フォト
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 月山 2006.9.24 | トップページ | デジカメ購入 »

2006年12月16日 (土)

西穂独標 2005.4.30

今年のGWはどこへ行こうかということになり、新穂高ロープウエイを使えば日帰りで西穂独標を往復できるということで、前日の夕方から出発した。 ステップワゴンにクーラーボックスにビール、焼酎と氷を詰め込んで、今夜は車の中で宴会モード確実。 結構早い時間に出発したこともあり、順調に新穂高ロープウエイの駐車場に21:30に着く。 乗り場の一番近い場所の駐車場をゲットできた。 しかし、思ったほど観光客や登山者の車はなかった。

さて、早速宴会モード、セブンイレブンの冷奴の美味いこと。 かなり当りだった。 それにしてもかなり飲んでしまった。 明日の朝が心配だ。 まあどっちにしろ、ロープウエイが動き始めないことには上にいけないしということで、3人で焼酎一升を飲んでしまった・・・。 明日が思いやられる・・・なんて思うこともなく、いい気分で就寝。

メンバー O氏、S氏、僕

行程

新穂高ロープウエイ(8:00)===山頂駅(8:30/8:45)---西穂山荘(9:50/10:00)---西穂独標(11:00/12:50)---西穂山荘(13:25/13:40)---山頂駅(14:20)===新穂高ロープウエイ

朝5:00目覚め・・・。 ん~ちょっと残っているなぁという感じで外へ出ると快晴だ。 しかしここはトイレがないんですよね・・・。 ちょっと困った・・・。 女の人だと本当に大変だと思う。 ロープウエイ乗り場も開いていない。 どうやら8時から動くようだ。 ということで、暇なので足湯があったので30分位入って時間潰し。 GWだから早くから動かすのかと思ったらまったくその気配なしでした。 

Dscf0543 

駐車場からちょうど槍ヶ岳が見えるんですよね! かなりズームしてます!

やっと時間になってロープウエイに乗り込む。 気持ちが高揚するのがわかる。 久々の3000m近い稜線に立てることがよりいっそう気持ちを高ぶらせる。

Dscf0544

笠が岳です。 大きくて好きな山です。 平湯温泉から眺めると端正な笠が見事です。

新穂高ロープウエイであっという間に山頂駅へ。 ここからはこれから向かう西穂独標の稜線がよく見える。 反対側には笠が岳が大きい。 笠が岳はぜひ登りたい山のひとつであるので、この夏に狙うことになる。(レポは後日。)  ここでしばらく展望を楽しんだ。

Dscf0545

槍ヶ岳です。 見る角度でぜんぜん違いますよね。 お世辞にも新穂高方面からは、かっこいいとは思えませんね。

Dscf0546

白山です。 まだまだ真っ白です。 いつか行ってみたいですが、遠いんですよね・・・。

8:45 山頂駅から西穂山荘に向かいます。 まだまだ雪が多いです。 オオシラビソの針葉樹林帯を歩いていきます。 雪は、ザラメだけど冷え込んだのか締まっていて歩きやすいっす。 アイゼンをきかして登っていきます。 ちょっとしたアップダウンを繰り返して行くと、最後は結構な急登になってきて、緩やかになったかなと思ったら小屋の屋根が見えて9:50到着。 小屋の1階部分は雪に埋まっていました。 それにしても暑いっす。 天気がいいので小屋の前で日向ぼっこをして休憩タイム。

10:00 西穂独標に向かって出発。 南斜面なので太陽がよくあたり雪が腐り始めてきて、ハイマツの残雪上はズボズボ埋まります。 それでも天気がいいので展望を楽しみながら歩いて行くと、最後の独標の取り付きに着く。 結構急なので慎重に登りました!

11:00独標。 ここでお昼っす。 ここから西穂高岳まで行くか協議したが、西穂高から来る登山者に状況を聞くと結構危険な箇所もあるとのこと。 ロープがないと岩場を下るのに少し危険な場所がありますよ、と教えてもらったので今日はここまでとし展望を楽しむことにした。 ホントは西穂まで行きたかったけど・・・。

Dscf0551

西穂高方面です。 どれが西穂か忘れました。 トホホ 

Dscf0552

真ん中が奥穂高岳です。 まだ結構な距離があります。ズームすると・・・。

Dscf0553

奥穂の山頂にはたくさんの登山者がいるのがわかります! 

Dscf0556

穂高吊尾根です。 吊尾根にも人がいるんだろうな。 でも確認はできませんでした。

Dscf0562

笠が岳と双六岳の間には、黒部五郎岳が確認できました。(この年の夏に行きました。)

Dscf0564

今度は上高地を見下ろしてみました。 たぶん、快晴のGWだから激込みですよね! ズームすると・・・

Dscf0570

河童橋です。 やっぱり激込みです!

Dscf0571

バスターミナルもすごい台数ですね・・・。

Dscf0578

乗鞍岳と焼岳です。 少し霞んでますが・・・。

Dscf0572

岳沢を見下ろしました。 テントが張っているように見えたので・・・。

Dscf0573

岳沢にもテント泊の人がいるんですね。 涸沢は相当数の登山者が入っているだろうなぁ! 涸沢もまた行きたいなぁ・・・。

Dscf0581

S画伯のスケッチタイム!

Dscf0565

展望を楽しんでいたらあっという間に時間がたってしまった。 ホントあっという間でした。 2時間近くもいたとは思えん・・・。

12:50下山開始。 あっという間に西穂山荘に13:25到着。 山荘の中をちょっと見学しました。 大きい小屋ですよね。 この小屋はHPを開設しているのでよく利用してます。

13:40 ロープウエイ山頂駅に向かって出発。 雪が腐って歩きにくいです。 でも下山は超ハイペースで14:20到着。 ここへ来るとまたまた観光客も多くなってロープウエイの待ち時間が20分ほどあり、ちょっと買い物。 そしてロープウエイにのって下山しました。

新穂高温泉のおびなたの湯(だっけ?)に入って、その後移動。 途中のジャスコで刺身、焼肉、つまみ、酒を買出しして、豊科町だか穂高町だがの運動公園らしき広場の駐車場にて、宴会っす!

でも、結構ほかにも我々みたいに旅行者や登山者がこういうところで、仮眠するんですね。 

Dscf0594

最高の天気・展望の後だから酒も会話も進みます。 酔っていたけどきちんと片付けして、ステップワゴンで就寝。 もちろんベンチもきれいにしましたよ!

次の日は、中房温泉から有明山を目指しましたが、残雪が多く途中敗退しました・・・。

« 月山 2006.9.24 | トップページ | デジカメ購入 »

北アルプス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/188235/4561056

この記事へのトラックバック一覧です: 西穂独標 2005.4.30:

« 月山 2006.9.24 | トップページ | デジカメ購入 »