという間です・・・!

Cimg1500

Cimg1503

あのガレ場です。

そして

Cimg1505

とうとう、菅沼に戻ってきました。 弥陀が池からの下り35分でした。 別に飛ばした訳じゃなく、本当に早く下れるんですよ!

女峰に比べると、お腹一杯とは言えないけど、久々なのでこのくらいのコースでちょうどいいかも。 久々だったけど、登りは大丈夫かな・・・、でもやっぱり下りが、膝がガクガクして笑っていましたよ・・・。 次はいつ行けるのだろう・・・! 今年は北アルプスへは行けないのかなぁ・・・。

« 日帰り山行 | トップページ | 男体山 2007.5.20 »

日光・会津」カテゴリの記事

コメント

お疲れ様でした。お仕事の関係で、久々の山行きとかで、さぞストレスの解消になったことでしょう。積雪期のルートがあることを初めて知りました。もっとも、冬山は未経験ですので当然のことです。私も、6月下旬に、しかも平日に休めそうなので、涸沢にでも行こうかと考慮中です。この時期のお薦めコースでもありましたら、教えて下さい。話は変わりますが、岩手山での遭難事故は信じられません。おそらく体力不足かとしか思えません。結構きついコースだと記憶しています。私も、トレーニングを開始しました。またのリポートに期待しています。

ご意見番様
6月下旬に平日2連休ですかぁ・・・?
いいですねぇ・・・。 
そこは、私も考えてましたよ。
私は、1泊で三又===>常念岳===>蝶が岳ヒュッテ(泊)===>三又 のコースで槍穂高連峰を眺めながら縦走を楽しもうと、ひそかに計画していたんですけどね・・・。残念です。
気をつけて行ってきてください。

日光白根山は、まだまだ雪山なんですね。
それもスタートの菅沼から残雪とは驚きです。
菅沼からのコースは夏道と冬道があるなんて知りませんでした。雪山に入る時は事前に調べておかないと痛い目にあいそうですね。

久しぶりの山頂はいかがでしたか?
天気にも恵まれて最高に気持ち良かったでしょうね。

0041様
コメントありがとうございます。
久々だったので、凄くうれしかったです。
やっ・・・・・・・・・・・・・・・・・・ぱり、私は山がないと生きて行けません! と、つくづく思いましたよ!
一度きりの人生ですから、楽しみがないと・・・!

ぜひ、いつかご一緒しましょう。

お仕事でお忙しい中、この景色をみたらストレス解消になった事でしょう。
霧氷が綺麗ですね。
いい仕事をするためには、プライベートが充実していないとね!
 (^_-)☆
ところで、この画面流れ星が見れるのですね。感激! 

mikko様
さっそく、こちらのブログに来て頂いちゃってありがとうございます。
やっぱり山はいいですね。 ホントストレス解消になりました。

ところで、このブログの画面で流れ星が見えるのですね! 初めて知りましたよ!

遅ればせながら、やって参りました。

さすが日光白根ですね。雪がたっぷりではないですかー。山頂部のあの高度感をまた感じてみたくなりましたよ。

ところで、息子さんの宿題の件は残念でしたね。今時の学校は宿題たっぷりなんですかね?僕の学生時代は、春・夏・冬休みは宿題がありましたが、それ以外は宿題なんて無かったような?単にあったけど、やってなかったという噂もありますが・・・。ではでは。

ふかちゃん、ようこそ!
九州から帰って、2000枚だっけ?写真の整理ご苦労さん!
きっとお腹が満腹でしょう・・・!

GWの涸沢は残念だったけど、残雪の日光白根は満足でしたよ! でも、帰ってきてPM3時から仕事に行ったんだけどね・・・。
なんとか暇を見つけて、山に行くぞ・・・!
またね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/188235/6303643

この記事へのトラックバック一覧です: 日光白根山 2007.5.4:

« 日帰り山行 | トップページ | 男体山 2007.5.20 »