フォト
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 中の岳・丹後山 2004.7.3 | トップページ | 涸沢カール 2004.5.2~3 »

2007年2月22日 (木)

谷川岳・万太郎 2004.9.11~12

久々に元同僚の山仲間4人が勢ぞろいできるとあって、どこか小屋のある山に行こうということで谷川岳にした。 肩の小屋1泊で土樽から、茂倉岳・一の倉岳・谷川岳・万太郎山・土樽のコースを1泊でぐるリップ! しかし、僕が急きょ野暮用で朝から出発できなくなってしまった・・・。 僕だけ天神平から登り肩の小屋で合流することになった。

メンバー O氏、S氏、O氏、僕

行程(僕のです)

  • 9月11日(土) 天神平ロープウエイ乗り場(13:30)--->天神平スキー場(13:50)--->肩の小屋泊(15:40)
  • 9月12日(日) 肩の小屋(6:00)--->オジカ沢の頭(7:00/7:15)--->大障子避難小屋(8:00/8:15)--->万太郎山(9:40/10:20)--->井戸小屋沢の頭(11:05/昼/11:45)--->林道--->高速道路ガード下(13:46)

9月11日(土)

僕は急いで野暮用事を済まして、10時30分に宇都宮を出発。 相棒3名はすでに土樽の高速道のガード下に車を駐車して、9時に出発したと携帯に連絡が入る。 3名は茂倉新道を登山中・・・。 僕は、東北道で佐野藤岡IC、そして国道50号、伊勢崎ICから北関東道、関越道で水上へ向かう。 早く行かないと肩の小屋での宴会に間に合わない~と焦る。

赤城IC付近で携帯に連絡が入る。 「茂倉岳に向かっていて、矢場の頭でのんびりしているよ」と。 結構ゆっくりと登っているらしい。

13:15 天神平ロープウエイ乗り場に着く。 立体の立派な駐車場に車を停める。 急いで準備をして出発する。 谷川岳は雲の中で展望はなさそう。 雨さえ降らなければいいという感じだ。

ゴンドラが新しくなっていた。

13:50 天神平スキー場出発。  

水場の状況が分からないので、水4リットルをザックに積んできた。 さらに、日本酒5合。 僕だけは何時に着くか分からなかったので素泊まりで予約してある。 従って食料も多く持ってきてしまった。 ザックが重い・・・。 しかしこの時間ならば明るいうちに着けそうだ。 ん~でも重くてまいった・・・。

ガスの中、展望もない。 しかも下ってくる人ばかり。 しかし僕と同じこの時間に谷川岳に向かうグループが1組あった。 しかも西黒尾根を今日中に下るという。 ホンマかいな・・・? 大丈夫だろうか。 だって僕と同じペースじゃ谷川岳に着くのも4時近くじゃないか・・・。 それから西黒尾根を下るなんて・・・。 無謀・・・。  

でも皆さん若いから大丈夫か・・・。 僕は宴会に間に合うことばかり考えていた・・・。

そして、15:40肩の小屋に着く。 もう宴会中だろうと思って小屋に入ると、まだ着いていない! このガスじゃ谷川岳方面へお出迎えに行く気にはならず・・・、待つこと約1時間。 相棒3人がやっと到着! 僕の到着が遅いと思ってゆっくりと歩いてきてくれたらしい。 

やっと小屋の食堂で宴会開始! 久々の揃い踏みで皆さんペースが早い!

最初はビールで乾杯! そして、みんなで持ち寄ったつまみと日本酒が2升、焼酎1升。 山談義であっという間に時間が過ぎていく。 そして元群馬県警山岳警備隊の小屋の主人の話を聞く。 いろいろな話を聞かせていただきました。

Img_0783  

酒が入ると話も大きくなって、明日は平標山まで縦走しようということになったが・・・。

Img_0785

そして・・・、とうとう9時消灯の時間。 明日の晴れを祈って就寝。

9月12日(日)

3時くらいから目が覚めてしまい、トイレへ。 外はガス・・・。 2度寝したがあまり寝られず外を覗くと、ガスがとれてきている! まだ暗いがシルエットが見える! もう一気に目が覚めてしまった。 5時に起きておにぎりを食べて出発準備。 僕は早めに外へ出て写真を撮る。

Img_0787

上越国境方面です。

Img_0792

素晴らしい雲海です。 僕のお気に入りです! 西黒尾根方面。

Img_0794

ブロッケン。

6:00 肩の小屋出発。

昨晩は平標山まで行こうなんて意気込んでいたけど、酔いも覚めてしまい現実的になり・・・、万太郎へ行ってから考えようということになった。

このコースを歩いてみたかったので満足です。 森林限界を飛び越えているので展望もバッチリです。

Img_0796

大障子避難小屋と万太郎の中間地点からの谷川岳方面です。 笹の中を歩きます。

振り返ると

Img_0797

万太郎です。 結構登り返しがきつそうです。

Img_0798

新潟県湯沢方面。

Img_0799

右は谷川岳、左は茂倉・一の倉岳です。

9:40 万太郎着。 

Img_0800

仙の倉岳。 よ~く見ると、一端大きく下って登り返し・・・。 これを見て、今日の仙の倉・平標山への 縦走はあきらめました・・・!

Img_0801

もう一回谷川岳。 それにしてもいい天気で、万太郎でマッタリと過ごしました。

Img_0802

暑かったです~!

10:20 これから下ります。 しかし、万太郎から土樽への下りは急だったです~! 本当に急ですよ~! 潅木帯だから掴む木々があるけど、なかったら大変ですよ。

井戸沢の頭で昼食。 このあとは、あまり高度は変わらない尾根沿いに行きます。 そして、またまた下り始めると急な斜面を一気に下ります! 林道に出て20分、無事に駐車しておいた車に着く。 ご苦労様でした・・・。 

湯沢ICから関越道にのり水上ICへ。 そして天神平ロープウエイまで、僕の車をとりに行き皆さんで水上温泉で風呂に入り帰りました。

また行きたいコースです!

« 中の岳・丹後山 2004.7.3 | トップページ | 涸沢カール 2004.5.2~3 »

日光・会津」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/188235/5006365

この記事へのトラックバック一覧です: 谷川岳・万太郎 2004.9.11~12:

« 中の岳・丹後山 2004.7.3 | トップページ | 涸沢カール 2004.5.2~3 »