フォト
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 女峰山 2007.3.4 | トップページ | 杓子山 2007.3.18 »

2007年3月17日 (土)

槍ヶ岳 2004.8.10~12

メンバー S氏 僕

行程

  • 8月10日(火)上高地(13:10)--->明神(13:45/13:55)--->徳沢(14:40/14:55)--->横尾幕営(15:45)
  • 8月11日(水)横尾(3:50)--->一の俣(4:40/4:50)--->槍沢ロッジ(5:25/5:40)--->天狗原分岐(7:45/8:00)--->槍ヶ岳山荘(10:40)
  • 8月12日(木)槍ヶ岳山荘(7:10)--->槍平小屋(9:40/10:00)--->白出沢(11:45/12:25)--->穂高平(13:00/13:15)ーーー>新穂高温泉(13:55)

8月10日(火)

宇都宮から電車で松本へ、バスで上高地へ入る。 1日目は横尾まで、のんびりと歩いて到着。 急いで幕営後、S氏と 生ビールで乾杯!

5合の日本酒が空になったので就寝。 明日は2時起床4時出発の予定です!

8月11日(水)

予定通り2時起床。 テントの外へでると満天の星空。 快晴だ。 卵スープに御飯を入れて卵雑炊にして流し込む。 けっこうまいう~! 天気がいいと撤収が遅くなる・・・悪い癖が・・・。

3:50 横尾出発。

一の俣とよばれる所は、昔は常念岳へ通じる登山道があったらしいので少し興味があったが、まだ暗くてよく分からなかった。

5:25 槍沢ロッジ着。 トイレを借りたがきれいなトイレだった。 双眼鏡が固定されており、槍の穂先が見えるらしい。 覗いてみると確かに見える。 あそこまで行くのか・・・。 本当に今日中に着けるのか・・・。

6:10 ババ平とよばれるキャンプ場に着く。 本当は昨日のうちにここまで来ようか迷っていたが、来なくてよかった・・・。 テント張る場所がなかったです・・・。

7:00 曲沢。

Img_0744

曲沢付近から撮ったと思いますが・・・。 空が青くてきれいでした。

7:45 天狗原の分岐。 ここから左に行くと南岳。右に行くと槍ヶ岳です。

しかし、槍ヶ岳はなかなか見えてこないんですよね。 2500m付近に水場があって、そこを過ぎたら槍が見えてきたと記憶しているが、定かではありません。

Img_0748

水場を過ぎたあたりからの槍ヶ岳だと思います。2650m付近かな・・・?

殺生小屋が見えますが、なかなか着きません。 後頭部がジリジリします。

10:10 殺生小屋。 この辺から空気が薄いのか、ハアハアです。 

そして、10:40槍ヶ岳山荘着。 やっと着きました。 登山者が多いです。 たぶん小屋は今晩も満員状態だろう。 僕たちは幕営の手続きをしてテントを張る。

疲れて昼のラーメンを作る気にもなれず、小屋へ行ってカレーライスを注文。 美味いのか不味いのか考える暇もなく、気がついたら食べ終わってました。

槍の穂先は登山者が大勢いるのが分かります。 大渋滞発生中。 なのでしばらくテントで昼寝。 夕方から登ろうということになりました。

Img_0756

待ちきれず乾杯! 生ビール最高!

Dsc00014

西鎌尾根。 右奥は薬師岳。

Img_0758

槍沢を見下ろす。

昼寝から覚めると少しガスが出ている。 山頂からの展望はちょっとやばいかも・・・。

17:00から穂先へ向かう。

そして誰もいない山頂へ。

Dsc00023

山頂からの槍ヶ岳山荘です。

Dsc00017

北鎌尾根と東鎌尾根の間の谷間。 天上沢に続いている。

Dscf0100  

すごい高度感です。

18:00 テント場に戻りました。 これから宴会と夕食です。 酒とつまみで夕食の代わりになってしまいました。

Img_0759

テント場からの夕焼け。 雲が同じ高さなので不思議でした。

8月12日(木)

日の出を見ようと4時起床。 

Img_0764

ちょうど太陽が昇るあたりに雲が出てしまい、きれいな日の出とはいかなかったけど、槍ヶ岳のシルエットがすごくきれいでした。

Img_0772

槍をバックに!

槍ヶ岳って東側へ 傾いているんですよね!

Img_0767

テント場から笠が岳!

7:10 槍ヶ岳山荘出発。 飛騨沢を下ります。 高山植物が咲いていてきれいなコースでした。 千丈沢乗越からのコースと合流します。 合流地点には救急箱が設置してありました。 緊急のときは有り難いですよね。

さらに進むと水場がありました。 美味しい水でしたよ!

9:40 槍平小屋。少し休んで10:00出発。 滝谷、ちび谷を越えて白出沢、穂高平小屋と順調に進み、13:55新穂高温泉着。 槍から新穂高温泉まで長かったです。 ここで温泉に入り汗を流し帰りました。

今回は2泊3日なので少し物足りなかったけど。 来年はもう少し長く縦走したいと思います!

時間があれば表銀座コースもやってみたいなぁ~と思います。

« 女峰山 2007.3.4 | トップページ | 杓子山 2007.3.18 »

北アルプス」カテゴリの記事

コメント

よっしー様、こんばんは。
上高地からの槍ヶ岳は、沢コースで展望が無くて辛い!とよく聞くのですが、やっぱり辛そうですね。
でもよっしー様の写真を見ると自分も見てみたいと思ってしまいます。
槍に登った時の達成感は素晴らしいでしょうね!

こんばんは! 私も二度ほど槍沢から登りました。上高地から延々22キロの道のりは大変なものです。
 ただただ遠いのと、広々とした風景が何ともいえないのが印象的です。横尾からの分岐では、涸沢に向かう人の方が多くて、何となく不安になりますが、あの雄大な景色は実感しないと分からないと思います。槍ヶ岳登山の基本であり、入門編といえるのではないでしょうか? よっしいさんはいかがお考えでしょうか?
 次のリポートに期待しています。

0041様 コメントありがとうございます。
このところ忙しくて、返事が遅くなり申し訳ありませんです。

槍沢コースは長いですよ。でも見た目より急ではありませんが、殺生ヒュッテからのひと登りが辛かったのを覚えています。
天気がよかったのも幸いして、私の中では思い出の多い記録です。
槍の穂先はいつでも込んでいるようなので、時間を選ばなくてはなりませんね!
ぜひ0041様も行ってみてください!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/188235/5006340

この記事へのトラックバック一覧です: 槍ヶ岳 2004.8.10~12:

« 女峰山 2007.3.4 | トップページ | 杓子山 2007.3.18 »