フォト
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 蕎麦 | トップページ | 日光連山 »

2006年12月10日 (日)

北アルプス裏銀座 2006.7.31~8.3

今年は北アルプス裏銀を縦走することに決定。 新宿からムーンライト信州号にて大町へ。 大町から高瀬ダムへタクシーで行き、ブナ立ち尾根を行く。 今回はテント泊だから一人平均20k超・・・。 重いっす。

メンバー S氏、Y氏、O氏、僕っす!

行程

7月31日 高瀬ダム(6:40)-水場(7:20)-ブナ立ち尾根-烏帽子小屋(11:55)テント泊

8月1日 烏帽子小屋(3:30)-野口五郎小屋(7:05/7:30)-水晶小屋(10:45/12:10)-鷲羽岳(13:35/14:00)-三俣山荘(15:10)

8月2日 三俣山荘(4:50)-双六小屋(8:00)

8月3日 双六小屋(5:20)-鏡平(6:45/7:15)-わさび平(9:10/9:40)-新穂高温泉(10:40)

1日目 7月31日

大町駅からタクシーで高瀬ダムへ。 準備をして北アルプス3大急登 ブナ立ち尾根へ。

Dscf4747

正面がブナ立ち尾根です! 高瀬ダムから取り付まで結構あるんですよね。 取り付きにあった水場は雪崩でやっつけられてしまったようで、少し下流へ移動していた。 沢のようになっていてここで水を補給。 登り始めからかなりの急登です! しかし、急なので一気にかなり高度を稼げます。 確かに名前のとおりブナが多くきれいでした! さて、標高差1350mなり。 1000mまではかなり急でしたが、残り350mは緩やかになり展望もきくので楽しめました。

Dscf4755

ブナ立ち尾根上部。 舟窪からの稜線は、結構あぶないっすよね。 かなり崩れてます。多分、崩れているのは不動沢の上部じゃないかな?

Dscf4758

向こうは、針の木岳。

Cimg0614

11:55 烏帽子小屋到着。 ここからの薬師岳。 カールが見えます。

Dsc00007

Cimg0617

今日は、烏帽子のテント場で幕営です。 数年前までは野口五郎小屋に幕営ができたのだが、今は閉鎖されているそうだ。 出発直前までわからずに、情報が入ったときには焦りました! そうなると、明日は三俣山荘までの縦走になるので、かなりの長丁場になることに・・・。 今日はここでゆっくりと休んで明日に備えることにする。

2日目 8月1日

1:30 起床。 ガス。 霧雨。 気が重い中、朝食を流し込みテント撤収。 テントが濡れていて一段と重い。 3:30出発。 暗闇の中、野口五郎へ。 

Cimg0627

このあたりで野口五郎小屋からの登山者とすれ違う。 小屋の予報ではこれから晴れるとのこと。 その言葉に勇気つけられる! しかし、この頃からS氏の膝が痛み出してしまった。 大丈夫だろうか・・・。

Cimg0628

野口五郎岳からの小屋です。 この頃からガスが取れはじめ太陽が顔を出す!

Cimg0631

真砂岳付近からの槍ヶ岳。

Cimg0632

尾根の北側の斜面にはきれいなカールがありました。

Cimg0639

お花畑の向こうには鷲羽岳。

Cimg0640

水晶岳。

Cimg0644

どこかの高校の山岳部だそうです。 がんばってほしいっす・・・。

Cimg0649

縦走してきた野口五郎岳方面を振り返る。

10:45 水晶小屋到着。ここで大休止。 S氏の膝が心配である。 かなり遅れているのだ。 とりあえずここで待つことに。 水晶岳をカットすることになってしまったのは痛い!後でリベンジに来なくては・・・。

Cimg0651

水晶小屋からの槍方面。 左から大天井、常念、槍。

Cimg0660

小屋の裏手の行くと展望がいいです! 昨年行った黒部五郎岳! 手前は雲ノ平。 来年は雲ノ平に行きたいなぁ!

Cimg0658

水晶岳! 

Cimg0662

雲ノ平と鷲羽の分岐。 鷲羽方面へ行きます。

Cimg0663

薬師岳。 この沢沿いに行くと高天原である。 一度行ってみたいなぁ。

Cimg0673

鷲羽岳山頂! 鷲羽池越しの槍を見たかったので満足っす!

Cimg0675

鷲羽山頂からの三俣山荘。 はぁ~、あそこまで下るのかぁ・・・。 標高差400mだから結構早くつくかな? と、思ったらかなり見た目より歩きにくいんですよね・・・。 時間がかかりましたよ。

15:10 三俣山荘到着。 幕営手続きをして早速乾杯っす!

Cimg0678

テント場からの鷲羽岳。 りっぱだなぁ。 好きな山になりましたよ。

明日はS氏の膝を心配して、双六小屋までにしてのんびりと過ごすことに決定! しかし、今日の銃走路は長かった。 やっぱり、野口五郎か水晶に幕営地がほしいかな・・・。 と、思います!

3日目 8月2日

3:00 起床。 快晴。 朝食食べてテント撤収。 4:50出発。

Cimg0686

三俣蓮華への登りからの鷲羽岳。 鷲が大きく羽を広げた姿に似てますよね! 名前の由来がわかります! ここからは、高山植物が凄かったです。

Cimg0689

Cimg0692

8:00 今日の幕営地双六小屋に着いちゃいました。 今日はのんびり過ごします。 こういうのもたまにはいいもんですよ!

Cimg0693

きれいなテント場です!

Dscf4922

小屋では布団を干してました。 S氏も今日は大丈夫そうです。 みな適当に散策したり、昼寝したりのんびりと過ごしました。 明日は下山です。

4日目 8月3日

3:30 起床。 快晴。 朝食後テント撤収したら、ちょうど日の出の時間と重なったためみんなで見ました。 燕岳から日が昇りました。

Cimg0700

Cimg0704

5:20 下山開始。 笠が岳です。

Cimg0711

花見平からの槍ヶ岳。 久々に槍にも行ってみたくなりましたね! 来年は、太郎平、雲ノ平、水晶岳、西鎌、槍ヶ岳、上高地をやりたいなぁ・・・。 ほとんど自分の願望だけど。

Cimg0712

鏡平からの槍ヶ岳です。

Cimg0713

こちらは穂高連峰です。 下山地の新穂高温泉がが近づくと、むなしいなぁ。

Cimg0720

秩父沢。 いよいよ終盤。 このあとは林道に出てひたすら歩いて新穂高温泉へ。 温泉で4日間の汗を流して帰りました。

 

« 蕎麦 | トップページ | 日光連山 »

北アルプス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/188235/4484498

この記事へのトラックバック一覧です: 北アルプス裏銀座 2006.7.31~8.3:

« 蕎麦 | トップページ | 日光連山 »