フォト
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 上高地 2007.2.12 | トップページ | 谷川岳・万太郎 2004.9.11~12 »

2007年2月19日 (月)

中の岳・丹後山 2004.7.3

十字峡から中の岳、そして丹後山へ縦走して、十字峡へ戻ってきた日帰りの記録です。3年前になるんですけど。 もう3年たつなんて早いですね。

メンバー S氏 僕

行程

  • 7月3日(土) 十字峡(4:37)--->日向山(7:30)--->中の岳(9:28/9:43)--->兎岳(11:49/12:35)--->大水上山(13:05)--->利根川水源の碑(13:15/13:24)--->丹後山避難小屋(13:45/14:00)--->林道(16:53)--->十字峡(17:32)

前日の仕事終了後、十字峡まで入る。 午前0時頃到着。 軽く宴会後仮眠。 

4:00起床。 急いでおにぎりを流し込み出発。 いきなりの急登だ。 中の岳まで標高差1700m近くある。 中の岳から丹後山まで行けるかは、中の岳に到着した時間で決めることにした。

今日の行程は長い。 はやる気持ちを抑えつつ登る。 日向山までは登り易い登山道だった。 日向山を越えると残雪が出てきて、生姜畑とよばれるところに着く。 ここは残雪もかなり多い。 ここまできて初めて今まで見えなかった中の岳の大きいドームがいきなり姿を現す。 天候はガスたり、日が差したりである。

いよいよ中の岳の取り付く。標高差500m位か。 しかし、ガスったりしてどのあたりか分からず高度計が頼りである。 450mくらい登ったろうか・・・。 そしていきなり稜線へ出る。 分岐を左に進み15分ほどで中の岳の山頂に着く。

Img_0698

ガスで何も見えないのが残念だ。 本当はここからの越後駒ケ岳と荒沢岳を見たかった・・・。 避難小屋も少し越後駒方面へ行ったところにあるらしいが、見えない・・・。

とりあえずここで、9:30なので丹後山へ縦走することに決定! まだ残雪があり楽しめそうだ。

Img_0699

中の岳を振り返る。 ここに来てガスが取れるとは・・・。

丹後山への縦走路は、けっこうアップダウンがあり疲れる。 雪渓も結構あって、シラネアオイの群落がすごかった。 写真を撮っておけばよかった・・・。

Img_0701

荒沢岳。 思えば初めて連れて行かれた山が荒沢岳だった・・・。 あの時はもう2度とこの山には登るまい! と思ったが、今となってはいい思い出だ。 今度久々に訪れたい山である。

Img_0711

兎岳で昼食とした。 のんびりと食べながらビールで乾杯!

右奥に越後駒が見えた。 なかなかすっきりと晴れない。 いつかは越後駒から中の岳、そして八海山へ縦走してみたい。

兎岳には荒沢岳からの廃道になった登山道の踏み跡があった。 縦走する人がいるようだが、藪漕ぎが凄いそうです。

今朝、十字峡の駐車場で一緒だった登山者とここですバッタリ! 僕たちと逆周りのコースで中の岳の避難小屋に泊まるという。 挨拶を交わし、出発した。

大水上山を越えると、

Img_0716

利根川水源の碑。 ここは分水嶺でもある。 この稜線の右は太平洋側へ、左は日本海側へ流れる。 何か人生の分岐点のような感覚だ。

結構縦走路が長い。 やっと丹後山に到着・・・。

Img_0721_1

丹後山はなだらかで、どこが山頂か分からない。 

丹後山避難小屋は笹の原の中、雰囲気のいい小屋だ。 今晩、この小屋に宿泊する登山者がもうすでに宴会を開始していた。 ここでS氏が横になったら いびき をかき始めて寝てしまった・・・。 5分くらい寝させてあげました。

小屋のタンクの中に水はなかった。 宿泊するならば水はやっぱり持って行くか、残雪を使うかだなぁ。

そして、我々は下山する・・・。

しかし、ここに来て疲れが出てきた。 ここから標高差1200mを下ると思うと気が狂いそう・・・。 かなり膝にきそうな感じだ。

Img_0724

下山途中に丹後山を振り返る。 笹がきれいな山だった。 下山途中も数名の登山者とすれ違う。 丹後山の小屋に泊まるそうだ。 結構人気があるコースなのかな・・・?

もう疲れていて膝がガクガクで、3時間近くかかって1200m下った。 林道に出た後またまた30分ほどの林道歩きがきつかった。 しかし、とても充実感がある山行だった。 天気のいいときにもう一度行ってみたいコースである。 たぶん今年行くんじゃないかな・・・。

« 上高地 2007.2.12 | トップページ | 谷川岳・万太郎 2004.9.11~12 »

日光・会津」カテゴリの記事

コメント

え!? このコースを日帰りですか。
もしも、shingoと行くときは手加減してくださいね
(笑)
荒沢山、ご一緒できるとよかですがー
(現在、再編成中でどーなることやら)

singoさんお久です!
ぜひぜひ荒沢岳、ご一緒お願いします!
僕も今年こそはと狙っていますので!
それから、昨年ご一緒できなかった会津駒もよろしくです!

マジですか?このコースを日帰りとは驚きです!
昨年、計画したら『標高差1700m近く』であえなく却下されました。避難小屋泊りでもですよ。
よっしー様、実は相当若いのではありませんか?
利根川水源の碑は見てみたいですね。いつかきっと!

0041様
このコースはホントいいコースですよ!
また、行きたいと思うコースのひとつですね!
今度行くときは小屋泊まりで行きたいです。
日帰りはキツイっす。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/188235/4994612

この記事へのトラックバック一覧です: 中の岳・丹後山 2004.7.3:

« 上高地 2007.2.12 | トップページ | 谷川岳・万太郎 2004.9.11~12 »