フォト
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 日光白根山 2006.12.23~24 | トップページ | 日光 »

2007年1月 3日 (水)

北八ヶ岳 2006.12.27~28

あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。

古いんですがまだ画像がありますので、過去の山行の記録をできるだけアップしたいと思います。

さて、2006年度最終山行は北八ヶ岳です。26日は関東が大雨で記録的だとか。 これが、2000m以上は重い湿った雪だったようで大変でした。

今回は、小屋泊まりの宴会目的の山行です。

メンバー S氏 僕

行程

12月27日(水) 渋の湯(9:30)---賽の河原---高見石小屋泊(13:50)

12月28日(木) 高見石小屋(7:30)---中山(9:30)---黒百合ヒュッテ(10:15/10:25)---渋の湯(11:50)

12月27日

早朝、宇都宮を4時に出発。 白樺湖経由で渋の湯に9:00到着。 この辺は昨日は雪から雨に変わったらしくシャーベット状態。 やっぱり暖かいのだろう・・・。

駐車料金2000円払って出発準備。(1日1000円です。)

今日は高見石経由黒百合ヒュッテ泊の予定だった。

9:30 出発。 途中の賽の河原は分かりづらいが、赤い旗が立っているからよく見て行って下さいとホテルの女将さんに言われた。

最初は順調に進み、雪の上に降った雨のせいで少し重い雪に感じだがほぼ予定通りに進んだ。

Cimg1264_1

沢を渡ります。 

Cimg1266

このあたりから大きな岩がゴロゴロとしてきて、歩きにくい。 積雪もグッと増えてきたようだ。 重い湿った雪が岩と岩の隙間に積もり、時折岩と岩の隙間に体が埋まる・・・。 いやなんとも体力消耗戦。

この先の賽の河原からは画像を撮る気にもならずに、悪戦苦闘が2時間も続きました! 

ワカンをつけていても岩と岩の間に腰まで埋まる・・・。 雪が積もっているから岩と岩の間の隙間が分からんから大変! 

しかし、赤旗はしっかりとしていましたよ! 赤旗がないと積雪期はコースが分からずに危険かもしれませんね。

S氏はここで体力を使いきってしまったそうです。

・・・・・・・・・・・・・ 2時間

そうしてやっと賽の河原を脱出! やっと、北八らしくなってきました。

Cimg1269

きれいに見えますが、重い湿った新雪が50cmも積もっているので、ワカンでも埋まるし、重いし、一歩一歩が大変です。 ふかふか雪の北八とは程遠い・・・。

そして、

Cimg1271

やっと、13:50 高見石小屋到着。 ここから黒百合までは今日は無理ということで、高見石小屋に泊まります。 4年ぶりです。

小屋番の人たちは屋根の雪下ろしをしていました。 ドカ雪だったようです。

今日は誰もいない。 ふみ跡はどこにもないので当たり前か・・・。 しかし、年末寒波の影響が少しずつ出てきてます。 冬型の気圧配置になりつつあるので風雪が出てきてます。

とりあえず、チェックin!

2階へ通されて、コタツは独占状態。  

Dscf0111

夕飯は5時半からということで、早速宴会開始。

まずはビールで乾杯!

そして日本酒5合。

焼酎へ移行して・・・。

Dscf0117

つまみは豊富。 スライスの山芋は当たりでした! 

そして5時半になり夕飯です。

Cimg1272

なかなか美味しい食事でしたよ~!

そんな中、6時頃かな宿泊者がきました。

小屋番の人怒ってました! やっぱり賽の河原で悪戦苦闘していたらしいです。 まあ仕方ないけどやっぱり明るいうちに小屋には着きましょう!

夕食後またまた宴会開始。

Dscf0125

ここの布団は羽毛なんですよ! そして、コタツには豆炭が入っていて暖かい。 この日は靴下脱いで寝ましたよ! 空いてる時の小屋っていいですよね! まあもっとも空いているときしか小屋には泊まりませんけどねぇ。

そして、

12月28日の朝です。 5時には目が覚めてしまいました。6時半から朝食です。 ここの朝食はパンです。 4年前と同じでした。 パンが暖かく焼いてありました。

7:30 高見石小屋を出発。 黒百合ヒュッテに向かい、天狗岳はどうするかは中山峠で判断することに。

Cimg1285

小屋前にて。-7℃でした。 昨日着いた時が-2℃だったから、明らかに寒気が来ているようです。

Cimg1287

中山への登りです。 雪が重くて暑いくらいです。

Cimg1288

モンスター! 中山の山頂は西側が開けているので直接風が当たる場所は樹氷がきれいでした。 4年前もそうでした。 ここで9:30です。

Cimg1289

中山から黒百合ヒュッテに向かいます。 このあたりは標高も高いので歩きやすい軽い雪になってきました。

Cimg1290

中山峠の手前からの天狗岳です。 寒そうなので、天狗はカットします。 展望もないし・・・。 早く温泉に入ろうと意見が一致!

Cimg1291

10:15黒百合ヒュッテ到着。 -10℃です。 中に入って休もうかと思ったけどワカンをはずすのが面倒なので外で休憩して10:25下山開始。

11:20唐沢鉱泉の分岐から猛烈な雪が降ってきて急いで下山しました。

11:50渋の湯に到着して雪の中急いで着替えて帰りました。

3年ぶりの冬の八ヶ岳。 1泊ではもったいないけど時間の都合で仕方がない。 また来年訪れようと思います。 

« 日光白根山 2006.12.23~24 | トップページ | 日光 »

「山」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。
北八ヶ岳は静かで良いですよね。
しかし雪は大変でしたね。
まぁこの雪のおかげで
正月は楽しめましたけど・・・。
またよろしく。

>お気軽さん様

ようこそです!
年始早々、八ヶ岳へ行ってきたのですね!
私も3年前の冬に、赤岳鉱泉泊で赤岳・阿弥陀岳をグルリップしました。
冬の八ヶ岳はいいですよね! 毎年行きたいですよ。

私も先ほど、お気軽さんのブログにお邪魔しました。 山にグルメに建築・・・すごいですね!

こちらもこれからお邪魔させていただきますので、よろしくです。 

スタイルが変わりました。つまらないコメントばかりで申し訳ありませんが、これからも続けて書いていきますので、悪しからず...

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/188235/4778568

この記事へのトラックバック一覧です: 北八ヶ岳 2006.12.27~28:

« 日光白根山 2006.12.23~24 | トップページ | 日光 »