フォト
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 2006年 山行記録 | トップページ | 流石山(奥那須) 2005.7.18 »

2007年1月 6日 (土)

北アルプス ダイヤモンドコース 2005.7.31~8.2

2005年の夏の北アルプス縦走の記録です。 行きたかった黒部五郎岳。 残念ながらガスってしまったのですが・・・。 本当は、笠が岳まで縦走する予定が残念ながらカットすることに・・・。 なかなか予定通り行きませんね。 

メンバー 多数

行程

7月31日(日) 折立(4:10)---太郎平小屋(8:10/8:35)---薬師峠幕営(8:50/10:07)---薬師小屋(11:00/11:15)---薬師岳(11:55/12:10)---薬師峠(13:25)

8月1日(月) 薬師峠(4:15)---太郎平小屋(4:35/4:50)---北岳俣(6:20/6:40)---中俣乗越(7:57)---黒部五郎の肩(9:55)---黒部五郎岳往復---黒部五郎の肩(10:45)---黒部五郎小舎幕営(12:23)

8月2日(火) 黒部五郎小舎(4:10)---三俣蓮華岳(6:10/6:40)---双六小屋(8:10/8:35)---鏡平(10:00/10:50)---秩父沢(11:50/12:10)---わさび平(12:55/13:15)---新穂高温泉(14:15)

1日目 7月31日(日)

折立にテント泊。 富山は遠いです。 折立まで入るのに、前日1日使ったのは・・・チョイと大きいですね・・・。 2時起床4時出発の予定で準備。 ちょっと遅れて4:10スタート!

ブナ林の中をヘッドライトを頼りに登っていく。 立派なブナ林である。 いくらか周りが明るくなってきて1600m付近からシラビソなどの針葉樹林帯に変わっていく。 1870m付近で森林限界を超えて、一気に展望が広がった!

Dscf0811

薬師岳から朝日が登る。

ここからは傾斜湿原になり、キンコウカなどの高山植物の中を登っていく。

8:10 太郎平小屋に着く。 およそ標高差1000mを4時間。 まあまあのペースだ。 休憩後、薬師峠へ行き幕営後、薬師岳を往復する。

8:50 薬師峠にて幕営。 テントを張ってサブで薬師を往復。

10:07 薬師に向かって出発。 沢のようなところを登っていく。 シラビソの樹林帯を抜けると高山帯となる。 花がきれいだ。 

Dsc00004

2600m付近からの薬師岳。 図体のでかい山でだなぁ。

11:00 薬師小屋に着く。 ここの女主人は美人だと聞いていたが、会えなかった。 残念・・・。 11:13 出発。 ここからは、明らかに空気が薄く感じて前に足が出なかった・・・。

そして、やっと・・・尾根に出ると、カールがきれいだった。

Dscf4103

中央カールを見下ろす。

11:53 薬師岳山頂! 

Ca310003

金作谷カールです。 M字型のモレーンが見えます。 しかし、雷が来そうな雰囲気の雲が・・・。 ちょっとやばそうなので12:10下山開始。 

Dscf0796

下山途中に薬師小屋方面を見下ろす。

13:27 薬師峠着。 早速夕食の準備をしながら宴会開始。 と、やっぱり雷雨になった。 けっこう降られたが、とりあえずは一段落。 しかしこの年は天候が不順で、スキっと晴れてくれない・・・。 明日も天候が気になる。

雨も上がると、晴れてきて夕日がきれいだった。 しかし、飲んでる途中なので写真を撮る気には・・・。 しかし、ここは小屋からわざわざビールやジュースを売りに来てくれるんですね! 感激しましたよ!

そして就寝。 明日は、2時起床4時出発。

2日目 8月1日(月)

2時起床。 外はドンヨリとしている。 やっぱりすっきりと晴れない・・・。 今日は、三俣山荘までの予定だが、天候によっては黒部五郎小舎までか・・・。 テントがぬれて重い・・・・・。

4:15出発。 まずは、太郎小屋まで。 ここでトイレ休憩。

4:50 太郎小屋を出発。 まずは、北の俣岳、そして黒部五郎岳を目指す。

Dscf0819_1

途中から薬師岳を振り返る。 しかし、本当に大きい山だなぁ!

Dscf0822 クリック!

薬師岳の左に剣が・・・!

北の俣から黒部五郎までの稜線は、本当に牧歌的雰囲気でいいコースです! 

Dscf0823 クリック

雲ノ平、水晶岳、鷲羽岳です! 天使のはしごが・・・雲ノ平を! 雲ノ平には天使がいる・・・。

しかし、いまいち天気がすっきりしないんだよなぁ・・・。

Dscf0826 クリック

鷲羽岳、三俣蓮華の左には槍ヶ岳。

やっと晴れてきました! ライチョウが多いです。 泣き声が聞こえるけど、姿が見えない・・・。

Dscf0830

ここは休憩ポイントで皆さん休んでました。 歩いて来た北の俣方面です。

さて、黒部五郎の肩までもう一息です。 が、またまた怪しい雲が・・・。

ガスりそう・・・。

Dscf0833

9:55 黒部五郎の肩に着く。 上はカールを見下ろしています! 立派なカールですよね! これが見たかったんです!

ここから、黒部五郎岳の山頂を往復してきますが、一気にガスガスガス・・・・・・・。 山頂は真っ白けなので・・・写真なしです・・・。

Dscf0836

水晶岳がかろうじて・・・。

山頂往復後、10:45黒部五郎小舎に向かって下山開始。

Dscf0843

カールの底。 ここの水は冷たくて絶品でしたよ!

けっこうすぐに小舎に着くかと思いきや、なかなか着かない・・・。 コバイケソウの群落の中を歩きます。 この年は当たり年だったらしい。

そして、12:23 黒部五郎小舎に到着。 黒っぽい雲がだだよっている・・・、昨日も2時過ぎから雷だったし・・・。 行く気満々だったけど、協議した結果、今日はここで幕営することに決定した。 そして、やっぱり雷雨が・・・。

ということで、みんなでラーメンを食べた。 美味かった~!

さて後は、テント張って、各自昼寝。 雷雨は思ったほどではなかったので助かった。 今日も宴会開始。 

そんな時、仲間の一人がアキレス腱がおかしいと・・・。 えっ!

またまた協議・・・。 ん~、明日の笠が岳に暗雲が・・・・。 じゃ、新穂高へ下山しようということに・・。 まあ、仕方ないか。

僕はこの後の8月下旬に、笠が岳をリベンジしました。 http://mahchan555.cocolog-nifty.com/blog/2006/12/2005827_bfae.html

Dscf0846

ここの小屋もテント場も雰囲気は最高でした! 北アでもほんと奥深いところを感じます!

また来たいですね・・・! 水は豊富でした。

Dscf0847

宴会もほどほどに・・・、そして今日も7時に就寝。 明日も2時起床。 4時出発の予定。

明日は晴れますように・・・。  Z・・・・・・・。

3日目 8月2日(火)

2時起床。 テントの外へ出てみると、満天の星空! いや~久々のこの星空です。 

この時期、夏の午前2時はほぼ真上のくるカシオペア座のそばに、アンドロメダ銀河が見えます! 北アルプスならば、快晴のとき肉眼でよく見えますよ。 ボヤっと見えます。

て、皆さんに教えても一人も感動してくれない・・・。

さて、4:10出発! 縦走後、初の快晴! 足取りも軽いです。 

始めは針葉樹林帯だが、森林限界に出る頃には、夜が明けてきた。 黒部五郎岳が浮かび上がる。 本当に山の斜面を抉り取ったようなきれいなカールだ! 三俣蓮華岳までの登山道から何度振り返っただろうか・・・。 途中ライチョウの親子を目撃。

そして、6:10三俣蓮華岳到着。まずは、

Dscf0865

黒部五郎岳! このカールを見たかった・・・。 感激です!

Dscf0866

こちらは雲ノ平と奥が薬師岳。 雲ノ平山荘が見えましたよ!

Dscf0867

こちらは鷲羽岳と左奥が水晶岳。

Dscf0868

そして、槍穂高連峰。

しかし、三俣蓮華岳へ着たら登山者の多いこと。 びっくりですね。

Dscf0871

笠が岳。 今回はあきらめました・・・。

名残惜しく、6:40三俣蓮華を出発。

双六岳を目指したが、途中の中道を通り双六小屋へ。 双六岳をカットしたのは後で後悔しましたよ・・・。 行っとけばよかったなぁ・・・。

8:10 双六小屋着。 ここは、登山者がすごく多いです。 朝から生ビールを飲んでいる人が・・・。 朝からラーメンなどの食事ができて、すごい小屋ですね。 テント場も大きくて滞在するにはいいところですよね。 

H18の夏はここにテント泊しましたよ!

8:35 双六小屋出発。 新穂高に向かいます。 40分ほど歩くと高山植物がきれいな場所に出ました。 

Dsc00059

高山植物がきれいでした。 奥は双六岳。

少し進むと、笠が岳と新穂高への分岐があり、鏡平へ向かいます。 ここからの槍穂高連峰は見ごたえがありますね! そして、

10:00 鏡平到着。 ここで大休憩。 鏡池に映る槍ヶ岳が有名な場所です。 よく雑誌で見ますよね。

Dscf0877

感動です・・・。 池にも槍が映ってます。 ラッキーでした・・・!

Dscf0878

ズームすると飛騨沢がよく見えます。 前年はあそこを下りました。

Dscf0880

そして鏡平名物のカキ氷です! 美味しかったですよ~!

10:50 新穂高へ向かって下山開始。 シシウドが原、秩父沢、わさび平と順調に・・・・、友人のアキレス腱も何とか大丈夫なようで、14:15 無事新穂高温泉に着きました。

天気がいまいちだったけど満足です。 もう一度行きたいコースですね。 今度は雲ノ平経由で・・・、雲ノ平から黒部五郎岳を見たいと思います!

次は、どこにしようかな・・・? 

« 2006年 山行記録 | トップページ | 流石山(奥那須) 2005.7.18 »

北アルプス」カテゴリの記事

コメント

 10数年前に、折立から入り、薬師、雲ノ平、水晶、鷲羽、三俣蓮華、黒部五郎、折立と一周したことがあります。天候に恵まれて快適だったことを覚えています。水晶小屋が改装されたのは、つい最近知りました。黒部五郎のカールで飲んだ水が、冷たくて、美味しかったこともよく覚えています。
 是非、機会があれば、再度行ってみたい処です。

あ~鏡平のカキ氷美味しいですよね!
自分はメロン味派ですけど・・・
あれって火照った体に効くんですなぁ。。。

>お気軽さん様

鏡平のカキ氷美味しかったですよ~。
確かメロン味あったと思いますけど・・・。
さて、お気軽さんのブログ、リンクさせていただきます!
山かグルメか迷いますよ・・・!
グルメで行きますが、山にいいか迷ってますよ!
よろです!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/188235/4675309

この記事へのトラックバック一覧です: 北アルプス ダイヤモンドコース 2005.7.31~8.2:

« 2006年 山行記録 | トップページ | 流石山(奥那須) 2005.7.18 »