フォト
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 男体山 2007.5.20 | トップページ | 女峰山 2007.6.3 »

2007年5月27日 (日)

北岳 仙丈 甲斐駒 2003.8.2

初の南アルプスです。 4年前なんですけどね。 この年は、夜叉神から広河原までの林道が崩れて通行止め・・・、仕方なく長野県の戸台から入り、北沢峠経由で広河原へ入った。 入るだけで1日をつぶしてしまったっけ・・・。

それでは、北岳、仙丈ケ岳、甲斐駒の3連発をどうぞ!

まずは 2003.8.2 北岳から。

  • 広河原(3:43)===>白根御池(5:43/6:00)===>小太郎分岐(7:43/7:55)===>北岳肩の小屋(8:20/9:00)===>北岳山頂(9:35/10:25)===>八本歯のコル(11:20)===>広河原(14:45)

やっと梅雨明けした。今回はベースキャンプ型のピストンで3山をゲットの予定。 まずは北岳から!

朝早くスタートしたけど、結構皆さん同じように早くからスタートしていますね。 林道が通行止めだから、あまり登山者がいないかと思ったけどそんなことはありませんでした・・・。

Img_0278_1

いきなり白根御池からの北岳です。 山頂にかかる雲が気になります。

ここから、草すべりの急登です。 でも、高山植物がきれいでした。

Img_0280

Img_0284

北岳バットレス! 草すべりは急だけど、一気に高度を稼げます!

Img_0286

高山植物がきれいでした! もうすぐ尾根に出ます。

Img_0290

小太郎尾根からの仙丈ケ岳。 山頂は残念ながら雲の中。 山頂にあるカールを見られず残念でした。

Img_0291

肩の小屋で一休み。 缶ビールを飲んだけど、まわるのが早かった・・・。 このあとの山頂までが辛かったです。

Img_0293

雲の中の甲斐駒です。

Img_0294

北岳山頂です。 山頂からバットレス側を見下ろしてます。 かなり急ですね。

のんびりと過ごして下山開始。

Img_0297

八本歯付近から北岳を見上げる。

ここからの下りはかなり急でした。 この年は雪が多く雪渓が残っていました。

Img_0298

そして、広河原へ到着。 生ビールが最高に美味かった!

明日は、朝一のバスで北沢峠へ行き、テントを張ったら仙丈ケ岳ピストンです。

次は

2003.8.3 仙丈ケ岳です。

広河原を朝一のバスで、北沢峠へ。 7:15に北沢へ到着。 急いで長衛小屋へ行き、テントを張る。

行程 

  • 長衛小屋(8:00)===>小仙丈(10:25/10:45)===>仙丈ケ岳(11:35/11:50)===>仙丈小屋(12:05/12:40)===>馬の背ヒュッテ(13:20/13:35)===>藪沢分岐(14:10/14:25)===>北沢峠(15:30)

Img_0306

朝一の広河原からの北岳です。

Img_0310

いきなり、小仙丈ケ岳です。 ここからカールを左右に歩きます。

Img_0307_1

振り返ると甲斐駒がかっこいいです!

Img_0311

こちら北岳・間の岳が!

ここから山頂までは、右が藪沢カール、左が大仙丈カールを見下ろす尾根を行きます。高山植物が凄くきれいでした。(残念ながら写真はありませんが・・・。) そして、

最高の展望だったのだが・・・・。 山頂はガスガスガスで残念でした。

そして、藪沢カールを下だり仙丈小屋に着くと、ガスがとれた・・・。 畜生・・・。

Img_0316

カールの底からカールを見上げる。 雰囲気がでてますね!

この後は、すみません・・・。 写真がありません。

そして、下山後テントで恒例の宴会です。 今回は滞在型だから、つまみは豊富です。 マーボ茄子に茄子のしょうが焼き。 美味い!

北岳・仙丈ケ岳ともに山頂はガスにやっつけられたので、明日は甲斐駒の山頂に8:00に着くように出発予定・・・。

2003.8.4 甲斐駒ケ岳ですよ!

行程

  • 長衛小屋(3:30)===>仙水小屋(3:55/4:05)===>仙水峠(4:30/5:05)===>駒津峰(6:20/6:35)===>甲斐駒ケ岳山頂(7:40/8:35)===>摩利支天(9:05/9:25)===>駒津峰(10:10/10:35)===>北沢峠(12:15)

2:30起床。 3:30出発! ガスが出る前に山頂に着くように向かう。

途中の仙水小屋で水をいただく。 ここの水は本当に絶品だった。

Img_0320

ちょうど仙水峠で日の出の時間! たぶん、金峰山からの日の出だと思う。 きれいでした!

Img_0322

摩利支天が目の前だけど、凄い急な斜面です。

そして、とうとう甲斐駒山頂です! 最高の展望が待ってました!

Img_0338

北岳バックに・・・。

Img_0327

鳳凰三山の向こうに富士山。 オベリスクも見えます。

Img_0328

左から北岳、間の岳、右奥には塩見岳。

Img_0333

こちら八ヶ岳!

Img_0334

昨日登った仙丈ケ岳。

Img_0335_1

北アルプス。 槍穂高連峰も見えます。

2003_no70

いい天気です。 下るのがもったいない。

Img_0337

仙丈ケ岳を眺めるS氏・・・。

名残惜しく下山開始です。 最高の展望でした。

Img_0344_1

下山途中の振り返ると、甲斐駒が白くきれいでした。

長衛小屋へ戻り、テント撤収後バスで戸台へ。 そして、帰郷しました。

最高の天気に恵まれて、最高の展望を見られて、いい思い出になりました。

最近、人生てなんだろうってよく考えます・・・・・。

« 男体山 2007.5.20 | トップページ | 女峰山 2007.6.3 »

南アルプス」カテゴリの記事

コメント

3連発の3座制覇って凡人には真似できませんよ。
レポを見ると日帰り可能かな?なんて錯覚してしまう自分です。でも北岳は無理だろうな~

0041様、いつもコメントありがとうございます。
なのに、最近は返事が遅くてごめんなさいです。

北岳は辛かったけど思ったよりも登りやすかったですよ。 花もきれいだし、いつの間にか登ってしまったという感じですよ。 仙丈と甲斐駒は標高差1000mなので男体山弱ですよぉ。 お勧めの山です。

明日は、女峰行く予定です!
 

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/188235/6566643

この記事へのトラックバック一覧です: 北岳 仙丈 甲斐駒 2003.8.2:

« 男体山 2007.5.20 | トップページ | 女峰山 2007.6.3 »