フォト
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »

2007年4月

2007年4月22日 (日)

日帰り山行

仕事の関係から2連休が取れないので、強行日帰り山行が多い。 お金もかからないし・・・。

ということで、過去の長~い日帰り山行を調べてみました。 

2002.9.15 女峰山(11時間20分)

  • 滝尾神社(6:40)--->女峰山(13:25/13:35)--->滝尾神社(18:00)
  • 初めての標高差1750mを体験しました。 体がバキバキでした。 今はこのときよりも時間がかからないので体力がついたのかな・・・。

2002.10.14 燧ケ岳・裏燧グルリップ(10時間10分)

  • 御池(6:00)--->俎クラ(8:30)--->柴安クラ(9:00)--->尾瀬ヶ原見晴(11:30/12:20)--->(裏燧林道を通って)--->御池(16:10)
  • 秋の紅葉の時期、裏燧林道のブナの黄葉が素晴らしかった。 3連休の最終日でほとんど人がいなかったのが印象的でした。 裏燧林道はまた歩いてみたいコースです。 すごくいいですよ。 大好きなコースです。 

2003.5.25 白毛門・朝日岳 (11時間30分)

  • 土合(5:10)--->白毛門(8:15/8:25)--->笠が岳(9:20/9:35)--->朝日岳(10:45/11:45)--->(来た道を戻りました)--->土合(16:40)
  • 帰りの白毛門の下りが辛かったのお覚えています。 暑かったなぁ。

2003.7.6 平が岳(12時間25分)

  • 鷹ノ巣(2:45)--->台倉山(6:20)--->平が岳(9:15/9:50)--->鷹ノ巣(15:10)
  • 平が岳山開きで地元の人と登りました。 山開きなので登山者が多いかと思ったら集まった人は20人くらいでした。 前泊したヒュッテふらんどるでは、お神酒(日本酒1升)を振舞ってくれたのですが、余っていたからもったいないと残りをS氏と飲んでしまって・・・・、1時に起床が辛かったこと・・・。 頭がガンガンで二日酔い・・・、登りは一番最後尾からゲロゲロしながら登った記憶が・・・。

Img_0268

池塘がきれいでした。

2003.8.2 北岳(11時間)

  • 広河原(3:45)--->白根御池(5:45/6:00)--->草すべり--->肩の小屋(8:20/9:00)--->北岳山頂(9:35/10:25)--->八本歯のコル(11:22)--->広河原(14:45)
  • 3000mを超えたのは初だったと思う。 標高差1800mかな。 天気がよくて最高だったけど、山頂に着いたらガスってしまったんだよな。 このあとは仙丈ケ岳と甲斐駒を登って帰ったんだよな。 全部ピストンでした。

Img_0278

御池あたりから撮ったのかな。 

Img_0307

次の日に登った、仙丈ケ岳からの甲斐駒ケ岳。 かっこいい山でしたね!

Img_0335

その次の日の、甲斐駒の山頂からの槍穂高の遠望です。

Img_0344

甲斐駒から下山途中に振り返りました。

2003.11.2 女峰山

  • これも滝尾神社から往復。

2004.7.3 中の岳・丹後山

  • 十字峡(4:35)--->中の岳(9:45)--->丹後山(14:00)--->十字峡(17:30)
  • 山行記録アップ済です。

2005.7.3 平が岳

  • 鷹ノ巣(2:50)--->池の岳(9:00)--->平が岳(9:30)--->玉子石(10:10)--->池の岳(10:50)--->鷹ノ巣(13:50)
  • 2回目でした。 山仲間から2回も行くなんてアホ!って言われました。 平が岳は7月の第1週目の日曜日が山開きなので、それにあわせて行きました。 登りは地元の山岳会の方がバテないように先頭を登ってくれます。 下りはとばしました。 高速下山でも3時間ジャストでした。 あれだけとばしても3時間です。 やっぱり長いです。

Dscf0769

Dscf0774

有名な玉子石。

Dscf0777

越後駒ケ岳の遠望。 雪が多いですね。

2005.8.27 笠が岳

  • 新穂高温泉(5:00)--->笠新道--->笠が岳(10:45)--->笠新道--->新穂高温泉(15:20)
  • 記録アップ済です。

2006.2.19 女峰山

  • 滝尾神社(6:55)--->女峰山(13:05)--->滝尾神社(16:40)
  • 記録アップ済です。 このときが初めての冬季の女峰山でした。

最近はあまり長い日帰りはやってないです。 2007.3.4の女峰山が久々でした。

ちなみに男体山は2005年7月に中禅寺湖から、登り2時間3分 下り1時間15分 (もちろん登山装備)です。 7:00スタートで10:25下山でした。 山頂にも7分しかいませんでした。 この記録はたぶんもう自分では敗ることができないと思います。 2005年は結構、山行が充実していて体力・気力ともに最高に充実していたんです。

最近は・・・・・・・。GWには涸沢に行けるかなぁ・・・。 

上記の記録、笠が岳以外はほとんどが相棒のS氏が同伴しています。 S氏は還暦を越えていますので驚きです! 何せ40年ほど前の若い頃に、宇都宮から日光・尾瀬、そして奥只見を越えて新潟市まで歩いていったりしてますから・・・。

2007年4月13日 (金)

杓子山 2007.3.18

久々のブログ更新です。

職場が変わり、ほとんど山に行けない状態で・・・、ストレスがたまります・・・。

山仲間5人が久々にそろいました。 同僚の退職記念ということもあり、富士山を見に行こうと計画しました。 宇都宮から青春18キップを使って、日帰りで行きました。 写真のみですが・・・。

ゆっくりぐるリップなので、記録はありません。

とりあえず、簡単な行程です。

二十曲峠===立ノ塚峠===杓子山===不動の湯 のコースです。

Dscf0539

二十曲峠から。 ここは、写真を撮っている人がたくさんいました。

Dscf0542

ズーム!

Dscf0545

南アルプス南部がよく見えました。 左から、聖、赤石、悪沢かな・・・。

Dscf0546

Dscf0562

Dscf0565_1

杓子山の手前の展望のよい場所で、お昼としました。 みな美味そうにカップラーメンをほおばります。 一昨年に三つ峠山へ行ったけど、こちらのほうが展望はいいかも! でも、前回に続き、今年も快晴でした。 富士山とは愛称がいいのかも・・・!

Dscf0568

杓子山は誰もいませんでした。 しかし、泥だらけの山頂でした。

Dscf0571

山中湖方面。

この後、不動の湯へ下り、タクシーで富士吉田の温泉へ行き、サッパリと。

そして、大月の駅前の とある小料理屋で 軽く一杯のつもりが、飲み過ぎました。 ここから、宇都宮まで帰るのは、辛かったです・・・・。

GWの、北ア穂高の涸沢は微妙な状況かなぁ・・・・。

« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »