フォト
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 北アルプス 笠が岳 2005.8.27 | トップページ | 日光白根山へ行ってきました。 »

2006年12月22日 (金)

鹿島槍ヶ岳・五竜岳 2005.8.28・29

メンバー 単独

行程

8月28日(日)

柏原新道入口(5:40)---種池山荘(8:20/8:35)---爺が岳中峰(9:20/9:35)---冷池山荘(10:18/10:33)---鹿島槍ヶ岳(11:55/12:30)---北峰(12:55/13:05)---キレット小屋(13:45)

8月29日(月)

キレット小屋(5:20)---北尾根の頭(6:27/6:37)---五竜岳(7:55/8:10)---五竜山荘(8:40/9:10)---大遠見(10:12/10:18)---小遠見(10:55/11:00)---アルプス平(11:40)---エスカルプラザ(11:50)

七倉荘を4時に起きて出発。途中のコンビニで買い物をして扇沢へ。何だかんだと時間がかかってしまった・・・。 昨日の笠が岳の疲れもあるし、冷池山荘までか・・・、キレット小屋まで行けるか・・・、どうなるか少し不安だった。

結局、5:40 柏原新道入り口出発となった。 登山口から種池山荘の明かりが見える。 気持ちが高ぶってくる。 いきなりの急登である。 昨日の・・・辛い。 尾根沿いにグイグイ高度を稼いでいく。 これは、早く種池山荘に着けそうかなと思った。 一汗かくと・・・抜けてきた! だんだん調子が出てきた・・・! ケルンを過ぎて少し登ると、尾根をトラバースするようになりここから緩やかになってきた。 タイヤが埋まった登山道は珍しいなぁ。 途中ガレ場を渡る。 ここが雪渓が残っていて危険といわれる場所なのかな? 確かに雪があると危険かもしれない・・・。

種池山荘の手前は高山植物がまだ咲いていてきれいな場所だ。 天気はいまいちすっきりとは晴れてくれない・・・のが残念だ。

8:20 種池山荘着。 ここでトイレを借りた。 コーラを1本飲んで8:30出発。 左に鹿島槍ヶ岳が見える。 

深田久弥が日本百名山の本の中で、「北アルプスでは鹿島槍、南アルプスでは仙丈ケ岳が好きだ」という文を思い出した。 僕もあこがれていただけに、今日頂を踏めることに興奮する。 しかし、まだまだ遠いなぁ・・・。

爺が岳南峰を通り、9:20中峰に着く。 やっぱり昨日の疲れが・・・。 ここで15分ほど休憩した。 雲の切れ間に展望が効くときがあるので少し粘った。 とっ、

Dscf0955

剣岳だ。 今回は剣と立山ばっかり撮っていた気がするなぁ・・・。 正面だからね。

Dscf0960

鹿島槍ヶ岳。ここから見るのが一番かっこいいと思う。 しかし、雲がとれないかなぁ・・・。

9:35爺が岳中峰出発。 ライチョウが多い。 しかしだいぶ下ってしまうなぁ・・・。 せっかく登ったのに・・・。 途中、冷乗越の分岐を確認した。 ここからの赤岩尾根も登ってみたいコースだ。

10:18 冷池山荘着。 少し中をのぞいてみた。 新しくなった小屋である。 やっぱり昨日は込んだようだ。

10:33 冷池出発。 少し行くとテント場があった。 ちょっと離れているからトイレが心配だなぁ。 森林限界を超えると展望がいい・・・はずなのだが雲が多くていまいち・・・。 布引山を越えて、最後の急登を行くと 

11:55 鹿島槍ヶ岳に到着!

Dscf0972

立山・剣。

Dscf0974

8月上旬に登った薬師岳。 カールの雪はだいぶ少なくなった。

Dscf0973

立山・剣をバックに

しばらく粘ったけど、やっぱりガスが・・・。 また来よう。 いい山は何回登ってみてもいい。 今度は赤岩尾根からピストンで・・・日帰り可能と見た。

12:30 北峰へ出発。

12:55 北峰・・・ガスガスガス・・・。 チョイ粘ってみたがガスガスガス・・・。

13:05 キレット小屋へ向かって出発。

ガレてはいるが、特に危険を感じるところはない。 時折クサリが出てくるけど・・・。 ガスで下が見えないのも幸いしてか、八峰の核心部もどこだか分からないうちに13:50キレット小屋に着いちゃいました。

ここから五竜山荘まで地図上で4時間40分。 ここに泊まるか、五竜山荘まで行くか・・・。 五竜山荘に着いたとしても遅いので夕飯はありませんと言われるのもやなので、今日はキレット小屋に泊まることにした。 

宿泊の手続きをしていると、受付に吉岡美穂の写真の切抜きが張ってある・・・。 

たしか、まさこさんのHPhttp://gogoalps.style.coocan.jp/2003kasima2.htmlに載っていたのを思い出して、小屋の人に言って笑ってしまった・・・。

時間が早いけど、まずはビールで乾杯。 小さい小屋なので一杯になるのを心配したけど大丈夫そうで安心した。

ここの朝食は、なっなっなっ何と うなぎ弁当 なんですね! こんな山の中で有難いですよね!

夕方、だんだんガスが取れてきたので、写真を撮りました。 明日は快晴になると小屋の人が言ってたので、期待します。

Dscf0980

剣岳。

Dscf0983

夕日がきれいでした!

Dscf0993

キッレト小屋と鹿島槍ヶ岳です。

このあと夕食になり美味しくいただきました。 ハンバーグでした。 

Z・・・

朝、快晴です。

Dscf0997

雲海がすごい。

Dscf0998

朝の剣岳。

5:20 キレット小屋出発。 五竜まで快晴の中を歩く。 気持ちいいなぁ。 この3日間で最高の天気となり気分も絶好調。 常に立山・剣を見ながら歩く・・・最高です。

振り返ると・・・

Dscf1000_1

快晴の鹿島槍。 でも、爺が岳からの鹿島槍のほうがかっこいいかな!

Dscf1010

こっちは五竜岳。 なかなかかっこいい山ですね!

Dscf1012

北尾根の頭で、立山・剣をバックに撮ってもらいました。

G5、G4とかクサリ場が登場したが無難にこなして、

7:55 五竜岳到着。 快晴の中最高の展望を満喫しました!

Dscf1015

まずは鹿島槍。 ん? 右後方に槍ヶ岳が・・・! ズーム!

Dscf1014

クリックしてみてくださいな!

Dscf1016

北側は白馬連峰!

Dscf1027

通ってきたキレット。

Dscf1023 クリックどうぞ

立山を600mmズームしてみました。 登山者が見えるかなと思ったけど見えませんよね・・・。

Dscf1021

こっちは剣岳ズームです。

大展望を楽しんで、いよいよ下山のときが・・・。 車を取りにいかなっきゃならないし、明日は仕事だし・・・。 だんだん現実的に・・・。

8:10 五竜山荘に向かって下山開始。 特に危険も感じず山荘に着く。

8:40 五竜山荘に到着。 ここで、ビール1本。 美味い・・・! テント場は意外と小さく感じた。 小屋をのぞくと、「ここからアルプス平のゴンドラまで4時間見てください」 とある。 えっ、そんなにかかるのか・・・? ここから遠見尾根を下るか、唐松まで行って八方尾根を下るか・・・、迷っていたけど。 仕方ない、遠見尾根を下ることに決定。 それじゃ、遠見尾根から五竜の武田菱を撮ろうと・・・。

Dscf1030

五竜山荘前からの五竜岳。

9:10 五竜山荘出発。 さあ、白岳に登り、遠見尾根を目指す。 カール上の地形の向こうから五竜の武田菱を撮ろうと・・・、えええっ、あっという間にガスが沸いてきたかと思ったら・・・残念・・・でした。

畜生っめ・・・。

気分も滅入って・・・。 何でガスが沸くんだよ・・・て思ったらむかついて・・・。

この後の、遠見尾根の長いことといったら、はっきり言っていやになりました。 このあとは写真も撮る気になれずひたすら歩きました。 展望もなく2時間30分延々と・・・。

11:40 アルプス平につき、ゴンドラにのって下に降りて電車に乗って大町へ。 そして扇沢行きのバスに乗って車を取りに行きました。

武田菱は残念だったけど、とても充実した3日間でした。 お腹が一杯ですごい満足感でしたよ!

こんどは2005年8月の有峰~薬師~黒部五郎~新穂高のテント泊縦走の記録を載せたいと思います。 1年以上前ですけど・・・。

« 北アルプス 笠が岳 2005.8.27 | トップページ | 日光白根山へ行ってきました。 »

北アルプス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/188235/4639962

この記事へのトラックバック一覧です: 鹿島槍ヶ岳・五竜岳 2005.8.28・29:

« 北アルプス 笠が岳 2005.8.27 | トップページ | 日光白根山へ行ってきました。 »